いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 仕事をしていく理由 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2008.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.05≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.23 Thu
仕事をしていく理由
先日、私の「生きていく理由」に対して「仕事をしていく理由」がわからないというコメントが

ありました。

「生活費を稼ぐ、ということはもちろん立派な理由なのかもしれませんが、それだけだと、また

生きていくことなんてどうでもいい、ましてや仕事なんてもっとどうでもいい、となってしまい

そうで…。」と書かれていました。

確かに、すぐには答えられません。

実際、私も長い期間、仕事以外の趣味に逃げてきました。

仕事に生きがいを見出すなんてもう二度とできっこないのだからと思っていました。

ここで話を終わりにしてはしょうがないので続けます。

仕事をしていく理由は仕事をしている理由と置き換えると少しイメージし易くなります。

もっと、考えると仕事をしないのを選ばない理由になります。

私の場合は、生きていくことに対する安心感、とてもみみっちいですがお金という理由があります。

それから、世間体、子供を持つ親として、親を持つ子供として心配されたくないから。

交友関係の維持もありますかね。

学生時代の友人とあまり付き合いがありませんし、会社以外で友人関係になることもありません。

なので会社の先輩や同期などを友人としていますので仕事に行かないと会えなくなります。

また、仕事の話をしながらお酒を飲んだりすることもあり、共通の話題なのでしょうね。

生活のリズムを崩したくない。

元来、怠け者の性格なので仕事に行かなければダラダラしてしまいそうです。

しばらく忘れていましたが仕事がうまく行った時の達成感も行く理由でしょう。

孤独になりたくないというのもあります。

これらの理由も仕事以外に友人や熱中できることがあれば違うと思いますが、私はこんな

感じです。

でもこれって学校に行く理由、勉強をする理由、スポーツを続ける理由なども共通点が

あります。

もしお金が潤沢にあるとして、食べるのが好きだから、食事だけして一生送れることが

幸せに感じるのでしょうか。

テニスが好きだから毎日テニスだけの生活が幸せなのでしょうか。

辛いことと楽しいことがあるほうが幸せに感じる、幸せの価値がわかるということでは

ないでしょうか。

私などは人付き合いもあまりうまくありませんから、仕事だから付き合いもできるように

感じます。

仕事でとっても厭なひとと付き合い、仕事が厭になることもありますし、仕事で素晴らしい

ひとと出会い、一緒に仕事をすることで人生が素晴らしく思えることもあります。

仕事だから積極的に行動したり、発言したりすると出会いも多くなり、刺激を受け、成長

できる気がします。

こうやって考えると結論としては「仕事をしていく理由」は、自分を積極的にして人生の出会い

を増やし、素晴らしいひとと同じ時を過ごし、自分を成長させるためであるということでしょう。

私はNHKの朝ドラが好きで今も「てっぱん」をビデオに録って観ています。

主人公の「おのみっちゃん」は正にこの「仕事をしていく理由」が当てはまるひとです。

人生も仕事もつまらなくするのもおもしろくするのも自分の考え方次第なのです。

良い人生や仕事にならないこともあるとは思いますが、良くする努力は必ずできます。

素晴らしいひとに会えないかもしれませんが、積極的に多くのひとに会えば可能性は高まります。

自分にとってはつまらない仕事でも、努力次第では一緒に仕事をする相手を楽しくすることは

できる可能性があります。

相手が楽しいと思えば、あなたも楽しくなってくるものです。

コメントされた方の答えにはなっていないかも知れませんね。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
復職    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
はじめまして Posted by うるちん
はじめまして。
うるちんと申します。

ゆっくりと拝見させていただきましたが、やはり経験された方のお話は重みが違いますね。
カウンセリングを勉強する身として、本当に勉強になります。

突然で不躾ですが、よろしかったら、私のブログでも紹介(リンク)させていただけませんでしょうか?
私のブログを見てからで構いませんので、よろしくご検討くださいm(_ _)m

あ、それから、今「生きる理由」というブログネタを考えていたのですが、被ってしまってるようで申し訳ありません^^;
2010.12.26 Sun 21:36 URL [ Edit ]
うるちんさんコメントありがとう Posted by けん
> 突然で不躾ですが、よろしかったら、私のブログでも紹介(リンク)させていただけませんでしょうか?
こちらこそ、よろしくお願いします。
最近コメントが来なくて寂しかったところです。
ありがとうございます。
2010.12.26 Sun 22:02 URL [ Edit ]
ありがとうございます^^ Posted by うるちん
ありがとうございます。
早速リンクさせていただきました。

時々でけっこうですので、私にもコメントいただけると幸いです。
私の思い込みが、悩んでる人に更に辛い思いをさせてないか、心配しております。
そんな時、指摘していただければ、嬉しい限りです。

これからよろしくお願いしますm(_ _)m
2010.12.27 Mon 00:40 URL [ Edit ]
Posted by momo
いま2度目の休職中のものです。休職4か月目になりました。
年代は40代女性です。
うつ病の原因はパワハラによるものです。
職場環境の改善は見込めないため、新たな道を模索中なのですが、時期と年齢が災いしてままなりません。
戻ることを周りのものも勧めます。常識的に考えてそれが最善の道なのでしょう。
でもこれからの人生この環境でやっていく自信がなくなりました。
てっぱんは私も見ています。とても前向きで人生を切り開いている姿は今の自分にはまぶしく感じます。
そしてそれができる若さも・・・


2010.12.27 Mon 00:55 URL [ Edit ]
momoさんコメントありがとう Posted by けん
パワハラによるうつ病ですか。
私のように勝手に自分を追い込んでうつになったひととは違い、出口が見えないのでしょう。
私なりの解釈で近日中に考えて記事にしたいと思います。
また、yumiさん の「うつ病患者の裁判しながら日記」というのが会社の理不尽に立ち向かうものです。
真似が出来るものではありませんが、ヒントになるものがあるかも知れません。
読まれてみてはと思います。
2010.12.27 Mon 22:31 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/497-bbc7fb20

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。