いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 休む勇気 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.06.14 Mon
休む勇気
難しいことですがうつ病の治療には休む勇気が必要です。

私も精神の変調をきたしてから約1年間会社に行き続けました。

少なくとも休む半年前にはこのままでは事態は良くならないという予感はありました。

当時、満42歳厄年、後20年間走り続けなければいけないと考え、絶対無理だけれど

走れるところまで走るしか道はないと思い走りました。

結果、2年近くの休職となり、自分の中ではまさしく会社人生を終わらせました。

それどころか廃人同様で社会人人生さえも終わらせてしまったという自覚がありました。

人生はマラソンのようなものですが少し違うのは休むとその分距離も短くなるのです。

サラリーマン人生残り20年、マラソンで言うと20,000kmくらいかなと思います。

2年休むと18,000kmくらいになります。

時速10kmで走っても20年、1kmで走っても20年、定年を迎えたら自動的に

ゴールです。

走り続けなくても定年を迎えれば完走です。

うつ病という怪我をおして走り続ければ完走どころか途中棄権退場が待っています。

走り続ける記録は大事ですが、休んでから走り続けるということも素晴らしいことです。

早く走ることだけがマラソンだと思っていましたが人と話しながら走ったり、

景色を見ながら走ったり、休憩しながら自分のペースで走ることも大事です。

また、みなさんのコメントを見ていて思うのは走ってさえいれば病気ではないという

無理のある証明です。

病気ではないから走れるが正しいことです。

無理は傷を深くするだけで良くなることはないのです。

勇気を持って休み、不死鳥のように甦る。

それが無理ならばアホウドリのように周りに安心感を与える。

あなた自身を、説得できれば気楽な人生を送ることができるでしょう。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
先日の。。。 Posted by 匿名希望
深刻な問題の匿名希望です。
さて、私がなぜこのブログに書き込んだかなんですが、私もIT!?関係なんです。元々の仕事は産業用制御、計測機器の設計開発でした。それで、同業者に近いこのブログにアクセスしました。

さて、申立人=嫁(もう嫁とは思いたくない)は、2回目の調停から弁護士を雇って挑んでいます。私は、お金が無いので(あってもこんな事に使うなら子供の為に使いたい)一人で挑んでます。
2回目(前回)の調停では、今後私がどれだけ努力しても復縁はありえないと言い切られて、不調にされそうだったので、離婚の承諾をして、今後の子供たちについてを話し合いたいという事で終わらせてきました。今月末に3回目の調停です。
調停の度に体調を崩します。それでも行かなければならないのはとても辛いです。
今は通院するのがやっとで、それ以外は外に出れない引きこもりです。
文章はまとまっているから、回復しているのではとの事でしたが、現状回復どころか悪化の一途を辿っています。
今は、何よりも再入院しない事が目標です。
そうしないと、社会復帰が遅れるどころか、出来なくなります。

40からの社会復帰をテーマに何かないでしょうか?
お願いします。
2010.06.15 Tue 13:24 URL [ Edit ]
Posted by サンセ
私も、異変を感じ通院してから、約8ヶ月会社に行き続けました。
異変は、かなり前から、出ていたと今では思います。
派遣社員でしたので、自主退社なら1ヶ月前に連絡を入れれば十分だったはずなのですが、1人での精密作業が多くて、後継者への引継ぎと、仕事の配置変えをされ、そこでも覚える事が多くて、2足のわらじを履いているかの様でした。今でも、根深く残っています。派遣には、休職制度はなかったので、最後の最後まで、通い続けて散って終わったという感じでした。あれから4年近く経ちますが、仕事にも就けず、病院と作業所に通う日々です。
未だに、上手く休む事が出来ません。ようやく、無理だなと思ったとき、作業所を休めるようになりましたけど、罪悪感が残ります。
今度、ゆっくり休むコツ等を、テーマにして頂けるとありがたいなぁと思います。長々と失礼いたしました。
2010.06.15 Tue 19:27 URL [ Edit ]
匿名希望さんコメントありがとう Posted by けん
> 深刻な問題の匿名希望です。

少し、難しすぎます。うつ病の相談はできますが、人生相談は無理です。それを承知で書かれていると思うのでご自分の気持ちの整理なのでしょう。
あえてアドバイスをするとすれば、この危機を乗り切ったあなたは魅力的だと思います。
2010.06.15 Tue 22:54 URL [ Edit ]
サンセさんコメントありがとう Posted by けん
> 今度、ゆっくり休むコツ等を、テーマにして頂けるとありがたいなぁと思います。長々と失礼いたしました。

そう思うようになったのは良い兆しですね。なんどか書いていますがまた新たな気持ちで考えておきます。
2010.06.15 Tue 22:56 URL [ Edit ]
翌日仕事の日は、緊張がとれないのか熟睡できません Posted by ようこ
昨日、同様な職場で先輩が人格否定・パワハラといった私と同様な理由で休んでいた事実を知りました。少数職場だけに、人間関係に恵まれないと辛いです。

以前の職場に比べたら、今の職場は良いと思います。
まだ、睡眠障害の残る私は、ローテーション勤務の週休日を週半ばに入れてもらっています。連休は無いかわりに2~3日仕事しては休日という休みながらのパターンです。抗不安剤を飲み。。。翌日は休みという安心感からか 熟睡できますが・・・
翌日が仕事となると・・・中途覚醒の日もあります。

けんさんは、睡眠障害はありませんでしたか?
睡眠障害も 時間がたつごとに良くなっていくものなのでしょうか?よかったら教えてください。
いつも ありがとうございます!!
2010.06.16 Wed 18:24 URL [ Edit ]
ようこさんコメントありがとう Posted by けん
記事に書きますね。
2010.06.17 Thu 00:40 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/434-31c26b1f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。