いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 娘のこころ いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.06.08 Sun
娘のこころ
わたしが発病した当初、娘はまだ保育園の年長組でした。下の子が生まれたばかりで甘えたい盛りでしたがわたしが自分のことしか考えられませんでしたので寂しい思いをさせたことと思います。

うつはわたしが会社を休んでからも悪化の一途をたどり、眠れない、食べられないという状況が続きました。

わたしは食事をしてもおいしいとは感じることができなくなり、茶碗を眺めてはため息をついていました。すると娘は「パパ、ご飯をちゃんと食べなさい。そうすればちゃんと眠れるようになるからね。」と言ったのです。また、わたしが寝ないでつらそうにテレビの方を眺めていると枕を持ってきてくれて「パパ、横になってみたほうが楽だよ。寝てて良いからね。」と言ってくれました。

妻もわたしの看病と娘たちの世話に疲れてしばらく分かれて暮らすほうが良いと思い別居しようと思ったときも娘から「ママ、パパもみんなも家族だよ。家族はいっしょに暮らすものだよ。ねえ、家族なんだから助け合えば良いじゃない。」そんなふうに言ってくれたそうです。

こんなこともありました。わたしがうつに苦しめられてもがいている時「パパ、悩んでばっかりいると、幸せは逃げちゃうんだよ。だからあんまり悩んじゃいけないんだよ。」

本当にわたしが苦しくて何もかも忘れてしまいそうな時、自暴自棄になってしまいそうな時、娘に助けられました。その言葉はとてもわずか6歳の女の子のものとは思えませんでした。まるで神様がこの子に宿りわたしを導いてくれているに違いない。必ず治ってこの子を守らなければと思いました。

結局、そのあとわたしは入院してしまいましたがいろいろな面で助けてもらいました。病院から週3日くらい家に電話するのですが娘とも話していました。せめてもの恩返しと思い、わたしは娘のためになぞなぞをつくりました。1年生の女の子がわかるようななぞなぞを話したとき、娘がとても喜んでくれたのです。喜んでくれることがうれしくて、いつもメモを持っていて思いつくと書き込んでいました。一日2問くらいを毎日考えていました。問題を考えるときはうつのことも忘れていたので治療にも良かったと思います。

娘も今は中学生です。親の言うことは聞きませんし、ケータイ電話に夢中です。学校の授業もあまり聞いていないらしく、試験の時期は妻とのバトルが展開されます。忘れ物は良くするし、家の手伝いはしません。でも本当?は良い子です。

プチプチッと応援してください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
先回のコメントのレスポンスですが Posted by ミラ
 「ちょっと」!?ちょっとどころじゃなかったですよ。うわ~どうしよう、ま、まさか入院延長とか、いろいろネガティブなこと考えましたよ。その7を読んでほっとしました。あのときはうっちゃんが変なこと考えさせたんですかね。

 で、今回の記事ですが・・・いいお嬢さんじゃないですか!あの年でそこまで言えるなんて、ステキなお嬢さんですよ。今は反抗期なのかもしれませんが、それも成長には必要なこと。しっかり育ってる証拠です。と、未婚の20代は勝手に思っています。

 私は親に迷惑かけっぱなしの娘だったからなあ。大人になってもニートになるわ、うつになるわで心配かけたし。
 けんさんに、ひとりの親としてききたいのですが、心配かけっぱなしの子供でも、子供はやっぱりかわいいものですか?
2008.06.08 Sun 19:59 URL [ Edit ]
ミラさんコメントありがとう Posted by けん
ミラさんいつもコメントありがとう。まあ、今はともかく当時は娘を拝みましたね。
さて、ミラさんみたいな娘がかわいいかどうかはわかりませんね(笑)。

だけどミラさん親のこと好きみたいだから大丈夫だと思いますよ。
まあ、とにかく子供には幸せになって欲しいですね。
2008.06.08 Sun 22:33 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.06.08 Sun 22:39 [ Edit ]
Mさんコメントありがとう。 Posted by けん
Mさんコメントありがとうございます。

ここでこばなしをひとつ。

頭痛になると頭が痛い。
虫歯になると歯が痛い。
足を骨折すると足が痛い。
うつになると心が痛い。

でも治れば痛かったことは忘れられます。
大丈夫、治れば今の悩みは消えますから。
2008.06.09 Mon 21:00 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/34-40847387

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。