いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 ついてない いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.09 Sat
ついてない
<前回の文章に適切でない表現がありましたので訂正して公開します。>

年末年始のように長期の休みがあると不安になってしまうがその後は至極順調です。

心に引っ掛かっていた仕事も次々とこなし、且つ良い方向にあります。

って本当なの?

そういえば最近すべてが順調に感じるのです。

前に似たようなことがあったと思い、良く考えると逆でした。

なにをやってもうまく行かない。

契約が取れない。

フォローに時間を取られる。

グループ内に活気がない。

すべて、だめなのです。

今までも3回良い事があれば1回悪いことがある。

そんなペースが10回悪いことが続き、1回も良いことがない。

今でも新規顧客開拓の営業に転属になったばかりなので契約ありません。

しかし、当然だと思っているので平気です。

あのころも新規開拓中心だったけれど予算100%やらないと死ぬんじゃないかと思っていた。

少なくとも昇進できない。

でも他の営業マンも同じ立場だったけれど平気そうだった。

笑い声があった。

自分にはなかった。

今考えると、自分が思っているほど状況は悪くなかった。

それが精神的に疲れてうつになってすっかり変わってしまった。

何が言いたいかというと、その苦境から抜け出すにはうつ病の治療に専念すること。

それに尽きると思います。

私の場合も成績を上げれば解決すると考えたり、お客さんのフォローを今以上にやろうと考えたり、

部下との関係を修復しようとしました。

するともっと落ち込んで、更に大きな失敗を生んでしまったりと悪循環でした。

休職してからもそのことばかり考えて後悔をずっとしていました。

休職して、うつ病の治療が進むにしたがって自分が病気だったことを認められるようになりました。

そしてだんだんに自分を許せるようになりました。

それから少しずつ事態は好転しました。

あたりまえですが事態を修復しようとする前に病気を治すことが重要です。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

そして、少しのひとには共感して欲しいです。

そして本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
気分転換    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
突っ走るときはどうしましょうか・・。 Posted by ぴあの
けんさん・・こんにちは。

お正月が終わって、やっと娘も前の状態にもどりました。
暮にドンと落ちてしまったことを伝えると
主治医はお薬を変えました。。また慣れるまで大変かな?
と思ったのですが、今のところ、ちょっと眠いほかは
そう変わりがありません。

けんさんのブログを読ませていただいていると、
娘にもこういう風に自分をしっかり捕らえてほしいなと思います。
たまに、じっくり話すのですが、結局、自分のしたい事があると
勝手に行動してしまって・・。

具合が悪いのを誤魔化してまで実行しようとするので
心配でなりません。
もちろん・・すぐバレますが・・(笑)
つまりは、うつ病を治すと同時に、大人にならないと駄目なんですね<我が娘
2010.01.10 Sun 00:43 URL [ Edit ]
そんな簡単に治るものならば Posted by K
初めまして。

いつもロムさせて貰っています。

でも、今回ばかりは、うつ病患者を冒涜しているかのような書き込みに黙っていられず…

>その苦境から抜け出すにはうつ病を治すこと。

誰もがそれを望んでいます。
誰もがそれを願っています。
でも、それが容易ではなく
でも、それが一筋縄ではいかないから。

だから、
苦しみもがいているのではないでしょうか?

簡単に一言で収まるように「治せる」のなら、
誰も苦労しませんよ。

2010.01.10 Sun 06:02 URL [ Edit ]
こんにちは。 Posted by 通りすがりのウシくん
確かにね、治そうと思って簡単に治せるものではないでしょうが、
でもね、「もうこのままでもいい」と、治す意思を持ってない人も確かにいますよ。
きっと治すことは苦痛も伴うのでしょう。治そうと思って頑張っても上手くいかないことにも苦痛を感じるのでしょう。だから、今の自分でいいって。
そして、自分は弱いのだから無理だと決めつけたり。

