いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 義務感と責任 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.04.17 Sat
義務感と責任
休職する前、私はいつも義務感と責任に追い回されていました。

予算を達成しなければいけない。

施策を実行しなければいけない。

パッケージソフトを拡販しなければいけない。

部下を束ねなければいけない。

めいっぱい働き続けなければいけない。

家族を路頭に迷わせてはいけない。

弱みを見せてはいけない。

大胆に振舞わなければいけない。

元気さを装わなければいけない。

定年まで休まず働き続けなければいけない。

眠れなくても食欲がなくても無理に笑顔をつくらなければいけない。

居場所がなくとも会社は絶対に休んではいけない。

・・・・・・・・そして結局2年間休職、ずいぶんと苦しみました。

疲れきってがんばる気力がまったくなくなりました。

中途半端に治ってくると欲が出てきます。

仕事ができなくなった自分を馬鹿にするような言動をされて悔しいときもありました。

それでも無理をする気力も元気もなく、大人しく無理せずできることだけやってきました。

正直に言えば諦めの境地、仕事だけが人生ではない、仕事がだめでも良いじゃないか。

時間は掛かりましたが仕事以外の時間が充実してくるに従って余裕が生まれてきました。

最近は気力、体力、精神力が戻り、仕事も順調になってきました。

しかし、今のところ義務感は無く、自分のできる範囲で気持ちの上では余裕を持って対応

できています。

話は少しそれますが、うつ病が治った基準を断薬においたり、仕事の時間や量においたり

する考えが横行していますが、こうしたことに拘ること自体義務感に似ています。

薬を止めなければいけない、一人前に仕事ができなければいけない、通院を止めなければ

いけない、休暇を取ってはいけない。

本来はそんなことにこだわらないで、余裕のある心を持つことが大事だと思います。

うつ病に操られた義務感であれば見直すべきではないでしょうか。

追記 余裕について補足しますと諦めていたことが戻ってきた感じのことを言っています。

一人前の仕事ができることを諦めてしばらく過ごしていたら無理をしていないのにできる

ようになってきた。

残業なんてする気も仕事もなかったのに自然とやる気がわいて来て仕事も頼まれるようになる。

無理をしないで待っていれば病気が治って無理なく色々できるようになるということです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(15)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
すみませんでした Posted by のんのん
こんばんは、

昨日は、私が失礼なお尋ねの仕方をしたとの事で申し訳ありませんでした。

今は、過去の記憶がどんどん消えていき、思っている事を伝えようとしても、言葉がなかなか出てきません。
昨日のコメントも、2時間以上かかって書き、送信できたような状態です。

けんさんの記事も、なかなか理解できないことがあります。
例えば、今日の記事の「そんなことにこだわらないで、余裕のある心を持つことが大事だと思います。」の部分も、頭ではなんとか解りますが、どうしたら余裕のある心が持てるのか解りません・・・
快復が近い人や健常者の人ならば簡単に共感出来ることなのでしょうね。

今は、なすすべもなく底なし沼にずるずる沈んでいくようでな気持ちです・・・

まえぴょんさんのご指摘で、自分が社会性のない人間になってしまっていることに気づきました。

言葉を発するのが怖くなりました、けんさんにお聞きしながら少しずつ・・・と思っていましたが、これを最後のコメントにさせて頂きます。
このコメントにも、不用意な言葉や表現が有りましたらお許し下さい。

もう夜が明けますね 有難うございました。






2010.04.18 Sun 05:09 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by ヨッシー
けんさん、こんにちは。

丁度私がうつを発症したのは、国の検査対応に携わった時で、
心に余裕がもてませんでした。
系列会社から、何処をみられたとか少ない情報はあり、
そこをみると穴だらけ。
穴を埋めるように、上から目線で命令しても良かったのでしょうが、どこの部署も資料の散逸や日常の業務もあり、パンパンで完全に穴を埋める事はできませんでした。
いわゆる「指摘事項」というやつになってしまいました。
検査で指摘されてはいけない。
義務を課し、結果達成されなかったのです。
いわゆる「てんぱった」というやつでしょうか。
もっと同僚と連携できていれば、指摘されても、
うつにはならなかったかもしれません。
もう、日の当たる処で仕事はできないと思いますが、
心の余裕は本当に大事だと思います。
2010.04.18 Sun 12:16 URL [ Edit ]
きちんとやる人ほど・・・ Posted by ひろすぃ
こんにちは、けんさん。

