いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病になったことを誇る いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.20 Wed
うつ病になったことを誇る
うつ病になったことは後悔の連続でした。

挙げ句、未来にも大きな不安を持つようになった。

居場所の無い辛さ、周りから浮いている自分、コミュニケーションがうまく取れないために

つまらないミスを繰り返します。

そのミスに自分で驚くのです。

そして長期にわたって自分を責め続けます。

あれから9年、最近冷静になって考えると自分を弁護できるようになりました。

どんなに苦難があってもなんとか解決しようとして本気でぶつかっていた。

その結果、身も心もズタズタになり2年間も休職、そこから復職しても中々元に戻らない不安、

絶望、再発への恐怖、そんなものを乗り越えてきました。

我ながら良くここまで来たじゃないか。

一生懸命に仕事に取り組んだ結果うつ病になった自分もまんざら悪い人間ではないなと

思います。

今、苦しんでいるうつ病の方が自分の今までを全否定しています。

あまりに自分のことを否定するので、まわりもそうなのかなと思ってしまいます。

でも、そうでしょうか。

そこまで仕事やそれに変わるものに一生懸命全身全霊で取り組んできたからこそうつ病に

なったのです。

本人がなんと言っても信じて、そのひとのことを誇りに思ってください。

いつかもう一度自分のことを好きになれる時が来ます。

私はそんな人が好きです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
後悔しても何も変わらないと思います。 Posted by コボです。
私も「うつ病になったことは後悔の連続」でしたが、
後悔しても何も変わりません。

今迄は、何の話にでもv-359首を突っ込んでいましたが、今では、首を突っ込む事はv-358やめました。

自分を主張する事はできますが、その後がe-350疲れる事に気づきました。

今は、気楽に過ごし趣味を楽しむ方が人間らしいと思います。
2010.10.21 Thu 22:01 URL [ Edit ]
コボさんコメントありがとう  Posted by けん
そういうことです。
以前は当たり前だと思っていた行動が随分疲れる行動だったと気付きます。
2010.10.21 Thu 23:00 URL [ Edit ]
Posted by ぼん
軽症うつ病と診断されてしまいました。
ボスに言うと、首になりそうで、とても言えません。睡眠薬がないと寝られなくなってしまいました。そのうち、破綻しそうです。
2010.10.22 Fri 16:38 URL [ Edit ]
良かった~~。 Posted by コボです。
「けんさん」から
>そういうことです。
で、良かったです。

鬱になった事は良いとは思いませんが、鬱から脱却?できたからこそ気付く事ができたと思います。

今日も役員から「君はこんな仕事をしている器では無いから
戻ってこい」と言われましたが、「今の方が人間らしいので
暫らくは、このままで良いです」と答えると、「又、v-359そんな事言ってる」と言われました。
(ま!自分でも完治したのか?もわからないし・・・。)

以前の昇格時にも「イヤです・・・。」と答えましたので、
社長・役員からも「わがまま人間」と思われているのです。

でも?自分の事を考えられるようになったのも
「けんさん」のブログのお蔭です。
有難う御座いますv-221
2010.10.22 Fri 22:06 URL [ Edit ]
ぼんさんコメントありがとう Posted by けん
誰か信頼できる人に相談して薬を飲んで早めに休むことをお勧めします。
結局それが一番の早道です。
2010.10.24 Sun 09:41 URL [ Edit ]
コボさんコメントありがとう  Posted by けん
自分を大事にすることは家族を大事にすることですし、周りの人を大事にすることです。
会社も働きすぎて休職されるよりも毎日会社に来れる人を求めています。
2010.10.24 Sun 09:44 URL [ Edit ]
今日から休養 Posted by エミル
先週金曜日で引き継ぎが終わり、いよいよ休養に入りました。でも、今朝起きて不安になりました。これから、起きて何をしたらいいのか?
明日から何をすればいいのだろう…と。
あんなに休みたいと思っていたのに、独り暮らしの私は、孤独感でいっぱいです。実家には周りの目も気になり、帰りたくありません。しばらく、この不安は続くのでしょうか?
2010.10.25 Mon 18:24 URL [ Edit ]
エミルさんコメントありがとう Posted by けん
> あんなに休みたいと思っていたのに、独り暮らしの私は、孤独感でいっぱいです。実家には周りの目も気になり、帰りたくありません。しばらく、この不安は続くのでしょうか?

ある程度治るまでは続くかもしれません。
それがうつ病ですから。
私は家族の眼があるのに辛いと思いました。
会社に行けない父親を娘はどう思うのだろうと思いました。
どんな状況でも病気は辛いものです。
そして誰でもそれぞれの辛さがあるという点では平等です。
2010.10.25 Mon 20:43 URL [ Edit ]
初めまして Posted by かずちゃん
私は1週間前に更年期と抗うつ不安神経症と診断されました。
子供は社会人になり今は殆ど1人で居ます。
今はこの病気が受け入れられず自分で迷い道に入ってしまった気がしています。
2010.10.26 Tue 11:43 URL [ Edit ]
かずちゃんコメントありがとう Posted by けん
環境の変化は病気の原因のひとつだと思います。
また、仕事が原因のうつと比べてストレスになっている環境から逃げにくいのも課題だと思います。
つらさを隠さずに家族に話すなどの行動でひとりで抱えないことです。
もし、本当にうつ病が重くなれば家族に更に深刻な影響を及ぼすのですから軽度のうちに相談することが
大事だと思います。
2010.10.26 Tue 23:12 URL [ Edit ]
かずちゃんへの横レス Posted by さくら
健さん、こんばんは・・さくら

復職し50日近くになり、勤務時間も通常に戻りました。
相変わらずの窓際生活ですが(笑)

かずちゃんへの横レスを失礼します。

部下からのいじめに耐えかね休職し、今は復職。
ストレスに耐えられなかった根底に更年期もありました。
それが分かったのは休職中。
ホルモン補充療法を始めたら嘘のように元気になりました。
(これは個人差があるので特効薬ではないみたいですが)

更年期の頃は、人生のイベントも重なり辛い時期です。
自分の身体なのにコントロールが効かないのは、初体験だし辛いものです。
昨日は世界がぐるぐる回って宇宙遊泳のようこともありました。
人生の後半への脱皮の辛さなのかもしれません。
脱皮した後はどんな変身をするでしょうか?

休職に追い込まれるような辛さを乗り越える中で
身も心もデドックスできたのは、今となっては感謝です。

健さんが書かれているように
一生懸命取り組んだ自分を認め、そんな自分を好きになることができました。

更年期の場合は、精神科中心よりも更年期外来中心の方が良い場合もあるようです。
お互いすてきなマダムをめざしましょう!

2010.10.27 Wed 02:58 URL [ Edit ]
さくらさんコメントありがとう Posted by けん
違った側面からのアドバイスありがとうございます。
形は違いますが悩み苦しむという点では同じことです。
自分だけ苦しんでいると思わず、同じような悩みにみなさんがどう対応しているかなど本やインターネットを
見て客観的に考えてみることが必要と思います。
2010.10.29 Fri 18:04 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/479-255cdd91

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。