うつを治せる人とそうでない人の境目なのかなと、傍から見ていて思います。
2010.01.10 Sun 09:32 URL [ Edit ]
ぴあのさんコメントありがとう Posted by けん
> 娘にもこういう風に自分をしっかり捕らえてほしいなと思います。
> 勝手に行動してしまって・・。
> つまりは、うつ病を治すと同時に、大人にならないと駄目なんですね<我が娘

ご心配のことと思います。
でも治りかかっているせいなのかとも思います。
私は無理ができないくらい疲れていました。
娘さんのように波を繰り返しながら治るものです。
私は40過ぎで発病しました。
娘さんは若いのでしょうがないかもしれません。
2010.01.10 Sun 10:03 URL [ Edit ]
通りすがりのウシくんコメントありがとう Posted by けん
> きっと治すことは苦痛も伴うのでしょう。治そうと思って頑張っても上手くいかないことにも苦痛を感じるのでしょう。だから、今の自分でいいって。

> うつを治せる人とそうでない人の境目なのかなと、傍から見ていて思います。

確かに治りにくいひとはいると思います。でもそれはすべての病気に共通することです。
治ることを諦めない、信じる、それが大事だと思います。

2010.01.10 Sun 10:16 URL [ Edit ]
kさんコメントありがとう Posted by けん
> >その苦境から抜け出すにはうつ病を治すこと。
>
> 誰もがそれを望んでいます。
> 誰もがそれを願っています。
> でも、それが容易ではなく
> でも、それが一筋縄ではいかないから。

私の文章力がないために不快な思いをさせて済みませんでした。

うつ病は薬や睡眠、休息が治療に最も有効です。
そして症状として患者に精神的な苦しみを与えます。
苦しみの解決策ばかり考えがちですが、病気を治すことで精神的な苦しみも解決します。
だから治療を優先することが重要なのです。

私が書きたかったのはこのことです。

申し訳ありませんでした。
2010.01.10 Sun 10:24 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.10 Sun 15:11 [ Edit ]
Kさんのコメントに思うこと Posted by まえぴょん
私は、たくさんの方のブログめぐりをしているわけではありませんので、好き方のブログにこういう書き込みがあると、自分が責められているような錯覚に陥り、混乱したり、パニックになったりします。そうして、健さんがこのようなコメントをされたら、やっと安心できるのです。

ブログという架空の世界なのかもしれませんが、パソコンの向こうには必ず生きた人間の感情のある人がいて、その人が、操作しないかぎり、その人の意見や考え、感情は絶対に表に出ることはないと思うのです。

だから、架空の関係であっても、私は最低限の人としてのマナーと常識をもって接したいと思います。
それが人として当たり前なことではないのでしょうか?

「冒涜」という、言葉を安易に使っていいものなのでしょうか?
その言葉を書かれた人が、このブログを作っている健さんという人となりをすべて知っていて、敢えて書かざるを得ないと判断されたなら、納得もできるかもしれません。

納得、という言葉に語弊があるかもしれませんが、もし、ブログという存在自体に意義があり、そこに集う人に意味があるなら、ブログの中での人間関係もありうると私は思うのです。

少なくとも、私はわけのわからない「うつ病」にかかり、休職していた二か月間、健さんに助けられました。
姿も顔も知らない、そんな人に救われ、復職することができたのです。

自分にとっては大きな存在でした。

大して、ブログめぐりもしないタイプです。
たまたま見つけた、それだけでした。

でも、私はこの方の意見を、考えを、理解の仕方を見習おうと努力して、半分は成功し、半分は失敗して、それでも「きっと治るから」という言葉を信じて今を生きてます。

「いつかは私も『晴れる日』が来ますよね」といったコメントに「もちろんです」とコメントを下さった健さんに、涙したこともありました。

Kさんが本当に健さんのブログすべてをロムされているなら、健のさん人となりは理解できていると思います。
敢えて、書かなくてはいけない言葉だったんでしょうか?

言葉として、この世に存在する『言葉』であっても、それをつかってはいけない言葉はあるのではないでしょうか?

「冒涜」という言葉は本当に健さん向けていうべきことだったですか?

