いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病の本を書こうと思いました。 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.21 Sat
うつ病の本を書こうと思いました。
うつ病の本を書こうと思います。

実はこれ、7年前に神経科病棟に入院していた時に考えたことです。

当時はSSR系の抗うつ薬が合わず、何種類もの抗うつ薬を試していました。

そのうちのひとつは大当たりで、日に日に元気になり、頭の回転も良くなるのです。

元気さが抑えられなくなり、奥さんからも喋りすぎておかしいと言われていました。

そして突然、冒頭の台詞を吐いたのです。

「この体験を本に書くよ。貴重な体験だからね。もう来月からは会社に行って社長や

他の役員にもうつ病の怖さを教えたり、どうすれば治るのか教えたい。」

「ただ、本にすると子供たちが学校でいじめに会うかもしれない。そうだ、ペンエームだ。」

などと本気で思ってしまいました。

結局、この薬は合わないということで止めました。

これは極端な例ですが、脳内のセレトニンとかいう物質の動きが悪くなると落ち込み

良くなるとこんな発想にもなってしまうということです。

人間の脳は複雑ですが、うつ病の場合、セレトニン次第と言えなくもありません。

だから、うつ病における薬の役割は大きいのです。

セレトニンが不足した状態ではマイナス思考は絶対に消せないのです。

うつ病は「こころの風邪」なんて言われていますが、こころや精神、根性で治すものでは

なく、科学的な治療と偏った見方をしない訓練が必要なのです。

決して自分を責めることなく、淡々と病気と闘う姿勢が必要です。

得てして自分自身と闘うことになり、精神戦を繰り返し脳の回復を遅らせる結果になります。

例えば癌や交通事故による大腿骨骨折など、どんな病気や怪我でも不摂生な生活や

乱暴な運転をした自分を責めることはあっても治ろうとするときは治療に専念するものだと

思います。

うつ病も同じなのです。

ところで、遠い将来ですがこのブログを本にして見たいという野望は本当にあります。

このブログのような内容のブログや本はたくさんあるものなのでしょうか?

それとも珍しいものなのでしょうか?

そんなことを書いてくださるコメントをお待ちしています。

また、読むだけでうつ病が良くなる?のなかにある、うつ病を早く治す30条は本当に

私の経験の集大成です。

まだ読んでいない方は是非読んでください。

それから、このブログをもっとたくさんのひとに読んでもらいたいのです。

もし本当に良いと思ったら下のうつ病ボタンを押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントでリクエストしてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
薬と病院    Comment(15)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
本に出来る内容だと思います Posted by MAYUMI
医療従事者が書いた本は数多く、うつから生還した人の手記も見かけますが、前者は当事者の苦しい気持ちがあまり書かれていない、後者は、現在うつに悩む人への強いメッセージ性(こうすればいいよ、治るよ、など)が少し足りないように思います。
けんさんのブログは、他とは違い、元うつ当事者ながらも客観性もあり、読みやすくわかりやすいです。
本にすると、その独自性で目立つかも知れませんよ!

ちなみに、わたしはまだうつ闘病中ですが、病前性格がきまじめで消極的、そしてネガティブ思考に偏り勝ちでした。
(けんさんは、その反対だったようですね。)
このような病前性格を持つ人間が、回復に向けてやっておいたほうがいいことは何でしょうか?
機会がありましたら、ブログに書いてくださるとうれしいです。
2009.11.21 Sat 15:47 URL [ Edit ]
Posted by まえぴょん
私も本にされたらいいのに、と思ったことはありました。

健さんのブログのランキングが高いのも、それだけ共感されていらっしゃる方が多いからだと思います。

私はあまり他の方のブログは読んでいないので、参考にならないかもしれませんが、個人的には、ドクターのカウンセリングより、健さんのブログの方が俄然治療効果があったと思います(先生、ごめんなさいっ)。

