いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 存在価値を求めない いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.17 Sun
存在価値を求めない
うつ病になってからどうしても自分の存在価値を考えてしまいます。

それは治った今でもたまにあります。

会社で担当している仕事には意義があるのだろうか。

会社に利益を与えているのだろうか。

同じグループの人の足を引っ張っていないだろうか。

プライベートでも趣味を持たない自分に存在意義があるのだろうか。

何か趣味をもてないだろうか。

家庭でも良き夫として存在しているだろうか。

良き父親として子供たちと接しているだろうか。

邪魔な存在になっていないだろうか。

ろくな資格を持たない自分はどうなのだろうか。

TOECだとか簿記の資格を取ったほうが良いのだろうか。

なんて考えると心配になってきます。

うつの時はもっとひどかった。

カラオケに行ったと聞いてはカラオケに一緒に行く友達がいて羨ましい。

ケータイで話している頭の悪そうな高校生を見ても話す相手がいるんだ。

だけど私にはいない。

こんな私は存在する価値がないと確信していました。

今でも、時々考えて不安になります。

しかし、存在価値とは存在する価値、生きているからこそある価値なのです。

どんなにりっぱな人でも死んでしまうと存在価値はなくなってしまいます。

それに世の中は常に存在価値があるひとなどいません。

会社ではうまくやっているが家庭ではだめなひともいます。

だいたい、うつ病はそのひとの存在を否定する気分にさせる脳の病気です。

そんな中で存在価値を見出せたらうつ病になんかなりません。

なくて当たり前、あったらおかしいと思います。

難しく考えるのはやめましょう。

人間以外の動物は食べることと子孫繁栄しか考えていません。

それでも存在価値はあるのです。

生きようとすること、それが存在価値です。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

そして、少しのひとに共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(19)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by ぴあの
生きがいとか、自分の存在価値とか、なかなか実感できないものですよね。
特に、私のような専業主婦は、毎日の生活そのものが
生きるということであり、誰に評価されるものでも、数字化できるものでもなく
気がつくと時だけが経っているように感じられ、空虚感が広がります。

ほんのちょっとしたことでいいから、貴方は必要ですよと、言って貰えれば
どれほど気持ちが安らぐことでしょう。
自分のそんな思いを大切に、人にも接したいと思っています。

娘には数え切れないくらい「大好き」を言いました。
今も言っています。きっと、そのうち煩がられるかもしれませんね。
言っているこちらも幸せになる、そんな言葉だと思っています。
2010.01.18 Mon 10:51 URL [ Edit ]
Posted by かりゆし
このブログと同じような事を思う時が何度もあって、その度に「病気が思わせてるんだ。」と、となえました。
今日も読んで安心をもらいました。
ありがとう!
2010.01.18 Mon 13:36 URL [ Edit ]
自分には何も出来ない感 Posted by 大地の歌
存在価値、私は「自分には何も出来ない感」と捉えています。
昨日、ある方にお会いして、自分が無価値であると思い込んでいること、人間は皆クズだと思っていることを知らされました。
これを取り除かないと、私の病気は治らないそうです。
2010.01.18 Mon 15:42 URL [ Edit ]
そうだとは思ってるんですけど・・・・ Posted by はちろーた
存在価値について悩まない。

まぁ、生きてるだけで
というか、生きてることで大丈夫といろんなところで
読んだり、言われたりしてますけど、

やっぱり悩みますね。

会社内でちょっとアンタッチャブルな存在になり
ほとんど仕事をしていない状態の私は特に。

今月末、来月頭が定期異動の時期なので
それまでの我慢と思っているのですが、
後二週間もながいなぁ・・・・

愚痴で申し訳ないです。
2010.01.18 Mon 20:00 URL [ Edit ]
Posted by MAYUMI
まさに、今わたしが悩んでいることに指標を与えてくださりありがとうございました。

「無価値な自分。生きる意味もない。消えたい」
最近、そんな気持ちになることがあり、そんなときはあわててその考えを打ち消そうとします。(最悪の事態にならないように)

ですが、「存在価値とは存在する価値、生きているからこそある価値」とのお言葉に励まされました。

これからも、ブログ訪問させてください。

2010.01.19 Tue 19:43 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.19 Tue 21:58 [ Edit ]
うわー痛いところ、突かれたよ♪ Posted by しめさば
結局、存在価値に不安を覚えるのは、『評価されたい』という欲求の裏返しなのですよね!?無心で取り組んで心地良い達成感と雑念のない疲労を感じた時は、『早く風呂に入って眠りたい』以外のことは考えない。でも、そういう感覚って月に一度あるかないなので、妙な打算、虚栄心、未達感みたいなものに翻弄されてしまうのですね。

ただ、そこには向上心のひとかけらがあるのだから、満更悪いものではないなぁ、と思えるようになりました。
2010.01.19 Tue 22:32 URL [ Edit ]
ぴあのさんコメントありがとう Posted by けん
わかりきっていても娘さんに好きということ伝わっていると思います。
2010.01.20 Wed 19:24 URL [ Edit ]
かりゆしさんコメントありがとう Posted by けん
> 今日も読んで安心をもらいました。
> ありがとう!
こちらこそありがとうございます。
2010.01.20 Wed 19:25 URL [ Edit ]
大地の歌さんコメントありがとう Posted by けん
> これを取り除かないと、私の病気は治らないそうです。