とても哀しかったです。

言葉はたくさんあります。その中で、この言葉を使うことが一番、妥当だったのですか?


2010.01.10 Sun 17:57 URL [ Edit ]
Posted by ラッキー
初めまして。
いつも読ませていただいております。

読む方がどのような状況かによって受け取り方は変わってくると思います。

出口のない暗いトンネルにいるような気持ちで出口はないのかと絶望している人にとってはこのブログのような内容は希望となるでしょう。
そしてそのような人が辛い闘病内容だけのブログを読めば、やはり出口はないのかとより一層落ち込むことも考えられます。

逆に出口のことも考えられないほどの重い病状の方からは、治った方のブログはプレッシャーとなり、同じように闘病している方のブログに慰められることもあるかと思います。

どちらが合うかは、読んでみなければ分かりませんよね。

万人に向けて語られているわけではない、このブログの内容が希望となるかもしれない人に向けて発信されている、ということは皆さんよく分かっていらっしゃいます。

受取手によって評価の変わるブログ・・・色々あるでしょうが、どうぞこれからもご自分のスタンスで書き続けていってください。




2010.01.10 Sun 23:12 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.11 Mon 05:14 [ Edit ]
Posted by けんたろう
はじめまして。
私は8年前、会社のストレスから酷い鬱となり、 休職し治療に励んだ経験者です。
私も会社の中での自分の立場や行動などずっと自分を責め続けなかなか鬱からはい上がれませんてした。しかし、けんさんと同じく自分を許してあげれるようになったら段々と回復し、先生のOKがでるまで通院し治しました。
治った時は本当に嬉しく
私もブログを綴ったりしました。
しかし、二年前、残念ながら再発しました。
今回の鬱は前回と種類(もっと複雑)が違うと自分で感じてます。ちょっと手強い鬱とでも言うのでしょうか…
しかし、今も鬱と向き合って前向きに生活しております。
きっとブログとは、その人の現状にあう、あわないで評価が別れます。またそれも仕方のないことですもんね。
けんさんが、ブログに綴る事で色んな方のご意見に一喜一憂されストレスとならなければ…と願ってます。
2010.01.11 Mon 09:08 URL [ Edit ]
くにぶさんコメントありがとう Posted by けん
お互いがんばろう。
2010.01.11 Mon 22:02 URL [ Edit ]
まえぴょんさんコメントありがとう Posted by けん
いつも本当にありがとうございます。
復職して大変な時期に申し訳ないです。
私の言葉が救いになったならすごくうれしいです。
逆に今回はあなたの言葉に救われました。

ただ、最初の記事が配慮に欠けていたのは事実なので今後の
重要な点として受け止めたいと思います。

ありがとうございます。
2010.01.11 Mon 22:06 URL [ Edit ]
ラッキーさんコメントありがとう Posted by けん
> 万人に向けて語られているわけではない、このブログの内容が希望となるかもしれない人に向けて発信されている、ということは皆さんよく分かっていらっしゃいます。

このコメントありがとうございます。
私と同じ境遇のひとが、自分の状況にあった文章だけ選んでくれればと思っていました。
しかし、読者が多くなれば意図しない目線で見られるものだとつい最近知り、戸惑っています。

みなさんにもそれがわかるようで貴殿のような優しいコメントもいただきます。
考える時期かもしれません。
ありがとうございます。
2010.01.11 Mon 22:15 URL [ Edit ]
Mさんコメントありがとう Posted by けん
Mさんの気遣い助けられました。
早く記事やコメントが普通に書ける場になって欲しいです。
ありがとうございます。
2010.01.11 Mon 22:18 URL [ Edit ]
けんたろうさんコメントありがとう Posted by けん
> けんさんが、ブログに綴る事で色んな方のご意見に一喜一憂されストレスとならなければ…と願ってます。

ありがとうございます。
みなさん心配されているようです。
そこまで言われてやる意味あるのかと思いますがもう少しがんばってみます。
2010.01.11 Mon 22:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/379-e7f7f767

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。