いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 重病の方がうらやましいと思った時 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.12 Fri
重病の方がうらやましいと思った時
このような表題をつけてごめんなさい。

この理由を説明させてください。

私は神経科へ入院してその後退院しましたが、決して改善した訳ではありませんでした。

もう自分には完全に失望してしまい、できることならば消えてしまいたいと思っていました。

しかし、母親からも奥さんからも「親がそうすることは子供に自分が原因だと思わせることなのよ」

そう言われても、がんばろうとも思えず、消えることも許されない。

どうしたら良いんだろうと思いながらドラマを見ていると、主人公の父親が癌で余命3ヶ月です

と医者から宣告されている場面を見たときに冒頭の「癌で亡くなる患者さんがうらやましい。」

あと、3ヶ月でこの現実から消え去ることができるなんて。

病気なんだから家族も納得してくれるし、世間体も悪くない。

こんな罰当たりのことを考えて、次にうまく交通事故で消えられないだろうかと考え始めました。

でも相手の人が可哀想だから交通ルールを守らないような悪い人に衝突したいなんて思いました。

ただ、一気に消えられれば良いですが、大怪我をして下半身不随で生き残ったらどうしようなんて

考えて実行することはありませんでした。

とにかく、世の中すべてがうらやましく思えるのです。

それに比べて自分はなんてだめなんだろうと考えてしまうわけです。

復職を果たしてからはそんな考え方はまったくしなくなりました。

今回言いたかったのは今が最悪と思っているかもしれないですが、本当はそれほどの状況でも

ないのです。

これはうつ病の歪んだ見方で物事を判断しているからなのです。

そして歪んでいることがわからなくなるのです。

自分では論理的に考えて復職できないと判断していても、歪みが取れれば復職できると思えるのです。

周りの人はそのことを知っています。

歪みが取れれば治るはずなのにと。

周りの人が心配しているのは歪んだ見方が取れるかどうかです。

うつ病は脳という体の一部がストレス等で疲れてしまい、ストライキを起こしているようなものです。

焦れば焦るほど、脳は疲れを増していきます。

何をすれば、のんびりした雰囲気になれるのか工夫してください。

脳を休ませることができれば、治りは早まると思います。

映画でも、本でもスポーツでも良いと思います。

仕事うつならば、仕事のことを考えないように何か好きなことをするべきです。

家族のみなさんも大変ですが、本人の気持ちがゆったりできるよう、焦らずに見守ってあげてください。

最後に当初の表題は行き過ぎでしたので訂正させていただきました。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

その中から、少しのひとで構わないので共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(11)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
記事タイトル Posted by みき
こんにちは。おひさしぶりです。
どのような内容であれ、記事タイトルはその記事の内容を
現すものです。
「癌患者がうらやましい」とは、癌患者で苦しむ方々にとり、失礼ではないでしょうか。
読者は、タイトルでその記事に興味をもちます。

「ブログの使用上の注意」とか「うつ病は治らない」とか。
最近の健さんは、目立つ見出しをつけ、物議を醸し出して
いるように見受けられます。

記事タイトルは、記事内容を凝縮させたものということを、
忘れないでいただきたいです。
ランキングに棲む魔にやられませんように ^ ^
2010.03.13 Sat 03:58 URL [ Edit ]
しめさばさんコメントありがとうございます。 Posted by けん
注意事項私だけの肝に銘じておきます。
2010.03.13 Sat 11:55 URL [ Edit ]
みきさんコメントありがとうございます。 Posted by けん
ご指摘ありがとうございます。
仰るとおり、たいへん失礼であることと認識しています。
うつ病になるとここまで考えが歪んでしまうということをお伝えしたかったのです。
私は本当にそう思っていたのです。もちろん今は違います。
そのくらい、本来の自分とは違ってしまうということです。
ご家族がうつのご主人がいったことを真に受けて苦しむことがよくあります。
でもそれは本意ではないということを伝えたかったのです。
物議をかもしているかもしれませんが、本当のことなのです。
そういう点ではみきさんがいう内容をタイトルに凝縮しているかと思います。
表題ではなく、「癌患者をうらやましい」と考えた私の考えが許せないというのが
あるのではないでしょうか。
私も当時の自分の考えを許せません。だけどそう考えてしまう怖い病気です。
記事の内容ではなく、人間として許せないと思われてしまうことも覚悟しています。
2010.03.13 Sat 12:54 URL [ Edit ]
Posted by -
私もけんさんと同じように癌の人を羨ましく思っています。
復職した今でも、そう思うことがあります。

