いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病が治ったという判断は誰がするのか いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.09.28 Tue
うつ病が治ったという判断は誰がするのか
前回の記事から少し、間が空いてしまい申し訳ありません。

住宅ローンの借換えをするのに医師の診断書の書き方まで指示したということで良かったねと

いう意見と共にいくつかのご批判もいただきました。

私の意図するところとしてはうつ病というレッテルを一度貼られてしまうと住宅ローンが組め

なかったり、生命保険も更新できなかったりという厳しい世間の風の中、諦めずに交渉を重ね

ローンの組み換えをしました。

こうした体験を書くことで療養中の方に多少なりともお力添えになればとの思いでした。

しかし、一部の方には治った経験者の話を読んでいるつもりだったのに実は治っていなかった。

騙されたという気持ちをもたれた方もいると知り、配慮の足りない記事だったと反省しています。

ただ、私は2004年に復職を果たし、裏方的な仕事を経験した後に小さなグループも任され、

新規顧客の開拓、商品の企画、プロモーションの企画、推進などを自分なりには満足感を持って

担当しております。

それでも医師からは2ヶ月に一度の通院と服薬を勧められており、家族や周りの方へ掛けた

迷惑を考え、指示通り継続的な治療に励んでおります。

自分としては完治したと考えてはいますが、再発の恐れや繁忙時における気持ちの波を体感する

たびに実は治っていないのかもしれないと思うことも多々あります。

そうした不安を引き受けることも治ったと慢心してしまい勝ちな自分には良い薬とも思っています。

ただ、ご指摘の通り、医学的に見ますと通院もしていますし、服薬もしていますし、医師も完治の

判断はくださないと思います。

これを称して私の記事がいつわりであると判断されるのもある意味では正論と思います。

ただ、精神面、肉体面共に今の私はうつ病を発症する以前よりも前向きであり、強調的であり、

楽観的であり、性善説的な人間に変われたと自負しています。

しかし、生命保険や住宅ローンの借換えに関しては客観的な事実に基づいていなければいけ

ないので今回のような騒動になったのです。

2、3年前にも同じように借換えの申請をしたこともありますが、保証会社の不明な理由により

受理されませんでした。

ですので今回の申請に関しては用意周到に行わせていただきました。

前置きが長くなりましたが、私のように「大うつ病」と言われる程の程度の重いうつ病には慎重な

医師であればあるほど完治の判断は下さないと考えたほうが良いと思っています。

治ったかどうかの判断は専門家でも難しいですし本人がするのも難しいと考えますが、今までの

経過、今の状況を見るに付けて自分では治ったと言って良いと思っています。

自分で治ったとしている判断に関して医師がまだだということに関しては油断するなよという

忠告と受け止めています。

また、私は寛解という言葉も知っていますがあえて完治したという表現を使っています。

こうした記事は読み手の自由があると同様に書き手にも自由があり、お互いが一致する必要も

ないと思います。

ただ、できればみなさんに今の苦しみから少しでも早く抜け出す手助けになればという思いから

このブログは存在しているということはご理解ください。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体
薬と病院    Comment(21)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
理解不足でした・・・ Posted by NN
けんさん、こんばんは。

私も、通院・服薬中という事実から、けんさんはまだ完治に至ってないと思っていました。それから、けんさん的には完治した、と思われていることを理解できていませんでした。読み方が雑把でした。

おっしゃる通り、けんさんは寛容で人に意見を押し付けず、精神的にとても大人だと思います。欝を乗り超えることでこういう性格に変わられたのなら、病気は辛いだけでなく素敵な贈り物もあるんだと思えます。病気=悪ではないんですね。

私もこの機会に自分自身の物の見方や考え方を見直したいと思っています。(特に短気なところを・・・)
2010.09.28 Tue 02:22 URL [ Edit ]
私は・・・ Posted by ふぅ
けんさん こんにちは

私は内服薬を継続することで社会生活を続けられれば良いんじゃないかと思います。

人間は不足している部分を色々な知恵で補いながら生きていると思います。
手足のない人が義手や義足を装着したり、視力の低下している人は眼鏡を使用し、高血圧の人は降圧剤を内服しながら、一定の満足感を得たり、悩んだりしながら家庭や社会生活を送っていると思います。