健さんは常々うつ病は心の風邪ではなく、脳の疾患だとおっしゃっておられましたでしょ?脳の骨折みたいなものだって。
仮説として、宿主を守るために頭の回転を遅くしてしまうんだって。
そういう言葉ひとつひとつに納得していました。

「病気がそう思わせているだけ。あなたは悪くない」等、たくさんの言葉にどれだけ救われたことか。

健さんの力強い言葉の数々を、うつで苦しんでいる人たちに届けてあげてください。
みんなが皆、ネットができる環境ではないと思いますし、私が健さんのブログに出会えたのも万分の一の確率だと思うのです。
そもそもうつ病の方々が書かれている専門のブログサイトがあるのも知りませんでした。

とりあえず復職しても、当然通院も続きますし、投薬も続きます。
健さんのブログはこれからの自分にとっても大きな心の支えになると思います。

いつか、本当に、ご本、出して下さったら嬉しいです。
2009.11.21 Sat 17:12 URL [ Edit ]
追伸 Posted by まえぴょん
私が復職にあまり不安がないのも、健さんの「最初はあまり仕事にならない」「健康なときの五割から七割の力しかでなくて当たり前」「元の自分に戻ろうとしたら、再発するのは当たり前」等、先に教えて下さったからですよ。

これを聞いてなかったら、「休んだ分を取り戻そう」ときっと躍起になったことでしょう。そしてまた「こんなはずではない」と、不安に陥ったことでしょう。

健さん、本当にありがとうございます。
2009.11.21 Sat 17:25 URL [ Edit ]
是非出版してください。 Posted by かずひろ
けんさん、ご無沙汰しております。
このブログを知ってからは、ほぼ毎日読ませていただいております。
(もちろん毎回、ブログランキングのボタン、押していますよ。)
実は私もけんさんと同じ事を考えていました。
けんさんが本を出版されることを。

このブログ内容は、医療従事者の立場からうつ病の症状や治療について書かれた内容ではなく、
また、単なる個人の生活や日々の気分をつづった、日記ではないと思います。
けんさんブログには、うつ病で苦しんでいる人にしかわからない共鳴するものや、
共感する部分が多々ある、
と同時に、「やっぱりそうなのか…」「自分だけではない…」といった安心感をもちます。
また、落ち込んだり不安定になったときにこのブログを読むことによって、
「これは自分のせいではなく、うつ病という病気のせいなのだ」という自覚を持つことが出来ます。
そして、けんさんの様に私も「いつかは晴れる」という希望がもてます。

私もうつ病に関する書籍類やブログは随分数多く読みました。
休職中は復職支援プログラムにも通いました。中でも私にとって印象的だったのは、
そこで知り合ったうつ病当事者の方々の口から出たことば。アドバイスや、経験談でした。
医師やカウンセラーからはもらえない「言霊(ことだま)」をもらいました。

けんさん、是非出版してください!
応援いたしております!

ちなみに、先日の「うつ病を早く治す30条」、私は会社のPCのデスクトップ上においており、
時間が有れば目を通すようにしています。長々と失礼致しました。
2009.11.21 Sat 18:19 URL [ Edit ]
ぜひ出版して下さい☆ Posted by らぶりぃねこ
初めて投稿させて頂きます。
ビジネスマンのうつ体験記はまだまだ数が少ないと思いますので本になればパソコンの前に座るのがつらい状態の方にとって貴重な情報源になると思います。

会社や仕事への考え方や具体的な対応、復帰の過程が書かれているという点で、けんさんのブログと若干類似しているかな、と思われる本が1冊あります。

楠木新 著『ビジネスマン「うつ」からの脱出』
創元社、2003年

Amazonで調べたURLはこちらです
<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4422112864/fc2blog-22/ref=nosim/" target="_blank">ビジネスマン「うつ」からの脱出</a>

すでにご存じでしたら、失礼致しました。

私は過労でうつになり、休職中のOLです。
現在、独身で実家暮らしですので、ご家庭を持っている方のご苦労は理解していないかもしれませんが、将来へ不安を持ってしまう時があります。
その時はけんさんのお言葉を思い出し、今日と明日のことだけに集中しようと思っています。

