いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 心の病のうそ、その2 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.07.29 Thu
心の病のうそ、その2
もし、うつ病が心の病ならば心を治さなければいけない。

または、気持ちを切り替えなければならない。

プラス思考にならなければいけない。過去を悔やんではいけない。将来を悲観してはいけない。

自分を卑下してはいけない。他人に嫌われていると考えてはいけない。

これらができるようになれば確かにうつ病を治すことが可能だ。

一方、脳の病気だと考えれば原因になっているストレスから遠ざかる。薬をきちんと飲む。

休養を取る。よく食べる。よく寝る。仕事以外に意識を向けるために楽しくなることに熱中する。

とにかく脳の緊張感を和らげる生活をする。

どちらが簡単だろうか。

あなたは脳の病気で自分に「能力がないとは考えない」と疑っているかも知れない。

しかし、風邪で気持ちが落ち込むことはないか、お酒を飲んで性格が変わる人に会ったことは

ないか。

何か脳に影響を与えるものがあれば考え方など簡単に変わってしまうものなのだ。

泣き上戸の人を泣き止ませるためにどうするだろうか。

お酒を注ぎながら考え方を変えるように説得するだろうか、

そんなことはしないで酔いが醒めるまで待てば良いだろう。

今後泣かないようにするのはお酒を飲まないことが最も有効だ。

このように考えれば心の負担も下がり、脳を休ませることができる。

こんな発想は役に立ちますか。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
家族が知るとき Posted by ぴあの
逆説的な言い方かもしれませんが、
私の場合、うつ病が心の問題ではなく、脳の問題だと思ったのは
娘が3日間眠り続けたことや、症状が出ると口が利けない、
立ち上がれない、白目をむくなど、まるで認知症のような状態に
なるのを目の当たりにしたときでした。

これは、どうみても「心」の問題ではなく、「脳」に問題がある・・

うつ病になるきっかけは心への大きなストレスだと思います。
だから「心」も治療する必要もあるのでしょう。
心をケアしながら、科学的にも治療していく、そしてひとつづつ出来ることを増やして、
またもとのような生活をとりもどす、それがうつ病を治すということなのだと思っています。
けんさんがいつも言っているように、病気が治れば、病状はなくなるのですよね。

家族の、患者への対応も、この点を間違えてはいけないと思っています。
2010.07.30 Fri 16:42 URL [ Edit ]
ぴあのさんコメントありがとう  Posted by けん
そうです。病気が治れば症状はなくなります。
そして大事なのは本人は悪くないということです。
2010.07.31 Sat 10:53 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/454-506f5b4f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。