私たちは脳の機能の中で不足している部分を補うために内服を続けて行きながら、自分をコントロールしていく。と思うのです。

完治とか寛解という言葉に、全くこだわってないというと自分でも分かりません。
でも私は薬を利用しても自分をコントロールして行きたいです。

けんさんのブログはコントロールできるようになるんだ!と私に勇気をくれているのは間違いありません。

最近、自分の事を全面否定していたのとは違う感じで考える事が出来てきているのかもしれません。なかなか上手くいかない時も多いですが・・・
2010.09.28 Tue 12:44 URL [ Edit ]
Posted by すみれ草
けんさん、こんにちは。

うつが治った、治っていないの判断って難しいですね。
私のお医者様は、「うつが治っても、予防的な意味を込めて薬を服用したほうがいいですよ」と言っています。
私はまだ治ったとは言えない状態ですが、以前、2週間ほど調子の良い時期が続いたことがあり、「治ったのかも?」とお医者様にお聞きした時に言われた言葉です。

なので、「お薬を飲んでいるから治ってない」とは一概に言えないと思っています。

でも・・・捉え方は人それぞれですね。


最近、私はお薬の効き目が薄れてしまったのか、調子の悪い日が続いています。
皆に嫌われている、嫌がられているような気がして(気がするというより、事実として受け止めているのですが)辛くなります。
でも、けんさんのブログを何度も拝読して、うつの症状の一つだと思えるようになってきました。

そのほかにも、自己否定や自信の無さ、能力の衰えなどで、不安感、緊張感、焦りが強く、とても辛い毎日の中、なんとか生きています。
けんさんのブログに助けられながら・・・。

更新も毎回楽しみにしています。

2010.09.28 Tue 17:41 URL [ Edit ]
勉強になりました。 Posted by コボです。
勉強になりました。
>住宅ローンの借換え・生命保険も更新できない事。

休職中に「解約」しようか?とも思いましたが、解約しなくて
良かったです。

休職期間約7ヶ月から、復職して5ヶ月目になりますが
この頃、ようやく思考力が出てきたかな?・・・。ですが?

けんさんにアドバイス頂いた
「焦らず・ゆったりとした気持ち」は忘れずに生活しています。

担当医からも「年内には薬の量を少なくしますか?」
と言われましたが、私も減らして良いのかがわかりません。

私が自分で感じられる事は、
①「短気」ではなくなった。(ま・いいか!)
②「せっかち」が無くなった。(後でいいか!)
③他人に対して優しくなったかな?

私の発病を聞いて 心配して話掛けてくれる人。
逆に離れていく人。(コバンザメが離れた)
人の性格も感じ取れるようにもなりました。

今振返ると、発病前は無理をしていた事に気づきます。

発病前より収入は減りました↓が、楽な気持ちは増えました↑。(笑)

けんさんには「元気の基」を頂いております。
ありがとう御座います。
2010.09.28 Tue 20:58 URL [ Edit ]
ふぅさんコメントありがとう  Posted by けん
まったくおっしゃる通りです。
代弁していただきありがとうございます。
2010.09.30 Thu 23:28 URL [ Edit ]
すみれ草さんコメントありがとう Posted by けん
薬を止めることで治ったと感じる人もいるようです。
まあ、治っていないと思って注意深く行くくらいがちょうど良いです。
2010.09.30 Thu 23:35 URL [ Edit ]
コボさんコメントありがとう  Posted by けん
やっぱり苦難を乗り越えるとひとはやさしくて強くなれます。
2010.09.30 Thu 23:45 URL [ Edit ]
ひとそれぞれ・・・かな? Posted by Lilie
けんさん、こんにちは。いつも更新楽しみにしてます。
私が目指しているうつ病の完治というのは、日常の生活や人との関わりに幸せや喜びを感じられるようになることです。だから、けんさんみたいに仕事をしながら満足感が得られる、というのは私にとってはとても羨ましいです(・∀・) もちろん、そこまで到達するのにはかなりの努力が必要だったと思うのです。これからも秘訣をいろいろ教えてくださいね。