ひろすぃです。

いつもお世話になっております。

義務感というのは、私も、強くもっておりました。

~しなければならない。

いついつまでに絶対~しなければならない。

そして、それをやり遂げればやり遂げたで、

また、次の~しなければならない。


その繰り返しの積み重ねは、ホント精神的にきますよね。

ただ、達成感があるのも事実なわけで、

社会的に認められるのも、それを実行してる人なわけで・・・


ただ、うまく生きるには、余裕をもつべきだと

今は私も思います。


生き急ぎすぎたかなぁって思います。


なんか、うまく表現できなくてごめんなさいm(_ _)m


けんさんの文章力はとてもためになります。


また、お邪魔します。


レベルは低いけど、自分のブログもよろしくお願いしまぁす。


ひろすぃブログ→http://utsutomo.blog34.fc2.com/
2010.04.18 Sun 12:58 URL [ Edit ]
のんのんさんこちらこそごめんなさい。 Posted by けん
のんのんさんこちらこそごめんなさい。
つい最近まで意地の悪いコメントを入れるひとがいたので神経質になっていただけです。
ネットの世界は手軽であるとともに表情が見えないので言葉の断片的な部分だけで判断
してしまうものなのです。ごめんなさい。
でも2度目の文章であなたの気持ちは良くわかりましたし、もう前回のような誤解は
しないと思います。
余裕についてはわかりずらくて当然です。私は義務感は良くないというのは明確ですが
その反対というと?と考えて余裕としました。
どうすれば余裕が持てるかというよりも義務感を持たないことと理解してください。
また、あなたを今回私たちが傷つけたことについてお詫びします。
最後のコメントなどと言わず、気持ちが落ち着かれたら是非またコメントください。
何をしても失敗してしまうような怖さ、悪気などまったくないのに誤解される怖さ、
私の中にもまだ少し残っています。この怖さこそがひとを思いやることにつながると
思うのです。私はこんな気持ちを持ったまま、完治したと公言しています。

2010.04.18 Sun 15:43 URL [ Edit ]
ヨッシーさんコメントありがとう Posted by けん
精一杯やったのに結果として思うようにできなかった。
これは私も堪えましたね。
それをいつのまにかひとりで被ってしまうんですよね。
コミュニケーションを取るのも下手でしたしね。
今は変わりましたよ。
日の当たるところでの仕事、私もないと思っていました。
当たろうが当たらなかろうが地道に無理せずこなすだけです。
2010.04.18 Sun 15:50 URL [ Edit ]
ひろすぃさんコメントありがとう Posted by けん
そうですね。
達成感、そして褒められたい欲望、みんなから羨望の眼差しで見られたい。
自分の限界を知らなかったために私は病気になりました。
今後は人生を楽しみながら仕事でも少しだけ評価されれば幸せです。
2010.04.18 Sun 15:54 URL [ Edit ]
のんのんさんへ Posted by まえぴょん
私もごめんなさい。
ちょっと書き方がきつかったかも・・・

健さんのブログを遡って頂ければご理解頂けると思うのですが、世の中には人を攻撃せずにはいられな方もいらっしゃるようで、最近までいろいろあったんです。

健さんファンの私はとてもつらい思いを沢山しました。
それゆえに神経質になっていたと思います。

社会性がない、と落ち込むことはないです。こちらものんのんさんと同じ病気で苦しんでいる者です。私も記憶力が低下しています。判断力もです。だから、のんのんさんの孤独感、辛さは理解できるつもりです。

いろいろなプログがありますが、のんのんさんが健さんのブログを見つけられたのはとてもラッキーだったと、きっと思えますよ。
是非、健さんの言葉に耳を傾けてみて下さい。
損はさせません(笑)
良かったら、健さんの過去の記事も読んでみて下さいね。
私は沢山励まされましたよ。
2010.04.18 Sun 17:05 URL [ Edit ]
諦めの境地かぁ... Posted by なの
>うつ病が治った基準を...

認知療法の本(いやな気分よ、さようなら)を思い返すと
・評価のモノサシを他所(自分の感覚以外の)に求める⇒承認依存
・治ろうと努めているのだから見合った成果が欲しい⇒業績依存,報酬依存
だ...。まだ「うつ」が作り出す自分の中の詐欺師に翻弄されてる...。

自分の回復状況を深く分析して思い悩む(しなくていいのに)だけのエネルギーが戻ってきてるという事なんだろうけど(そう信じたい)...。
まだまだ「やる気」のでない時間の方が多く、そんな時に詐欺師のささやきにそそのかされ、「実は悪化してるのでは...何か治療・闘病方法が間違ってるのでは...」と。
(残業できるタイミングを考えていること、おこがましい...)

そんな「やる気」のでない時間...できることさえ「やる気」がなく手につかない気分への対処法、やり過ごし方でお勧めなどありましたら、記事のテーマに希望します。
(職場で、机に突っ伏したままとか、休憩所の主になる、というわけにもいかないもので...)


