いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 責任感と言う無責任 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.14 Sun
責任感と言う無責任
私は自分の復職経験、他人の復職を見ていて思うことがあります。

それはみなさん共通していることですが責任感が強いということです。

ある人は休んで迷惑を掛けた分、恩返しをしなければと言いますし、

ある人は役職に負けない仕事をしなければと言いますし、

ある人は休んで遅れた分を取り返さなければと言います。

当然、無理を承知でがんばり、果ては再度休職するわけです。

これってがんばっていることになるんでしょうか?

責任を持っているということなんでしょうか?

再度休職するということは止むを得ないことです。

出社してみないとやれるかどうかわからないのですから。

でも、病気になって、そのために休職して、心も体も疲弊しているのに、100%治っていない

のに無理をして出社するわけです。

本来の仕事をする能力をもってしても病気になったのに、50%とか70%の能力で職場に戻って

120%働いたら再発するのは明らかです。

仕事うつは仕事をこれ以上すると死んでしまうかもしれないと体が感じると自衛策として発症する。

そんな風に私は思っています。

病気になる危険性を顧みないで復職後すぐにがんばるのは、とても無責任だと思います。

再発すれば職場のみんなにも、そして誰よりも大切な家族に対して無責任です。

また、うつ病のひとは実は自己中心的だと思います。

仕事の出来る上司、仕事の出来る仲間、尊敬できる父親、頼りになる先輩、そう思われることを大事に

しています。

健康な時は、それも良いことだと思いますが、一度ちゃらんぽらんな人間を演じきってみては

どうでしょう。

私は「課長 島耕作」ではなく「釣りバカ日誌」の「ハマちゃん」をイメージしています。

あのひとは仕事は出来るけれど息が詰まると言われているかも知れません。

あのひとはいい加減に見えるけれど、チームをまとめたり、職場を明るくしたりしているね。

みんなが神経を使うよりもみんなが安心できるような雰囲気をつくる。

そんなひとになりたいと思っています。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体
復職    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.15 Mon 01:50 [ Edit ]
Posted by かりゆし
ホントにそうですねえ。
私も自分がかわいくてならなかったのです。
大切な人を大切に出来なかったのです。人の目ばかり気にして。

ヤマト運輸の創業者の方が、「人事は本当に分からない。その人が直接仕事が優秀でなくても、その人のおかげで職場が和やかで活気があることもあるんですよ。」みたいなことを書いておられました。
うつになった経験が役に立つこともあると思います。
2010.03.15 Mon 16:25 URL [ Edit ]
Posted by サンタのおかあさん
健さん、仕事お疲れ様です。

この記事を読んで昨日から考えていたのですが、健さんが言われるようにこの病気になる方は
責任感が強く、真面目で、がんばり屋さんの人が多い。
人に迷惑かけたくないと、一生懸命がんばってしまう。
その結果が病気の悪化・再度の休職ということになり、自分や家族を再び苦しめることになる。
わたしは「無責任」という言葉で表すのは少しキツイのではないかと思いました。
自己を振り返り「無責任」というのはかまいません。
健さんがひとりでも多くの人に、早く治ってほしいという気持ちはとてもよくわかります。

わたし自身とても環境の変化に弱く、すぐ頭痛がしたり口内炎ができたりします。
病気になって人生が激変し、さらに復職するということはほんとうに大変な道だと思います。
復職されたら健さんが書かれているように「がんばらない」ことが大切だと思います。
初めは朝起きられればよい。
会社に行ければよい。
デスクに5分座っていらればよい。

無理をしないで、前の自分と比較しないで大波を乗り越えられたらと思います。
自分の持っている力の7とか8割で動くような感じで。
疲れやすいので休みましょう。

言葉の使い方は人それぞれですが、病気で心が沈んでいる人、家族が病気の人の中には「ちがう、ちがう」と感じた人も多いと思います。

わたしは「実は自己中心的」な人とは思えません。
ほんとうに自己中心的なひとはこの病気にならないのでは、と思っています。
まわりの人に気を遣ういい人のように思います。
望ましい社会人、夫や妻、子どもでありたいと思う気持ちが強く、知らず知らずにがんばってしまうのではないでしょうか。
「実は自己中心的」という言葉も自分自身を振り返って使われるのならいいのですが、妥当な感じがしません。
みんな自分はかわいいのではないですか?
もちろん強・弱ありですが。
だから生きていられるのですよね。
だから人から何か言われればおもしろくない。

