いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 復職と復活のコツ いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.06.02 Wed
復職と復活のコツ
気になるコメントがありました。

「未だに投薬治療が続いている自分としては、いつも「再発」が心配です。けんさんは、何がきっかけで、「仕事への熱い思い」が甦ったのですか?
私は、今は目の前にある事をこなすだけで、楽しさも「感覚が鋭くなる」こともありません。ただ会社で定められた休職期間が満了になったので、復職しただけです。つまり収入の道を閉ざさない為、そうするしかなかったのです。
というよりも、発症前の「会社=自分」という思考には、二度とならないと思います。
ちなみに、「減薬」のタイミングは、どのようになれば、分かるのでしょうか?」

私もまだ再発は心配です。

心配で良いのです。それが当たり前であり、忘れてはいけないことなのです。

仕事への熱い思いが蘇ったきっかけは、うつ病が治るまで我慢したからです。

絶対に無理をしないで我慢していたら次第にできる仕事の範囲が広くなって気がついたら

自然と熱くならざるを得なくなっていました。

両足を骨折した場合、ジョギングをしても良くならないのです。

良くなったらジョギングできるのです。

色々なコメントをいただく場合、順番が逆な方がよくいらっしゃいます。

薬をやめたらうつ病が良くなると思っていますが、良くなったら薬をやめるのが

正しいのです。

私は今でも抗うつ薬を飲んでいます。

治っていると思いますが、医師からは時間を掛けて止めることを指導されており

予防のつもりで飲んでいます。

復職してから常に良くなったと思ってきましたが、7年経って本当に良くなったと

思います。

これも個人差があります。

1年でもとに戻ることもあれば、10年掛かる人もいます。

コツははっきりしませんが、治るまで焦らないでじっくり待つことが間違いなく

重要なことです。

待っている間、私は本当に遊んでいました。

やけになっていたのかもしれません。

でも無駄な時間を過ごすことも人生では重要です。

また、仕事をどんなにうまくやっていてもそれが人生の成功ではありません。

仕事に生きることも、だらだらと過ごすことも人生において本当は差がないのです。

しいて言えば、家族や他人に対してどれだけ良いことをするかが人生の価値かも

しれません。

自らの命を落とさないことも家族を大事にすることですし、腐って家庭内の空気を

暗くしないのも良いことだと思います。

前向きにいきる。

それだけです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
復職    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
なるほど。ありがとうございます。 Posted by 大地の歌
けんさん、まるまる私の質問にご回答頂き、ありがとうございます。
「仕事に生きることも、だらだらと過ごすことも人生において本当は差がないのです。」-なるほど、と思いました。
「待っている間、私は本当に遊んでいました。」-安心しました。
7年ですか。私はまだ3年目ですから、半分も立っていないのですね。
実は、けんさんの書いておられることは、「東洋の聖書」と呼ばれる「バガヴァッド・ギーター」にも書かれています。

理解しても、実践することは難しいですけれどね。

ありがとうございます。
2010.06.03 Thu 11:32 URL [ Edit ]
参考になりました Posted by 雪
けんさん、はじめまして。
私は夫がうつで、10か月休職しています。
復職できるのかと、焦っていましたが、
温かく夫を見守っていきたいと思いました。
「でも無駄な時間を過ごすことも人生では重要です。」
その通りですね。
「腐って家庭内の空気を暗くしないのも良いことだと思います。」
夫も普段は朗らかにしてくれています。

焦らないこと、これだけは心に留めておかねばいけませんね。
ありがとうございます。
2010.06.03 Thu 21:13 URL [ Edit ]
大地の歌さんコメントありがとう Posted by けん
「東洋の聖書」と呼ばれる「バガヴァッド・ギーター」、まったく知りませんでした。
私は自分が楽になる考え方を取っただけです。
随分と時間が掛かりましたが良かったと思います。
生き物で死にそうで苦しむ場合はあっても生きられるのに苦しむのは人間だけです。
人間の特権を噛み締めているのです。
2010.06.03 Thu 22:44 URL [ Edit ]
雪さんコメントありがとう Posted by けん
> 「腐って家庭内の空気を暗くしないのも良いことだと思います。」
> 夫も普段は朗らかにしてくれています。

良いだんなさんですね。
そしてそう感じられるあなたも素敵です。
少しの間、我慢さえできればきっと良くなると思います。
お大事にしてください。
2010.06.03 Thu 22:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/431-1807f61e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。