>のんのんさんへ

うつ病の症状として、他者否定・自己否定が強まることが往々にあるそうです。私もそうです。
考え方が偏ったりブレたり、表現が上手くなかったり、というのは健康な人でもあること。
それで、そういった事が酷くなるすること(思考力の低下)は「うつ病」の症状です。
「高熱でボォーとしてたんだ」位に自己への否定を緩めてあげることをお勧めします。
(自分も上手く出来てないことを勧めるのは恐縮ですけど...)
2010.04.19 Mon 18:54 URL [ Edit ]
休職について Posted by 鈴
はじめまして、鈴と申します。うつ病の薬を貰いながら仕事をしていますが、最近仕事の量も増えて裁量も急に広がり、限界を感じています。休職を考えていますが、先生から診断書をすぐ書いてもらえるかどうか不安です。管理人様が休職の診断を受けた時のお話や先生とのやりとり等、差し支えない範囲で教えていただければありがたいです。突然の質問大変失礼しました。
2010.04.19 Mon 22:19 URL [ Edit ]
まえぴょんさんコメントありがとう Posted by けん
のんのんさんへ

ご覧のようにまえぴょんさんも私も同じ気持ちで今ではのんのんさんが許してくれるならば
同じ苦しみを持つ仲間として受け止めたいと思っています。
重いことなので100%受け入れる力量が私にあるか疑問ですが気持ちは持ち合わせている
つもりです。よろしくお願いします。
2010.04.19 Mon 22:38 URL [ Edit ]
なのさんコメントありがとう Posted by けん
> そんな「やる気」のでない時間...できることさえ「やる気」がなく手につかない気分への対処法、やり過ごし方でお勧めなどありましたら、記事のテーマに希望します。
やる気がでないこと=悪ではありません。
なのでやる気が出ないのは放っておかれるのも良しとしましょう。
やる気が出ないのに、出る方法などないと思って間違いないです。
やる気が出ないのはまだ時期早しょうだということでしょう。
もう少し待ってみてはいかがでしょうか。
2010.04.19 Mon 22:44 URL [ Edit ]
鈴さんコメントありがとう Posted by けん
>管理人様が休職の診断を受けた時のお話や先生とのやりとり等、差し支えない範囲で教えていただければありがたいです。

私の場合はまともに歩けないくらいだったので、更に入院もしていましたし判断が入る余地が
ありませんでした。

本題に戻るとあなたの休職したいという理由が希薄な印象があります。
今のまま、休職して悔いは残らないのでしょうか。
もう少し、休職しなければいけない理由を明確にして話し合われたほうが妥当とおもいます。
2010.04.19 Mon 22:49 URL [ Edit ]
こんにちは。 Posted by じゅんこ
いつも拝見させていただいています。

けんさんが書かれている仕事以外の時間が充実したら

余裕が生まれたとは、具体的にはどういったことをされたのでしょ

うか?私はうつ病から回復し、仕事は短時間ながらできるように

なりましたが、いまだに余裕が出ません。うつ病前も父に「おまえ

は仕事だけだ」なんて言われてたほどです。それで仕事以外の

時間について考えています。仕事以外の時間も仕事のことを考

えてしまいます。

けんさんのように仕事以外で充実したいのですが方法がわから

ないのでなんでもいいのでアドバイスお願いします。
2010.04.20 Tue 14:16 URL [ Edit ]
鈴さんへ…休職について Posted by ヨッシー
鈴さんへ
はじめまして、こんばんは。
私は休職後、半日勤務している者です。

「うつ病の薬を貰いながら仕事をしていますが、最近仕事の量も増えて裁量も急に広がり、限界を感じています。」
とありますが、まずは職場に、そのような仕事が無理な旨
伝えられましたでしょうか。
職場に伝えれば、軽い場所への配置換え等を考えてくれる
かもしれませんよ。
それでやり過ごせれば、一番ではないでしょうか。
私の会社では休職暦は記録され、一生消えるものでは
ありません。
なってしまったものは仕方ないのですが、上昇志向で
あった私には、この辺は今でも何とかならなかったかと
思うことが時々あります。

さて、休職に際しては、個別でもいいのですが、
医師と職場と本人の話し合いも、重要です。

私の場合、職場には相談してみたものの、暫くは無理との事。
不眠が酷かったので、医師に相談する事にしました。
医師の診察の前にアンケートみたい物に答えて、
心理士の方との面談、最終的に医師と面談しました。
不眠、億劫感、仕事に対する嫌悪感、疲労感を伝えました。
結果は、十分「うつ病」(抑うつ状態を超えている)
に該当するので、医師の方から休養を勧められました。
診断書をもらうだけ貰って、結果と休職しても業務上組織として
問題ないか(仕事が回るか)を職場の上司に相談し、
休職する事とした次第です。
その後、上司と何回か病院へ行き、半日程度であれば、
復職可能という事で、現在に至っています。

どんな仕事もこなせる「スーパーサラリーマン」はそうは
居ません。
もし、仕事の現状を会社に相談していないのであれば、
相談し、最後に休職だと思います。
復職の時も関係してきますので、くどいようですが、
医師と職場と本人の話し合いが、重要ですよ。
2010.04.20 Tue 20:46 URL [ Edit ]
じゅんこさんコメントありがとう Posted by けん
> 仕事以外で充実したいのですが方法がわからないのでなんでもいいのでアドバイスお願いします。
記事でお答えしますね。
2010.04.21 Wed 07:22 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/418-a7594a04

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。