いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 告白 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.21 Sun
告白
うつ病になった時、調子が悪いことを告白できませんでした。

会社が合併して仲の良かった先輩と別の部門になり、仲の良かった上司も別の部門へ行って

しまいました。

部下の半分は新しい部下で、残りの部下には弱みを見せなかったのです。

こうして、誰とも必要最低限もしくは、叱る時にしか会話がない状況に追い込まれていきました。

家内は出産前後で寝る間もないほど疲れていて余計な心配を掛ける事が出来ませんでした。

たまに先輩と社内であっても自分は意識していない中で、元気がない、活躍を聞かないなどと

言われてもあまり実感もわきません。

そうしているうちに、どんどん立場は悪くなり、失敗を繰り返し、上下どちらとの関係も

悪くなっていきました。

次第に失敗のイメージが強くなり、会議の資料を作るのが本当に辛くなりました。

今の状況をなんとかしなければと思うのですが、何のアイデアも浮かばないのです。

間違っていようが、多少無理な作戦だろうが今まではアイデアはありました。

見る見るうちに元気がなくなっていきました。

家に帰ってもみんなの明るい顔を見ていると何も言えなくなりました。

自分は幸せなんだ。この幸せを壊してはいけないんだ。

会社へ行き続けなければいけないんだ。

まだ会社にいっている12月の頃、奥さんから急に電話がかかってきました。

今日、テレビでうつ病の特集をやっていてその症状がパパと同じなんだ。

すぐに医者に行って。

「ああっわかった。」

フラフラしながら2駅先の診療内科へ行きました。

やっぱり結果はうつ病、それもかなり重症と言われました。

結局、その後も体調が悪く、日に日に痩せていきました。

すべて自分が悪いと思っていましたが、やっぱり奥さんには言えませんでした。

休職して、更に痩せて、頭がおかしくなり、最後の最後に「全部、自分が悪かった。諸悪の根源は

自分だった。」と奥さんに告白しました。

そしてこんな人間と結婚させてしまってすまなかったと謝りました。

今、思えば、うつ病の作戦にまんまと引っ掛かり孤立して自分の苦しみ、状況を告げなかった

ことがここまで事態を深刻にさせてしまったように思います。

うつの状況で本当のことを言うのは勇気が要りますが、信頼がおける同僚や家族がいれば、

話しておくべきだったなと思っています。

自分の弱さを晒すことも人間らしいことと言えると思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
強い人は大変ですね。 Posted by LL
私は、強くないんで、メンタル病を表に出してます。最初の上司は隠して
穏便に復帰させようとしたようですが、その上司が休職で消え、別の上司がやってきて、        「俺は心の病なんて見えないものは、俺信じない」「頭痛だったら見えるから解るが」
「文句があったら、診断書もってこい。」「お前と、母親がうつでどうなろうと、会社は、どうでもいい事だし、便宜は一切図らない!」
と言われたんで、産業医と主治医で、押さえ込みましたが、翌年
やはり、追い込まれて休職状態になりました。今は又、違う上司ですが..下は下で、職制に振り回されます。
毎度、いろんなネタで、会社という物と絡んだ内容なので、大変興味深く読ませて頂いてます。
2010.03.22 Mon 00:36 URL [ Edit ]
LLさんコメントありがとう Posted by けん
私の何倍もの苦労をされていること、お察しします。
酷いことを言われて傷つかれたことと思います。
医師と良く連携され、復職されることを望んでいます。
2010.03.22 Mon 09:54 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.23 Tue 14:29 [ Edit ]
Rさん鍵コメントありがとう。 Posted by けん
> けんさんのブログ、私と同じだと感じる部分が多く、興味深く読ませて頂きました。
そうですか。何の参考にもならないかも知れませんが同じ境遇というのは安心できるものだと
私は思います。
また見に来てくださいね。
2010.03.23 Tue 19:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/407-a13187a9

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。