いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 転んでもただでは起きない いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.10 Sun
転んでもただでは起きない
以前このブログでうつ病になって自分の人生を見直すことができた。

ある意味では生まれ変わり、今は以前よりも良い生き方ができるようになったと書いたことが

あります。

それではもう一度うつ病になりたいですか?

今、苦しんでいる人にそう言えますか?という厳しい批判をいただきました。

でも、大病を経験したひとは、経験していないひととは違う見方で物事を考えています。

決してかわいそうなどと思わせることを良しとしていません。

今、うつ病で苦しんでいるみなさんに考えていただきたいのは、治る可能性が他の深刻な

病気よりもよほど高いということです。

唯一、苦しいのは過去への後悔と未来への不安が並大抵でないことです。

普通のひとが感じる感覚よりも何百倍も辛く感じます。ですから前向きに馴れないのは

致し方ないことです。

また、どうしても主観的に物事を考えてしまう傾向にあります。

客観的に見ることができればそれほど苦しむこともないのです。

どちらにしても苦しんでいることは決して無駄ではありません。

この状況を切り抜けることができれば今後も訪れるどんな困難にも強く立ち向かって行ける

ことでしょう。

そんな日は必ず来ます。

転んでもたたでは起きない。

うつ病になんか負けないと思うことです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
質問なのですが... Posted by たかし
以前こちらのブログにお邪魔した、たかしという者です。いつも楽しく拝読しています。けんさんのおっしゃる通り、苦しむ事はきっと貴重な経験になるのだという信念を僕もなるべく忘れない様にしています。

ところで一つお聞きしたいのですが、けんさんは休職中の生活費はどのように賄われていましたか?僕は今人間関係のストレスによる休職が8ヶ月を過ぎたところなのですが、給料は今も本来の6割が支給されています。自立支援医療制度も利用しています。しかしここから各種税金と年金の保険料が天引きされてしまうので、手取りが10万円程になってしまいます。まだ復帰の目処が立たないのでこれから先が不安です。実家の家族とは絶縁状態なので支援を頼むのは難しそうです。何か僕の様な人間が利用出来そうな福祉制度を御存じならば、教えて頂けないでしょうか?

長々と書いてしまいまして失礼致しました。それではこれからも御身体ご自愛ください。
2010.10.10 Sun 18:47 URL [ Edit ]
たかしさんコメントありがとう Posted by けん
公的年金の障害給付というのがあるようです。
詳しくはネットで調べてください。
2010.10.10 Sun 22:04 URL [ Edit ]
私も同感です。 Posted by コボです。
けんさん。いつも元気をいただき有難う御座います。

私も、辛い時には90%悪い考え方しかできませんでした。
生きる事の大変さ・辛さも経験しました。

病気や事故で亡くなれば、家族も諦めが付くと思いましたが、家族が悔やまないようにと”耐えて・耐えて・耐え抜き続け”ました。復職し辛い時もありましたが、休日以外は、なぜか1度も休んでいません。

今読んでいる方は、辛いでしょうが「けんさん」の言う通り必ず治る確立は高いと思います。

私は考え方を変えました。「発病前の自分(役職)」と「発病後の自分(降格願い後)」の自分を比較すれば惨めになります。

「鬱病の苦しさ」と「今の自分を比較」すれば何も苦になりません。
私も「再発は絶対にしたくありません」から考え方を変えました。

今振返ると、昔は「かなり頑張っていた事」に気づきました。

>今、うつ病で苦しんでいるみなさんに考えていただきたい
>のは、治る可能性が他の深刻な病気よりもよほど高いいう>ことです。

>唯一、苦しいのは過去への後悔と未来への不安が並大抵>でないことです。

>普通のひとが感じる感覚よりも何百倍も辛く感じます。
>ですから前向きに馴れないのは致し方ないことです。

>また、どうしても主観的に物事を考えてしまう傾向にあります。

>客観的に見ることができればそれほど苦しむこともないのです。

>どちらにしても苦しんでいることは決して無駄ではありません。

私も「けんさん」に同感です。

思考力も「ゆっくりと日々回復」しております。が・・・。
治ったのかは?自分でもわかりません。
2010.10.12 Tue 00:09 URL [ Edit ]
コボさんコメントありがとう Posted by けん
今思うと不思議です。
自分だけ、変な考え方、感じ方をしていると思っていましたが結構同感と感じてくれる方は多いようです。
そのことがわかっただけでもブログを書いた意義はあったと思っています。
ありがとうございました。
2010.10.12 Tue 23:18 URL [ Edit ]
ありがとうございます。 Posted by れいこ
過去への後悔と未来への恐怖心で死にたくなっていました。
こちらの記事を読んで本当に救われました。
ありがとうございます。
2010.10.13 Wed 04:44 URL [ Edit ]
れいこさんコメントありがとう Posted by けん
いいえ、こちらこそそのように感じていただきましてありがとうございました。
2010.10.13 Wed 22:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/475-99eeb4f2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。