いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 私はうつ病になって良かった いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.12.14 Mon
私はうつ病になって良かった
うつ病にならなければどんなに良かっただろうと誰でも思います。

しかし、私の場合は違うと今になって思います。

私は変わり者でした。

会社に入って必死でがんばりました。

そして結果も出すことができるようになってからひたむきなだけだった考え方が変わって

行きました。

いつの間にか自分が必死にやっているのに周りの人間はそうでもないと思うようになったのです。

プロフェッショナルでなければいけない。

同僚とは戦友だ。

命がけでないとお互いが生かされない。

馴れ合いはいけない。

まじめにやらない人間は叩きのめして良いんだ。

それこそが相手を思いやることだ。

そんな考えを正当化していました。

ひとがサボっているのを見つけては叩いていました。

叩いて叩いて、そして誰も着いてこなくなって。

結果さえも付いてこなくなってしまいました。

そして自分の生き方は間違っていたと気付いたのです。

うつ病になった時にそのことに気付きました。

取り返すことが出来ないことだけれど生まれ変わったら今度は他人を思いやる気持ちを持って

生きて行きたい。

やり直すことが出来るのならば・・・・

気付くのが遅すぎたと何度も何度も後悔しました。

それから2年の休職を経てやり直すチャンスを得たのです。

これだけの苦難を乗り越え、過去を清算するだけの時を越えてやり直すことができた。

歯にも掛けなかった後輩に出世で置いていかれ、惨めな気持ちもあったのだけれど

仕事の上では一目置かれていたのに何の実績もそれを知っているひともいないけれど

うつ病になる前に戻ることができたのならば戻るかと聞かれたら、NO!と答えるだろう。

それだけは自信がある。

人生をやり直す機会を得たことは自分の人生の終焉の時、良かったと思えるように生きて

行きたいと思います。

これは私だけかもしれませんね。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

もし本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by ぺち公
けんさん、こんにちは。
先日はアドバイス、ありがとうございました。

私も、うつ病になってよかったと思います。
家族や友人のありがたみが、わかりました。
自分がそれらを、今までないがしろにしてきたことに気づけて
とてもよい経験だったと思います。
うつ病になって、去っていった人もいますが
今、そばにいてくれる人こそ、心のそこから大切に
しなければいけない人たちだと思っています。

さて、記事のネタにお困りとのことですので
リクエストをさせていただきます。

私も、そろそろ復職の話をする時期になっています。
そこで、けんさんが復職当初、
どのような症状・状態だったか教えていただきたいです。

どこまでの回復具合で復職したのか?とか、
復職してからもまだ残っていた症状に対して
どのように対処されていたとか、
教えていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。
2009.12.16 Wed 11:16 URL [ Edit ]
ぺち公さんコメントありがとう  Posted by けん
あなたは自分が意図しないのに誤解されることがあるのではないですか?

ここでのコメントも前のコメントと連続性や整合性がなく誤解してしまいます。

契約社員になるとかで悩んでいたのですからどうなったのかなと

コメントをくれる人もいますよ。

ネットでの人間関係はあまり意味がないかもしれませんが

相手の立場に立ってコメントしたほうが良いです。

2009.12.16 Wed 21:08 URL [ Edit ]
申し訳ありません Posted by ぺち公
結果として、けんさんをはじめ
ここにいらっしゃる方に誤解を与えてしまい
申し訳ありませんでした。

おかげさまで体調がよくなり
正社員としての復帰が射程内に入ってきました。
その旨 お伝えしておらず、
ご迷惑をおかけ致しました。

しばらくこちらに伺っていなかったので
私のことを気にかけてくださっている方がいることも気付いておりませんでした。
失礼致しました。

2009.12.16 Wed 21:56 URL [ Edit ]
ぺち公さん許しますが気をつけて Posted by けん
あなたは自己都合でやめてくれと会社から脅迫されているがどうしよう。
もうだめだ。と言ったり勘違いで正社員から契約社員に切り替えだと言ったり、
2度も休職したらだめだとか。自分の会社の受入れ体制がない場合はだめだとか、
早とちりや勘違いが多いと思います。

それではいらぬ誤解を受けたり、良くなりそうな事態を悪くしてしまいます。
すぐには難しいですが相手があることですので思いやりを持ちましょう。

例えばネタがないそうなので質問します。(本当にそうなのですが)
ではムッとしてしまいます。
本当にそうでも、本当だから言わないほうが良いこと、言い方があります。

あなたはこのブログの中で小さな嵐を起こして行きます。
そんなあなたのことをみんな心配しています。
「ぺち公さん大丈夫かな?」という丸秘コメントもありました。

それにしてもみんなよくお互いのコメントを見ているようです。
結構長文も多く記事本文よりも考えさせられるものもあるくらいです。

私も今回ここまで書いてしまい失礼しました。

これに懲りずにまたコメントくださいね。
2009.12.16 Wed 22:41 URL [ Edit ]
周りあっての自分 Posted by Kazu
私も周りの人間が戦友、もしくは敵だと思えてなりませんでした。
でも、そう思わなくなってから気が楽になりました。
周りがあっての自分です。
そして、悩みがあるのは自分だけではないと思えるようになって、
やっと寛解の方向へと向かいました。
私もうつ病になる前の自分のままでいれば良かったとは思いません。
2009.12.17 Thu 05:03 URL [ Edit ]
Posted by KANPEIKI
双極性の軽躁状態のような攻撃性が垣間見られます。
1年前のように「上から目線」と誤解されぬよう、復職の成功者としてのご助言を期待しています。
2009.12.17 Thu 07:58 URL [ Edit ]
kazuさんコメントありがとう Posted by けん
> 私もうつ病になる前の自分のままでいれば良かったとは思いません。

仲間がいてうれしいです。
2009.12.18 Fri 00:55 URL [ Edit ]
KANPEIKI さんコメントありがとう Posted by けん
痛いところをつきますね。
心に留めておきます。
2009.12.18 Fri 00:58 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/366-e703a5e5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。