いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 絶対に休めない いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.08 Sun
絶対に休めない
絶対に休めない。

私はそう思いながら半年以上苦しみ、結果2年近くの休職をしてしまいました。

今なら間違いなくすぐに休むでしょう。

当時41歳だった私は休んでしまったら昇進の道が閉ざされると思っていました。

それどころかサラリーマン人生が終ると思いました。

定年まであと20年弱、住宅ローンも残っているし、下の子も生まれたばかり、

今、この状態では絶対に休めない。

一方でグループ内の結束は最悪でトラブルも多発、成績を立て直す糸口もまったくない。

今考えれば病気にならないほうがおかしいかも知れません。

そんな中に自分で蒔いた種とは言えずっと使っていました。

休む数ヶ月前にはその間違いに気付いて皆との関係を修復しようとしましたが、一度まずく

なった関係は簡単に戻るはずもなく、中途半端な遠慮にしかなりませんでした。

その中途半端な遠慮がお客様対応にも出てしまい、更に大きなトラブルを生んでしまいました。

とうとう、そのお客様担当からも外されてしまったのです。

部下からは同行セールスの依頼もすっかりなくなり社内でパソコンを相手に時間を潰しました。

週一回の上司だけの会議では良い報告は何もなく、部下が何をやっているのかもわからず、

その月曜日の会議のための報告書を埋めるだけで木曜、金曜を潰しました。

それでも胃が痛み、埋めることができず、土曜、日曜で胃が痛くない時間を計りながら報告書を

作成して、何も良いことがない報告に愕然としました。

それでも何とか皆との溝を埋めようと夜、10時、11時まで居残り、家には帰れないとメールを

しました。

もう、何のための仕事なのかわからなくなりました。

そして4月になり、もう少しでゴールデンウィークに逃げ込めると自らを元気付けましたが、

それはわずか10日で終わってしまうものですぐにもとの世界に連れ戻されると気付いたとき、

耐え切れず倒れこみました。

休めないと言っていたくせにそれから約2年間休んでしまうのです。

もし、仮にもっと早く休むことが出来たならもっと早く復職できたかも知れません。

ただ、自分の生活態度を改めるための日数としては適度だったとも言えます。

もっと早く休むことができたらというのは比べようもないことですし、自分にとってすぐに

休職して、復職もしたならば再発を繰り返した気もします。

とにかく、絶対に休めないというのは嘘です。

本当に大事なものを失わないことを大事に生きていきましょう。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/458-daedd894

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。