2010.10.01 Fri 14:13 URL [ Edit ]
はじめまして Posted by shinemon0526
けんさん、はじめまして、こんばんは。
更新を楽しみにしています。

うつ病を発症する以前よりも前向きで、仕事、
プライベートでも充実しているのであれば、
本当に羨ましいです。
たとえ通院し薬を服用していても、自分が日々の
生活に満足感が得られるのであれば、私はそれでも
十分だと思います。

私もそうなれることを信じて、辛いけど、
努力していきたいです。
2010.10.01 Fri 23:53 URL [ Edit ]
はじめまして Posted by 「まく」
はじめまして、復職1年を過ぎたばかりの復職2年生です。
確かに、自分も社会的に「治る」とはどういうことなのかよくわかりません。

ただ、確かにいえることは、一度病歴として残ると、後に尾を引きますよね。…
生命保険は治っていようがいまいが罹患したことがあると入れない。
住宅ローンの銀行の審査が通らない。
給料の手当てが勝手に取り消されて、手取り額が落ちる…。

まあ、それでも何とかやっていけていることだけでも幸いなのかもしれません。

遅まきながら、私のブログからこちらのブログにリンクをはらせていただきました。よろしくお願いいたします。





2010.10.03 Sun 17:21 URL [ Edit ]
いつかは… Posted by くぅちゃん
1年半うつで同じ薬飲んでます。GW明けから2度目のリハビリ出勤で週3日午前中勤務してますが、途中休んだりして次のステップに進めないでいます。。行き詰まっています○| ̄|_
いつかは良くなるんですね!治って行くんですね!勇気づけられました
傷病手当金が貰えなくなるので、これを機会に病院代えようと思います。薬貰いに行ってるだけってカンジなので…週3日1ヶ月間勤務出来るようにならないと次のステップにいけないと言われ続け、それ以上アドバイスしてくれません。カウンセラーに任せているから?
頑張って次の病院探します
2010.10.06 Wed 00:20 URL [ Edit ]
復職して1ヶ月・・復活の道を歩む Posted by さくら
さくらです。いつもありがとうございます。
復職して1ヶ月がたちました。
相変わらずの窓際族で終日ほとんど一人で過ごしています。

部下からのイジメに耐えられず心が折れて休職。
うつ病という診断はついたことがなく、抗うつ薬は飲んだことはありません。
休養と専門カウンセリングとセルフカウンセリングと
体の症状に対する薬で、心身をリセットしました。

そんな私ですが、
健さんの歩んでいる道は、言葉は私の人生の支えとなっています。

うつ病かどうか、治ったかどうか・・・医学的にはうつ病ではない私。
でも、自分の人生を取り戻すためにあがいています。
休職前の私は、
がんばり過ぎて自分自身をいたわることもせず、
自分の枠で人の態度を評価し、
自分と他者の境界を作ることができず、
他人の一言一言で傷つき、
自分自身が嫌いで理想の自分になるために
もっともっとがんばれと倒れるまでむち打っていました。

死に神の手をすり抜けて今があります。

病気が治ったかどうかよりも、もっと大切なことは
自分の人生を取り戻し自分らしく復活できることのように思います。

健さんの言葉を、歩んでいる道を頼りに
今日も職場で一人で過ごしています。
窓の外には秋空が広がり、きれいな日です。
2010.10.08 Fri 10:43 URL [ Edit ]
(お時間があれば)アドバイスをお願いします。 Posted by まりん
こんにちは。今回で2度目のコメントになる者です。

けんさんのブログはいつも勉強になります。

恐縮ですが今悩んでいることがあり、ご意見を聞かせていただければと思うのです。

躁鬱病を経験した友人がいるのですが、つい最近再就職を果たしました。

つい3日前に連絡が来て、突然今週末遠出しないかと誘われました。

私自身最近忙しく、うつ波に揺られている感じだったのですが、彼女の不安などを思うと放っておけず、YESと返答しました。

しかし、多忙な彼女に代わって行き先や交通手段を検討したのですが、連休ということでどこも混んでいて、なかなか予約がとれず焦っているうちにうつ波が大きくなってしまい、寝込んでしまいました。