どちらが先かわかりませんがうつ病が治ればそう思わなくなります。
そう思わなければ治りが早くなると思います。
2010.01.20 Wed 19:26 URL [ Edit ]
はちろーたさんコメントありがとう Posted by けん
まあ、良いほうに展開するよう祈っています。
2010.01.20 Wed 19:29 URL [ Edit ]
MAYUMIさんコメントありがとう Posted by けん
> ですが、「存在価値とは存在する価値、生きているからこそある価値」とのお言葉に励まされました。
うつ病を経験してからうれしい度が上がった気がします。
2010.01.20 Wed 19:31 URL [ Edit ]
かずひろさんコメントありがとう Posted by けん
復職おめでとうございます。
治った方が読んでくださるのもありがたいことです。
鍵コメについて、こちらこそありがとうございます。
書く勇気をもらった気がします。
記事のアイデアもとっても良いのですが今後の検討課題とさせてください。
2010.01.20 Wed 19:36 URL [ Edit ]
しめさばさんコメントありがとう Posted by けん
> ただ、そこには向上心のひとかけらがあるのだから、満更悪いものではないなぁ、と思えるようになりました。

そうなんですよ。
悪いことも逆さから見ると良いことなんです。
その発想がうつ病のときは出てこないのです。
早く治るポイントだと思います。
2010.01.20 Wed 19:38 URL [ Edit ]
多くの共感に感謝、そして一つご教示ねがえれば Posted by 妻子持ち会社員
はじめまして。
各カテゴリを拝読、多くの共感、今の苦痛は通過儀礼なんだ、とひと安心させていただきました。

小生は製造業エンジニア、39才~現在で治療歴41ヶ月、重度の軽症うつ病(入院寸前という診断)から抗うつ薬断薬(でも3ヶ月目でうつの嵐に見舞われ、やむなく頓服)という過程にいます。

一里塚にしていた抗うつ薬断薬、身体的好調感とトレードオフする精神的不調感、そして、うつの嵐(自分自身の存在価値、今の世の中は存在を続けるほど価値があるのか、自問自答の堂々巡り)...
この様な流れも、「ありがち」なことなんでしょうか。
2010.01.20 Wed 22:05 URL [ Edit ]
妻子持ち会社員さんコメントありがとう Posted by けん
> この様な流れも、「ありがち」なことなんでしょうか。

今回の記事でお答えします。
2010.01.21 Thu 23:33 URL [ Edit ]
こんばんは^^ Posted by オリーブ
なんか、とても凹んでブログめぐりしていたときに、
この記事を読んで、涙がこぼれました。

誰も、認めてくれない。
唯一、やっぱり母親だけは、認めてくれていると
思いますが・・
いまは、自分の置かれている状況に孤立感を
感じています。
いっぱい、いっぱい泣いて・・・
だけど、生きてるだけでいいんだよって
いってくれてる気がしました。
ありがとうございます。
2010.01.23 Sat 00:10 URL [ Edit ]
オリーブさんコメントありがとう Posted by けん
そういう気持ちになってくれて良かったと思います。
こちらこそ勇気がもらえるコメントです。
これからもよろしくお願いします。
2010.01.23 Sat 17:34 URL [ Edit ]
存在価値とオリンピック Posted by はなこ
先日、「30ヶ条」に共感し、コメントさせていただいたものです。今日はとりわけ、本記事に強く共感しました。

今オリンピックが盛り上がっていますが、ニュースはもとより、Googleのオリンピック仕様ロゴを見るだけで、国を挙げての応援を受けるオリンピック選手に対し、強い劣等感を感じてしまいます。意識レベルではなく、脳が生理的に反応します。自分の存在価値のなさ (認知の歪みであることを望む) に罪悪感を抱いてしまいます。

オリンピック選手と自分を重ねるなんて、自分はいつから、こんな自己肥大的な人間になったのかと自己嫌悪にもなります。「これはうつ病の症状だ。休養が必要というサインだ」と思考を転換するように努めていますが。

私事になりますが、一昨年、鬱で休職し、半年後に復職しました。しかし再び、担当プロジェクトの不可抗力的な状況に「くそまじめに」立ち向かってしまったことで、昨年末から調子が悪くなりはじめ、ついに先週一週間、一日も出勤できない状態に陥りました。

このブログに出会ったときは、自責感、屈辱感、焦燥感、強い抑うつ感の嵐の中にいました。うつ病独特の「認知の歪み」が自分を苦しめていることは、理解しているつもりでした。それでも、状況を客観視し、質の良い休養をとることは、簡単ではありませんでした。このサイトの記事を読み、共感を繰り返したおかげで、鬱の悪化にブレーキをかけることができたように思います。

言葉には収まりきらないほど、感謝しております。長文失礼しました。
2010.02.21 Sun 03:52 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/382-2e2fb7aa

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。