いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 開き直る いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.28 Thu
開き直る
私の場合と考えて読んでください。

自分がうつ病だと認識しないまま、1年近く就業を続けていました。

もうすぐ3月末になって苦しい予算から開放されれば少しは楽になる。

なぜかそう考えていました。

しかし、4月になれば新しい営業予算が始まりました。

苦しいけれどもう少し頑張ればゴールデンウィークになる。

そうすればゆっくり休める。

しかし、いざゴールデンウィークになってもその後は同じ苦しさを味わうことになる。

そんなことさえわかりませんでした。

そして精神的にも肉体的にもボロボロになり休職してしてしまいました。

その後も苦しさは増すばかりで入院までしました。

退院してからも歩くのもやっとの状況で鏡で見た自分の顔にびっくりしました。

10歳以上年をとったように老け込んでしまい、髪の毛も抜け、地肌が見えていました。

絶対に復職などできるはずがない。

また、この時でさえうつ病という認識はなく、すべて自分の行動や精神が招いた結果であると

感じていました。

そしてその愚かな考えはどこまでも往生際が悪く、まともに働いて生きていく自身がまったく

ありませんでした。

失業して今の生活レベルを落とすことにたいへんな恐怖を感じていました。

怖くて怖くて毎日怯えて過ごしていました。

今思えば、その後薬の効果があり考え方を変えることに成功したのです。

あと、半年、一年して本当に仕事をなくし、家を無くすことがあっても最悪死ぬだけだ。

それ以上悪いことは起こらない。

本当にそうなったら、そうしよう。

でも、それまでは少しでも明るく生きよう、家族に楽しい思い出を残そう。

惨めな姿ばかり見せるのはやめよう。

それからしばらくして、本当に気持ちが明るくなる日がでてきました。

治ってきたから開き直れるのか、開き直れたから治ってきたのかはわかりません。

先のことは分かりませんが、今を少しでも楽しくすることが大事だと思います。

ちなみに今は顔も髪の毛も元どおりです。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

そして、少しのひとに共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
“今を認める”勇気 Posted by しめさば
かかりつけの主治医には『貴方は物事を複雑に考え過ぎ』と指摘されたことがありました。経済状況云々より決められた予算を達成出来ず、敗北感にうちひしがれた時、何をやっても駄目なんだ、という『学習性無力感』に捉えられたものでした。
どんなにだめ人間を自覚しても、中途入社でそれなりに数字を挙げたからこそ、管理職に登用されたのだ、という思いがかたくなに発想の転換を拒み、弱い自分を認めたくなかったのでしょう。それでいて評価されたいなんて欲があったので、身体と心が現実との矛盾やギャップにバランスを崩しのでしょう。
2010.01.29 Fri 00:33 URL [ Edit ]
質問してもいいでしょうか。 Posted by ぴあの
すみません、もし過去記事にあったらごめんなさい。

自分がうつ病だと認知しないで働いていた頃、
気持ちだけでなく、何か身体的にいつもと違う事がありましたか?

例えば食欲が落ちるとか、よく眠れなくなるなどのような・・。

娘も恐らくそれと気づかず過ごした日々があったと思うのです。
今、振り返れば、あれもそうだったのか、と思い当たる事があるのです。
当時はまったく親も気づきませんでした。

周りで気づいてあげるにはどうしたらいいのかなと思いまして・・。
2010.01.29 Fri 12:00 URL [ Edit ]
理性を制御しようとしない(HNを妻子持ち会社員から改め) Posted by なの
>考え方を変えることに成功...

これがナカナカに難しいと感じる昨今。

>『貴方は物事を複雑に考え過ぎ』...『学習性無力感』...

私もそんな状態を自覚しつつも、気を逸らせられたり/られなかったり...。


つい最近、共感した文言。
『感情はコントロールできるけど理性はコントロールできない...』
...アニメ「化物語」DVD第4巻のオーディオコメンタリからです。
身体的回復から遅れる精神的回復、合点のいかない自分に自問自答...そして落ちていく...。
理性が暴走してるんだなぁ、なるほど制御不能だ、と。


小生の一つ目のバイブルからのウケウリ(少しアレンジ)です。
・うつ病は、危機的状況から生命を守るための最終防衛プログラムが発動した状態。
 このプログラムは進化の過程で獲得したものと考えられる。
・危機的状況、例えば外敵を近くにして寝たり気を抜いたら生き残れない(だから不眠、不安)、
 負傷等で弱った時は巣にこもり動かない方が生き残りやすい(だから外出拒絶・活動拒絶)、
 生き残るために常に最悪の事態を想定する(だからネガティブ思考)、等々。
・"最終防衛プログラム"なので容易に停止しない(そういう慎重な種が生き残った)。
・つまり、今苦しんでいる症状は、その"最終防衛プログラム"が"正常"に作動している状態。
 それを強制停止しようとしてアレコレ考え悩むことは、知的進化がもたらしたバグの様なもの。
 上手く気を逸らして(バグを回避して)、のんびりする(時間を見方にする)ことが最良策である。


理性が暴走するのは、わざわざ自らバグの上を行ったり来たりするからなんだ
...、と落ちている時にもサラッと流せたらなぁ。
2010.01.29 Fri 20:12 URL [ Edit ]
ぴあのさんコメントありがとう Posted by けん
身体的に違うところはやはり眠れなかったということです。
精神的に辛くて仕事のことを考えてしまうので携帯ラジオにイヤホンを付けて
聞いていました。
早朝覚醒もありましたし、周りやお客様からも痩せたね~と言われました。
自覚はなかったですが元気がなく見えるというのも良く言われました。

落ち込んだ状態が2週間以上続いたらうつ病と言います。
気持ちが切り替わらない症状です。
おそらくこれが一番解りやすい変化だと思います。
2010.01.29 Fri 22:37 URL [ Edit ]
なのさんコメントありがとう Posted by けん
> ・うつ病は、危機的状況から生命を守るための最終防衛プログラムが発動した状態。
この感覚わかります。
ひどいストレスや過労から宿主を守るためにうつ病が発生すると考えています。
過去の記事に書いたところ、本当に過労死から助けられたという方がいました。
2010.01.29 Fri 22:40 URL [ Edit ]
しめさばさんコメントありがとう Posted by けん
コメント遅れてごめんなさい。
何事も無理は禁物です。
それがわかればもう大丈夫なんじゃありませんか。
2010.01.30 Sat 17:36 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/387-12edca6a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。