いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつはうつる可能性があるか いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.05.03 Mon
うつはうつる可能性があるか
うつはうつる可能性があるか?

少し前に他の方のブログに書かれていた記事です。

私は会社で仕事熱心だったために不熱心な人間を毛嫌いしていましたし、相手も私のことが

嫌いだったと思います。

そして、自分では仕事ができると思っていましたが実際はできないことを嫌というほど思い

知らされました。

だんだん具合が悪くなっていく中で当然ですが奥さんに話をしたくなりました。

でも、本当のこと、自分は嫌われ者で、仕事も出来ない人間だとは言えませんでした。

仕事がうまくいかなくて悩んでいるんだとか、上司が厳しいとか、協力的でない部下がいる

とか、どうしても本当のことが言えずに嘘ばかりついていました。

ただ、嘘をついているのも辛くなってきたし、嘘をついている限り、悩みを相談している

ことにならないのでモヤモヤしていました。

でも本当のことを言ってしまうと奥さんに対して「おまえは嫌われ者で仕事の出来ない男と

結婚したんだよ。認めたくないだろうがおれはそういう男なんだよ。」と言う事になります。

そのうちに自分の精神はどんどん病んでいき、このまま衰弱して死んでしまうかもしれない。

そうすると会社に対して訴訟を起こすかもしれない。

すると会社のみんなは私がいかに悪いかを具体的に説明するんです。

私の死後にそのことを知った奥さんは今よりもとってもつらい思いをするのです。

それを考えると辛くて、自分の口から本当のことを話さなければいけないと考えました。

しかし、ずっと暗い顔をした自分の相手をしてきて苦しんでいる奥さんにそんな話をしたら

奥さんがうつ病になりはしないかとてもとても心配でした。

とうとう本当のことを話しましたが、奥さんは「あなたはそんな男ではない」と否定して

くれたのですが、それさえも信じたくないから言っている、会社でのおれを知らないから

言っているそんな風に私は感じました。

結果的にはその後、本当にとんでもない負担を奥さんに掛けてしまう訳ですが、

タフでしたね。良かったです。奥さんは無事でした。うつはうつりませんでした。

もちろんたいへんな苦労を掛けてしまいましたがいつも明るく前向きに物事に当たって

くれました。

今でも知人や配偶者や子供や恋人に苦労を掛けまいとしてひとりでがんばっている人も

多いと思いますが、相談していっしょに考えて乗り越えて行けたら良いなと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体
家族    Comment(11)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.05.03 Mon 18:19 [ Edit ]
鍵コメMさんコメントありがとう Posted by けん
> 健さんの過去記事を読ませて頂くと、本当に奥様のお力が大きかったんだな~と思います。
それはまったくその通りです。
ところでMさん、女性だったんですね。びっくりしました。
2010.05.04 Tue 16:59 URL [ Edit ]
いつもありがとう Posted by いぶしぎん
いつかは晴れるというタイトルを信じていつも読んでいます。いつもありがとうございます。これからもブログつづけてくださいね
2010.05.04 Tue 17:29 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.05.04 Tue 18:18 [ Edit ]
いぶしぎんさんコメントありがとう Posted by けん
> いつかは晴れるというタイトルを信じていつも読んでいます。

ありがとうございます。確かにいつ終るかわかりません。ネタがなくなるかも知れませんし、言いたいことは言った気がしています。
2010.05.04 Tue 21:01 URL [ Edit ]
現状は?? Posted by ひろすぃ@うつと不眠症と私
けんさん、こんにちは。
お久しぶりです。
ひろすぃです。
いつも、コメントでブログの宣伝してるずるいやつです^^;

でも、記事もちゃんと読んでます。

僕が思ったのは、僕の大学の先生のお宅とそっくりだなと思いました。

その方は、息子が、対人恐怖症になり、大学を辞め、部屋に閉じこもりました。

家庭内暴力もすごかったらしいです。

うちの担当教授は、休みがちになりました。

僕は、たまたままだ親交がありますので、当時のことなど話すのですが、女は強いよ、ひろすぃ君。
早くいい人見つけなよ!!
って、言われます。

奥さんは、聞いた話ですが、ホントに献身的でした。
時間が不規則な息子と時間がスケジューリングされてる夫の世話で、寝る暇もなかったんだと思います。

今は、その息子さんは、アメリカにわたり、大学生をやり直しています。

でも、その奥さんは、大学にも行ってないにも関わらず、部分席分とかを猛勉強して、子供にスカイプで教えたりするそうです。

これは、過剰な態度かもしれません。

でも、僕は、その奥さんのことをこうやって書いていると、
涙があふれてくるのです。

僕がうつ病だったばかりに、どれだけ家族につらい思いをさせてしまったか。。。。

僕は、今は、鬱ではなく、躁状態になってます。

けんさんはどうですか??

よかったら、僕のブログにも遊びに来てください。

ひろすぃ@うつと不眠症と私→http://utsutomo.blog34.fc2.com/
2010.05.05 Wed 15:34 URL [ Edit ]
ひろすぃさんコメントありがとう Posted by けん
良いお話ありがとうございました。
その先生の家族が幸せになっていると良いですね。
ひろすぃさんもきっと家族を大事にされる方と思います。
躁もつらいことと思います。ご自愛くださいね。
2010.05.05 Wed 18:54 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.05.05 Wed 21:40 [ Edit ]
職場復帰後の勤務時間 Posted by NN
けんさん、はじめまして。

私の夫も頑張りすぎて欝になったサラリーマンです。半年間の休職後、4月から職場復帰しました。欝から完全復帰したというブログは少ない中、こちらのブログには勇気づけられます。

実は、今、夫の勤務時間のことで、医師と職場と本人の足並みが揃わず、少々困っています。

今、半日勤務をしていますが、本人はそれでも疲労困憊です。早く完全復帰したい気持ちはありますが、体がついていきません。上司も勤務時間の増加はぼちぼちでいいと言ってくれています。

ところが、先日主治医に「半日勤務は一ヶ月が限度だから、そろそろ時間を増やしてはどうか」と言われました。

夫はそれ以来、さらに負荷をかけるか、もうしばらく職場に甘えるかで迷っています。

医師の言葉が「あなたはもう、半日以上働いても大丈夫だと思うよ」だったら納得もできたのですが・・・職場復帰というのは、個々の状態によってもっと幅があるかと思っていました。

けんさんはご自分や他の方のケースを色々ご存じかと思いますが、復帰後、仕事時間を増やすペースというのは「相場通り」にするのが普通なのでしょうか?

過去記事に関連する内容があるかと思いますが、まだ全部読めてなくて、それらしき部分も見つけられませんでした。もし何かご存じでしたら、教えていただければ幸いです。
2010.05.06 Thu 14:12 URL [ Edit ]
NNさんコメントありがとう Posted by けん
了解しました。
迷う方も多いと思うので記事で回答させてください。
よろしくお願いします。
2010.05.06 Thu 21:29 URL [ Edit ]
鍵コメLさんコメントありがとう Posted by けん
手の震えは5年くらいありましたね。
本当に手の震えがこんなに不便なものとは思いませんでした。
本のページをめくる時、コップにジュースを注ぐ時、ボールを投げる時、
うまくできませんでした。
時間は多少掛かるかもしれませんが殆どは治るものと思います。
根気強く治療に当たってください。
多少でも気持ちが休まる手助けになれば幸いです。
2010.05.06 Thu 22:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/425-c64c2b9f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。