いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 休職をプラスに考える いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.30 Tue
休職をプラスに考える
休職、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

私は出世の行き止まり、精神障害者の認定、なってはいけない状況と思っていました。

でも今は、体や精神が疲れたら休める駆け込み寺みたいに思っています。

私は約2年間休職しましたが、もっと早く休んでいれば復帰も早かったと思います。

休職に対して、サラ金でお金を借りるのと同じような罪悪感を持っていたと思います。

1ヶ月のつもりが3ヶ月経ち、半年経ちと借金が膨れ上がるような気持ちがしたものです。

どんなに体調が悪くても家族を食わせるためには休むわけにはいかない。

あと20年耐え忍ばなければと思ったとき、絶対無理だと思うもう一人の自分がいました。

結局、更に失敗を重ね、人間関係を最悪にしてゴールデンウィークまでがんばれば何とかなる。

そう、ゴールデンウィークまでがんばってもたった10日間で終ってしまうことに初日になって

やっと気づいたのです。

10日間の休みは休養にはならず、結局会社へ行く勇気を奪い、出社することができなくなり

そのまま休職へ。

あのまま会社へ行っていたら、急に会社へ行くことができなくなることもなく死んでいたかも

しれません。

そういう意味では最後に来てラッキーでした。

そして良くならないまま、入院。

これも二重にラッキーでした。

おかげで今までの主治医ともきれいさっぱり決別することができ、質の高い治療を受けることが

できたのですからね。

あとから考えるからですが、休職は悪くないと思います。

正直、うつ病は恐ろしい病気です。

両手、両足を骨折したことに匹敵するくらいの大変さです。

しかも、本人にも周りにもそうしたことを気づかせない怖さがあります。

そんな状況で無理をしても怪我の度合いを悪化させるだけです。

早めに休んだほうがずっと回復も早いでしょう。

休職は出世に差し支える?

そうかもしれません。

でも出世は生きている人しかできません。

命や体が優先です。

そしてうつ病は心をコントロールします。

あなたがうつ病の状態で考えることは治ったあとはあまり関係ありません。

人間は本来強い生き物です。

だから自分の都合の良いように世の中を渡れるのです。

だから、うつ病になってたくさんのことの本質が見えたり、休職した経験も満更でもない、

そう思えるようになるんです。

うつ病のとき怖いこと、例えば失業、過去に対する後悔、未来への不安などありますが

治ってしまえば思ったほど怖いものではなく、恐れる必要の無いものと思えるものです。

どんな困難があろうとも前向きに明るく生きている人はカッコいいと思います。

仕事の良くできるひとになれなくとも優しく前向きなひとにはなれます。

休職はちょっとなまると休息です。

元気になるための準備期間なのです。

復職に失敗しても、早いというのがわかった。

次回はもっとじっくり復職しようと考えることです。

復職の成功も失敗も最後はやってみなければわからないのです。

結果を気にすることはないのです。

それよりも気をつけるのは復帰を焦らないことです。

3ヶ月も半年も1年も同じ休職です。

休める職場の環境があるならば長めをお勧めします。

今回は手を抜いて以前の記事をリメイクしています。

ごめんなさい。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ブラック会社 Posted by おもちゃ屋
私の職場はブラックだったので、休職できず過労死した人がでました。
自分も休職を申し出ましたが、3ヶ月しか休職期間がもらえませんでした;ω;
2010.12.01 Wed 23:01 URL [ Edit ]
休職をプラスに考える Posted by たま
すごく元気の出るコメントでした。
私にとってはすごくリアルタイムな話題だったんです。
うつ病になって1年半経ちますが、いままで辛いのを押し通し、仕事を続けてきました。
最近になり、会社より休職して療養するように言われました。
今のところ2か月の予定ですが、それでも、休職することにはとてもとても抵抗があり、ずっと悩み続けてきました。
もう戻れなくなるのではないかという不安、居場所を失う不安。
もう必要ない人材だから休職しろと言われているんだと、完全なマイナス思考に陥り、余計に精神不安定に陥ってしまいました。
いろんな方から、自分を休ませることは決して悪いことではないのだと、言ってもらいました。
そして、あなたにも。
休職する、という決断を下したことがプラスに働くのを信じて・・・。
ありがとうございました。
2010.12.02 Thu 21:48 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.03 Fri 22:14 [ Edit ]
おもちゃ屋さんコメントありがとう Posted by けん
まだまだうつ病に対する誤解は続くのでしょうか。
でもうつ病の後輩のために我々が誤解を解いて行きましょう。
2010.12.04 Sat 00:14 URL [ Edit ]
たまさんコメントありがとう Posted by けん
私は決断が遅かったのは記事の通りです。
自分が壊れていくことを感じながら休職できませんでした。
長い間もっと早く休めば良かったと思っていました。
そうすればもっと早く治ったのにと思っていました。
でも、今は2年休職したことが良かったとさえ思っています。
2010.12.04 Sat 00:24 URL [ Edit ]
鍵コメBさんありがとう Posted by けん
退職するのもひとつの方法だと思います。
しかし、病気の時は間違った判断をしてしまう可能性があります。
休職してでも治ってから辞めることをお勧めします。

また、教師としてうつ病を経験したことは無駄なのでしょうか。
もしあなたがうつ病でなく、職場にうつ病の教師がいたら辞めてもらいたいんでしょうか。
そんな風に思っているのはあなただけかもしれません。
事情も知らないのにすみません。

2010.12.04 Sat 00:38 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/488-8abff99e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。