いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 負けないということ いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.13 Fri
負けないということ
うつ病に負けないということ

うつ病はひとから色々なものを奪う。

健康、出世、金銭、家族、幸福感、充実感、睡眠、自信、仕事などなどひとによって違うが

本当にそのひとにとっては人生や命を奪われた気持ちさえしてしまいます。

でも実際に奪うわけではなくそんな錯覚をしてしまうだけで、治ってからそのことに気づき

ますがそんな深刻に悩んだことさえ忘れてしまうのです。

わたしももっとも苦しい時期に担当医から「うつ病を経験して、そして克服したひとは人間に

厚みができると言うか、ひとの気持ちを思いやることができるようになるんですよ。」などと

言われてもとてもそんな気分にはなれませんでした。

わたしの場合、復職して6年が経ちます。今でも以前の状態を100とすると80くらいかな

と思います。

でも、今はそうしたことも受け入れられるようになったというか、そんな気がしています。

がんばりすぎるとうっちゃん(うつ病)が無理しちゃダメだよと教えてくれている気がします。

以前は異常に元気で毎日遅くまで残業して、部下にもそれを強要していました。

「仕事を極める」それこそが価値観だった気がします。一生懸命やれば道は開ける、お客様の

要望に応えるためには無理をするのが当たり前で社内の人間すべてが協力すべきだと

思っていました。

飲みに行くことも日常的で週に3、4日は行っていました。土曜日は会社の先輩たちとゴルフに

行き、日曜日はゴルフ練習場へ行き、家庭のこともほとんど顧みない生活を何年も過ごして

いました。

ひとを褒めることもせず、欠点を直すことばかり考えている人間だったと思います。

仕事を一生懸命こなしているのだから休みの日ぐらい自分の好きなことをして何が悪いんだと

思っていました。

それがうつ病のおかげで立場は一挙に逆転しました。

とてもひとに注意のできるような器ではなかったのです。

あんな生活をずっと続けることが良かったとは今は思っていません。

うつ病にならなかったら定年まで家に帰るのは夜中、酒の飲みすぎで体を悪くして、家族で

ご飯を食べることもなく、趣味もなく、何かに熱中することもなく過ごしたことでしょう。

うつ病がわたしの人生を心配してくれて守ってくれたのだと考えるようにしています。

うつ病に負けないということ。

勝って昔の生活を取り戻すことではないと思います。

他人に自慢できる充実した人生ではありませんが、以前よりも生きることの楽しさ、ひとに

対するやさしさを持つことができるようになったのではないでしょうか。

今うつ病のかたの苦しさは共有できませんがいずれみなさんもそう思えるようになって

くれたらと祈ります。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
はじめまして Posted by 中村
中田様

初めまして。中村と申します。

2ヶ月ほど前に、こちらのサイトを見つけ、
いつもブログを読ませていただいています。

うつ病になってから、もう3年を過ぎてしまい、現在も治療中です。
原因は職場での人間関係で、
少し問題のある上司の下で働いたことが影響しています。
以前の上司も別の部署に異動し、
最近ようやく、安定して出勤することができるようになりました。

1年間ほど休職したのですが、様々な身体症状や、
職場への恐怖感を経験したり、
躁状態でモンスター化したりと、
色々と経験をしてきました。

妻子がいるため死ぬこともできず、
自分という人間が存在していることが、
これほど苦しいものなのかと思い知らされました。

今の自分にとっての一番の課題は「自信」です。
以前は、勉強しながらでも、なんとか仕事をこなしてきたのに、
今は自信を完全に喪失しており、
いつも落ち込みながら作業をしているような状態です。

中田様のブログでは、
自信喪失も病気の症状と書いて下さっており、
勇気づけられる部分もあるのですが、
今はまだ、自分の元気な姿を想像することができません。

もしよろしければ、自信の回復について、
中田様のお考えをご教示いただければありがたいと思っております。
2010.08.13 Fri 12:46 URL [ Edit ]
Posted by はな
いつも拝見しております。
暖かく力強い言葉に、日々励まされています。

ひとを思いやる気持ちは、うつになってから、がらっと知るようになりました。気づかされて良かったと、ほっとすると同時に、それまでの傲慢な自分を振り返ると、穴に入りたいような恥ずかしさを感じました。
まだまだな人間だとは思いますが、おかげで多少は、私なりに進歩したかな・・と思っています。

今はほぼ回復し、なんとか人並みに見える位の社会生活を送れているのですが、虚無感が消えません。あと何年、頑張って生きていけばいいんだろうな・・という空しさが常にあります。
積極的に逃げたい、という思いではないのですが、未練があまりない感じです。
けんさんは、回復された今でも、このような割り切れない思いはありますか?
もし対処の仕方など、お考えがありましたら、また記事にして頂けると幸いです。
2010.08.13 Fri 23:10 URL [ Edit ]
始めまして Posted by ふぅ
始めまして ふぅともうします。
入口は違っても鬱で苦しい気持ちは変わらないなと思いながらブログを拝見させて頂いています。

私は5年前に診断がつき、その間、引越や転職をし、この春、もう少しで薬とも離れられる状態まできていましたが人事異動によりガックリと元に戻ってしまいました。
本当に自爆状態でした。今は退職し専門学生の息子と実家に戻って来てしまいました。

けんさんは認知療法についてどう思いますか?

自分の考え方を変えなければ、何度も何度も結局は戻ってしまう・・・と焦る気持ちが強いのですが、凝り固まった考え方が情けないほど押し寄せてきます。
働かなければ・・・と思いながら、こんな状態では責任を持って続けていくことは難しいだろう・・・自立できない・・・さらに焦って身動きがとれない感じです。
2010.08.14 Sat 21:12 URL [ Edit ]
中村さんコメントありがとう  Posted by けん
自信の回復、難しい問題です。
私の悩みでもあります。
少し考えさせてください。

2010.08.16 Mon 11:24 URL [ Edit ]
はなさんコメントありがとう  Posted by けん
その気持ちわかります。
どんな人間でも本気で自分の生きている意味について考えたならば虚無感を感じるでしょう。
あなたもわたしもそのことを考える機会を得ている。
良し悪しを別にして意味のあることだと思いませんか。
こんな答えしかありません。
ごめんなさい。
2010.08.16 Mon 11:41 URL [ Edit ]
ふぅさんコメントありがとう  Posted by けん
> けんさんは認知療法についてどう思いますか?
ごめんなさい。詳しくは知りません。
ただ、考え方を変えることは必要な場合も多いと思います。
私よりも何倍も厳しい状況なので的確なアドバイスはできません。
ただ、あなたの文章には治したいという気力があります。
また、職場環境が良ければ完治したはずです。
治ると信じてください。
回答にならず申し訳ありません。
治ることを祈っています。

2010.08.16 Mon 12:31 URL [ Edit ]
ご回答ありがとうございます Posted by はな
ご回答、ありがとうございました。
確かに、そうかもしれません。
何か腑に落ちる感じがしました。
これは、私に与えられたサインなのかも、しれませんね。
苦しい、しんどい、ばかりでなく、そのサインの意味を考えることに目を向けてみようと思い至りました。
ありがとうございました。思い切ってお尋ねしてみて良かったです。
今後も更新を楽しみに拝見させて頂きますね。
2010.08.17 Tue 00:48 URL [ Edit ]
はなさんコメントありがとう Posted by けん
少しでも参考になり安心しました。
私もうつ病になって人生とは、家族とは、仕事とはを真剣に考えました。
辛いことですが、こうしたことを考えることも人生のどこかで必要なことでしょう。
2010.08.17 Tue 07:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/460-cd1718d2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。