心の病気は目には見えなく、周囲の人に理解を求めるのは非常に困難です。
癌ならば、絶対の説得力で周囲の方の理解を得ることができるでしょう。

同じ死につながる病なのに不公平な気持ちになります。

けんさんの記事をよんで、同じ考えを持った方がいるということが分かり、私だけではないのだと勇気づけられました。

ありがとうございます。
2010.03.13 Sat 13:46 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.13 Sat 16:01 [ Edit ]
圭さんコメントありがとう Posted by けん
> どうか、タイトルの変更をお願いします。
はい、替えることにしました。
みきさんや他の方からも言われていますし、自分の立場だけ考えて他の病気の方の
気持ちを考える配慮に欠けていました。
今後は気をつけたいと思います。
2010.03.13 Sat 17:21 URL [ Edit ]
Qさんコメントありがとう Posted by けん
> 私もけんさんと同じように癌の人を羨ましく思っています。
Qさんも同じように思ったことがあるんですか。
今回の記事はみんなが引いてしまうかなとも思いましたが同じように思う方、
他にもいました。

ただし、今はそんなこと決して思っていません。
やっぱり間違っていました。うつ病がそう思わせていたのです。
憎むべきはうつ病です。
2010.03.13 Sat 18:08 URL [ Edit ]
Posted by ラッキー
>表題ではなく、「癌患者をうらやましい」と考えた私の考えが許せないというのが あるのではないでしょうか。

これは不特定多数の方に向けての発言で、特にみきさんを指しているものとは読めませんでしたが。

内容が表題に凝縮されているがゆえ、表題が許せない=内容(そのような考え)が許せない、ということを指していると思います。

自己弁護は聞きたくないとのことですので、実際の意図がどうだったのかは伺えないでしょうけど。
文章は受け取る側により、色々誤解も招くので難しいですね。

最近のタイトルも確かに挑戦的かと思われる時もありますが、批判!?に負けていない健さんを感じて、逆にホッとしています。

自己弁護もしつこい批判を受けての結果ですよね。
何をどう書かれても結局は批判は免れないのではないでしょうか。
気にされず、ご自分のペースで書かれてくださいね。



2010.03.13 Sat 23:19 URL [ Edit ]
Posted by オリーブ
内容を読めば、けんさんの真意はわたしには充分
伝わりましたが。。
みんなに読んでもらうものとはいえ、
あくまでも自分のブログなのですから
内容ならともかく、あんまり反論するのも
どうかなと思います。
うつ病のブログでは、そういうことがよくありますが、
躁鬱病のブログでは、そういう反論はめったにないです。
みんな、病気の中を書いているので、それぞれの意見を
尊重してのことだと思います。
自分の一言で、いくら正しいことをいっても
その人が、傷つくと思ったら、
文句いいたくなるような内容でも、
見て見ぬふりをしています。
他の躁鬱病の方はわかりませんが、
みなさんが思いやりあっている気がします。
鬱病のほうでも、そうだとはおもいますが。。
2010.03.14 Sun 02:06 URL [ Edit ]
ラッキーさんコメントありがとう Posted by けん
まだまだ修行が足りない身、日々精進です。
みなさんに受け入れられる日は来るのでしょうか。
優しい言葉は蜜の味、我慢して精進です。
2010.03.14 Sun 20:39 URL [ Edit ]
オリーブさんコメントありがとう Posted by けん
みなさん、私が書いている日記を見ても良いですよ。
その代わり文句言わないでね。それがブログです。
と思ったら大間違いです。
あんまり文句言われるならばもう見せません。
どうしても見たいならば黙っていてね。
と言うのも大人気ない。
文句が出るのは進化の過程、きっとすばらしい答えが見つかることでしょう。
2010.03.14 Sun 20:46 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/403-6e30983e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。