最終的に予約なしの列車の旅にしようと話しましたが、私の家からは遠く、考えているうちにどんどん体調が悪くなり、今回はやはり遠慮したいと伝えました。

私にもパートタイムですが仕事があり(連休中も日曜・月曜な仕事です。既婚で家事もあります)、また資格試験のための実習が再来週に控えているため、遊びに回す気力がないと考えてしまったのです。

でもこのことで友人を酷く傷つけ、またがっかりさせてしまったようで、非難のメールが来ました。

社会ではそんな非常識は通用しない、自己中心的だという内容でした。

うつの苦しみを分かってくれると甘えてしまったのが悪かったのだと思いますが、このままでは思考がぐるぐる回ってしまいます。

どのように考えてこの出来事を乗り切ればいいでしょうか?

幼稚な質問ですみません。

お時間ありましたらアドバイスお願いいたします。
2010.10.09 Sat 09:43 URL [ Edit ]
まりんさんコメントありがとう Posted by けん
私も同じような経験がありますし、急に行けなくなることもありました。
私の場合は、誘われたときに「急に具合が悪くなって行けなくなることがあるけど大丈夫?」と
最初に説明するようにしていました。
今回のように過ぎてしまったことはしようがないのですが割り切れないところが辛いですね。
相手にメールを返してはどうでしょうか?
「本当は自分なりの理由があるのだけれど今は説明する力もないの。具合が落ち着いたときに
説明するのでそれまで待って欲しい。あなたのことは大事な友達だと思っている気持ちは変わらないからね。」
こんな内容ではどうでしょう?
あまり良い回答でなくてごめんなさい。
2010.10.09 Sat 21:50 URL [ Edit ]
Lilieさんコメントありがとう Posted by けん
こちらこそよろしくお願いしますね。
2010.10.10 Sun 00:33 URL [ Edit ]
shinemon0526さんコメントありがとう Posted by けん
> 私もそうなれることを信じて、辛いけど、努力していきたいです。
必ず治ると思います。
2010.10.10 Sun 00:35 URL [ Edit ]
まくさんコメントありがとう Posted by けん
差別されているみたいでつらいですね。
本当に訴えてやりたいと思ったこともあります。
リンクどうぞお願いします。

2010.10.10 Sun 00:37 URL [ Edit ]
くぅちゃんさんコメントありがとう Posted by けん
中々治らなければ病院と薬は疑ったほうがいいです。
私は良かったです。
2010.10.10 Sun 00:41 URL [ Edit ]
さくらさんコメントありがとう Posted by けん
> 病気が治ったかどうかよりも、もっと大切なことは
> 自分の人生を取り戻し自分らしく復活できることのように思います。

私もそう思います。
2010.10.10 Sun 00:42 URL [ Edit ]
ありがとうございます Posted by まりん
けんさんお忙しいところアドバイスありがとうございました!

「具合が悪くなるかもしれないから~」
と前もって言うのはとても誠実な態度だなぁと思いました。

でも私はチキンで、そんなことを言ったら次から声をかけてもらえないんじゃないか・・と躊躇ってしまって。

だけど言わないで約束を反故にし、相手をがっかりさせるより
ずっといいですよね。

次、これは行けなくなる可能性があるかも・・と思うときには、それとなく伝えてみます。

ありがとうございました。

2010.10.13 Wed 08:55 URL [ Edit ]
まりんさんコメントありがとう Posted by けん
私も休職中、友人とゴルフに行ったりクリスマス会に誘ってもらったりしましたが、急に調子が悪くなると
布団から出ることもできないくらいでした。
急に行けなくなった自分と相手に迷惑を掛けるのならば最初に約束破るかもしれない。
そういう病気だからと言ってきました。
実際何度か断ることもありましたから。
だって自分ではコントロールできないのです。
切羽詰って言うよりも早めに言うほうが言いやすいですよ。
できれば常にそういう可能性があると伝えたほうがよりベターです。
2010.10.13 Wed 23:00 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/474-3d61cb4f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。