うつ体験記で本になっているものでは、妙齢独身女性が書いたものがあまりないように思いますので、私も治った暁には自分の体験を本にしたいという野望があります(笑)
2009.11.21 Sat 20:42 URL [ Edit ]
Posted by はるお
うつ病の方、休職している方のブログはそれなりにありますが、
私のブログを含め日々の生活や不安をつづったものが多く、
けんさんのブログのように会社への対応や、復職の過程を具体的につづっているものは少ないように思います。

出版して頂ければ、うつで悩む方復職に悩む方の、強い味方となると思います。頑張って下さい。
2009.11.22 Sun 14:51 URL [ Edit ]
MAYUMIさんコメントありがとう Posted by けん
> けんさんのブログは、他とは違い、元うつ当事者ながらも客観性もあり、読みやすくわかりやすいです。
褒めていただき有難うございます。

> このような病前性格を持つ人間が、回復に向けてやっておいたほうがいいことは何でしょうか?
でも他人を傷つけるような言動がなさそうで良いと思いますよ。

あなたみたいなひとが少し積極的になると輝く気がします。
ということで一歩前にでてみるというのはどうでしょうか。
2009.11.22 Sun 19:02 URL [ Edit ]
まえぴょんさんコメントありがとう Posted by けん
> 私も本にされたらいいのに、と思ったことはありました。
いつもいつもお優しいお言葉ありがとうございます。
2009.11.22 Sun 19:04 URL [ Edit ]
かずひろさんコメントありがとう。 Posted by けん
> 実は私もけんさんと同じ事を考えていました。
> けんさんが本を出版されることを。
ありがとうございます。

> そして、けんさんの様に私も「いつかは晴れる」という希望がもてます。
きっと治りますよ。
2009.11.22 Sun 19:07 URL [ Edit ]
らぶりぃねこさんコメントありがとう Posted by けん
> うつ体験記で本になっているものでは、妙齢独身女性が書いたものがあまりないように思いますので、私も治った暁には自分の体験を本にしたいという野望があります(笑)

二人の本が本屋さんに並ぶ日がくるかも?
ありがとうございました。
2009.11.22 Sun 19:12 URL [ Edit ]
はるおさんコメントありがとう Posted by けん
> けんさんのブログのように会社への対応や、復職の過程を具体的につづっているものは少ないように思います。
うまいほめかたですね。ありがとうございます。
まだしばらく書けそうな気がします。
2009.11.22 Sun 19:14 URL [ Edit ]
Posted by 芥川しげる
その体験はつらかったろうナァ。

他の人を助けるたい為に行動したいのはわかる。
野望を持つのも大事さ。ただそれがあまり
自分の負担にならないようにな。適度に自分を
いたわりながら、頑張ってくれ。
2009.11.23 Mon 03:07 URL [ Edit ]
芥川しげるさんコメントありがとう Posted by けん
> その体験はつらかったろうナァ。
そうですね。辛かった時期もあります。
あなたも無理をなさらずにがんばってください。
2009.11.23 Mon 11:07 URL [ Edit ]
出版してください! Posted by 山田
昨年、休職してる時、うつ関係の色々なブログや本を見ましたが、私の場合、けんさんのHPほど、しっくりくるものが他にはありませんでした。すごく勇気をいただきました。

同じような悩み、思い、苦しみを通して、今に至られてること、
すごく励みになりました。

お陰様で、復職を果たし、また仕事ができてます。
出版を応援してますし、楽しみにしてます。

また寄らせていただきますね。ありがとうございました。
2009.11.24 Tue 20:31 URL [ Edit ]
山田さんコメントありがとう Posted by けん
> お陰様で、復職を果たし、また仕事ができてます。
良かったですね。おめでとうございます。

> 出版を応援してますし、楽しみにしてます。
ありがとう。夢ですけどね。
2009.11.25 Wed 22:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/353-5d3f356b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。