健さんが変わられて、仕事や家庭生活でのエピソードなどを話していただけると、読み手も具体的なイメージが湧くのではないかと思いました。
乱文ですみません。

ブログはこれからも読ませてください。
ありがとうございました。
2010.03.15 Mon 21:05 URL [ Edit ]
Posted by デュオ
まだ復職できていない身ですが,自分のことを言われたようでぎくりとしました。
「一生懸命(空回りでも)頑張ってる自分」に酔っていたのかもしれません。
発病直前は,とことん仕事を抱え込み結局みんなに迷惑をかけていました。
「釣りバカ日誌」のハマちゃん,良い目標だと思います。
もともとが結構神経質なので,どこまで演じられるか不安ではありますが・・・。
気付かせてくださり,ありがとうございます。
今は復職に向けて馬車馬のように(?)あれこれやっていますが,もう少し肩の力を抜いてみようと思います。
復職してから燃え尽きないように。
2010.03.15 Mon 21:59 URL [ Edit ]
Mさんコメントありがとう Posted by けん
たいへんだと思いますが何が大事か、どうすることがベストか
責任感は大事だけれど安定して会社にくることとが大事です。
そのためにどうするのか考えてくださいね。
2010.03.15 Mon 22:08 URL [ Edit ]
かりゆしさんコメントありがとう Posted by けん
ごめんなさい。厳しい言い方で。
でも最も良いことはなにかを考えてください。
自分のプライドよりも大事なものはあるかもしれません。
2010.03.15 Mon 22:11 URL [ Edit ]
サンタのおかあさんコメントありがとう Posted by けん
今回の記事の内容、私の言い方には反対ですか?
私も責任感はあったほうが良いと本当は思っています。
短期的に責任を感じて出社しても長期で責任を果たさなければ意味がないと思います。
サラリーマン人生は長期です。
半年間休んでもその後20年休まないことを選んで欲しいということです。
結局無理をして潰れてしまったら大事なひとに迷惑を掛けてしまいます。
それを避ける重要性を認識して欲しいのであえて無責任という言葉を使いました。
不快にさせてしまったらごめんなさい。
2010.03.15 Mon 22:17 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.15 Mon 22:29 [ Edit ]
Mさんコメントありがとう Posted by けん
> 「責任感という無責任」
私も表題としては気に入っているんですけれどね。
責任を感じすぎて休職してしまうと結果として無責任になってしまうので体は大事にしてね。
そういうメッセージなんですが、軽すぎるのかもしれませんね。
でもツッコミがくることは狙いに近づいていると考えれば良いことです。
ニガ笑いのコメントもありましたから10人くらいは反応したのではと思います。
Mさんもまず、長期的な責任感を大事にしてください。
2010.03.15 Mon 23:37 URL [ Edit ]
デュオさんコメントありがとう Posted by けん
結局、無事これ名馬なりという言葉があります。
短期で活躍するよりも長期でそこそこ活躍することが大事です。
自分が活躍するよりも回りや後輩が活躍しやすい環境をつくることも大事だということです。
また、ウサギとカメの例えもあります。
今はゆっくり進んで慣れてきたらトップに躍り出る。
そんなことを想像してわざとゆっくり歩き、ゴール前に抜き去る方法もあります。
2010.03.16 Tue 08:04 URL [ Edit ]
心にしみました Posted by BOSSANOVA
復職して10ヶ月、年度末の忙しさに全くついてよけず苦しんでいます。
そんな中、いつも愛読させてもらってますが、今回の記事は特に心に響きましたので、思わずコメントしてます。
と言ってもうまくコメントできませんが、一言だけ。
何度となく心の支えにさせてもらっています。感謝しています。ありがとうございます。
2010.03.16 Tue 11:00 URL [ Edit ]
Posted by サンタのおかあさん
きょうも仕事お疲れさまです。

記事の内容・意見に反対ですか?ということですが、
このところはほんとうにそうだな、と思うところもありますし、
この点は自分の思っているのと違うな、ということです。
なんかうまく表現できなくてすみません。

不快な気分にはなりません。
2010.03.16 Tue 21:06 URL [ Edit ]
BOSSANOVAさんコメントありがとう Posted by けん
心にしみました。は私の心に沁みましたよ。
ありがとうございます。
2010.03.16 Tue 21:39 URL [ Edit ]
サンタのおかあさんコメントありがとう Posted by けん
自分の心とあってるな、合っていないな。
当然だと思います。
ひとそれぞれだし、今日は良くても明日はいやな言葉に思えるかもしれません。
見知らぬあなたにそう思われるのも凄いことです。
2010.03.16 Tue 21:42 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.16 Tue 22:10 [ Edit ]
Mさんコメントありがとう Posted by けん
本人に聞かなければわかりませんよ。
そのためにはあなたも心のうちを話すことです。
先へ進むチャンスと捉えてください。
2010.03.16 Tue 23:11 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/404-38869d19

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。