いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 闘病記に学ぶ いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.12.10 Thu
闘病記に学ぶ
前回紹介した鎌形睦美さんの「ふたり ~私たちが選んだ道~ 」読み終わりました。

脊髄損傷で車椅子生活になった旦那さんの看病をしながら人間として生長していくふたりを

奥さんが書いた著書ですがやっぱり病気への心構えみたいなものはうつ病も同じだとつくづく

思いました。

その中で旦那さんのあとがきがあるのですが少し紹介します。

事故後「一生歩けない」という言葉に縛られ、「ああ、あの時はこうしていれば良かった」

「もっといろいろやっておけば良かった」という、どうしようもない後悔の念が心にへばりついて

離れなかった。

明けても暮れても、そんなことばかり考えていた。

先々のことを考えて苦しむ奥さんに対しておれは振り返ってくるしむばかり・・・・。

なかなか前をむくことができない自分が、だんだんと嫌になってきた。

リハビリをやれば、歩けないにしても立つことぐらいはできるだろうと安易に考えていたんだけど、

予想をはるかに越えた現実が待っていた。

「歩けない」だけでなく、

「高い所の物が取れない」

「起き上がれない」

「服が着れない」

「靴下が履けない」

「落ちたものが拾えない」

「ウンコやおしっこが出せない」

「ウンコやおしっこが勝手に出る」

今まで当たり前に出来ていたことが、できない、見つからない。

どうやって生きていくんだろう。

何でオレ、生きてんだろう?

何でオレ、笑ってんだろう?

人に迷惑や心配をかけてまで生きるより、いっそのこと死んだほうがマシだと思えてきた。

久しぶりに知り合いに会うと

「一生車椅子なの?」

「リハビリすれば、歩けるんでしょ?」

「仕事はどうするの?」

「奥さんまで看病のために仕事を辞めて、どうやって生活していくの?」

しぼり出した苦肉の笑顔で、人と接するしかなかった。

まわりからはさらに

「がんばれ」

「前向きに」

「夢を持って」

「歩けないだけじゃない」

「元気を出して」

それらの言葉に対して

「何でオレがそんなことを言われなければならないんだ」

「何でオレがあるけないんだ」

「もっと悪いことをしている人が、歩けなくなれば良いんだ」

そのはけ口を奥さんに求めて酷いことをぶつけてしまった。

それでも奥さんだけはオレがした小さな努力を認めてくれて変わって行った。

この辺りから旦那さんも奥さんも変わりはじめて良くなって行くんです。

私の文書ではこの良さは伝わらないかもしれないけれど、うつ病を治すヒントが

いっぱいあるような気がします。

自分の生き方を見直しさせてくれるのがうつ病という考え方もあるのではないでしょうか。

いつものことですが、できればこのブログをたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

もし本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
勉強になります。 Posted by Kazu
現在、うつ病の回復期にあり、
時折揺り戻しがきて気分が絶不調になることがあります。
でも、このブログを見つけてから学ぶことが多く、
やる気が湧いて来ます。
「闘病記」もぜひ読んでみたいと思います。
2009.12.11 Fri 20:05 URL [ Edit ]
共感 Posted by シェイミ
私は、うつで今
回復期です。学校に復帰し、休んだり、行ったり、…ボチボチやってます。

うつ病も他の病気も同じように辛いんですよね。
2009.12.12 Sat 00:37 URL [ Edit ]
Kazuさんコメントありがとう Posted by けん
> でも、このブログを見つけてから学ぶことが多く、
> やる気が湧いて来ます。
こちらこそありがとうございます。
2009.12.12 Sat 16:16 URL [ Edit ]
シェイミさんコメントありがとう Posted by けん
> うつ病も他の病気も同じように辛いんですよね。
そうです。
後のことを考えるとうつは良いほうです。
2009.12.12 Sat 16:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/364-c2e46d50

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。