いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 後輩を助けたいのだけれど・・その2 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.10.24 Sat
後輩を助けたいのだけれど・・その2
昨日はたくさんのコメントとランキングボタンのたくさんのクリックありがとうございました。

さて、本題の休職した後輩への面談ですが、この件について皆さんからたくさんの

行うべしという意見ありがとうございます。

経験者からのアドバイスは意味があるのではないかという意見が多く、私はそういう意味では

正に適任ですからね(笑)。

内容が気になる方は昨日の記事とコメント欄見てください。

後輩にとって迷惑ではないかなと気にしていましたがとにかくやってみます。

もう迷いません。

少なくとも君は良い奴で、私は心配していることをきちんと伝えたいと思います。

たくさんのひとに読んでもらいたいので良かったらうつボタン押してくださいね。

また、なにか、聞いてみたいテーマありましたらコメントください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体
目指すもの    Comment(11)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by まえぴょん
私事ですが、20日は病院の日でした。


カウンセリングを受けているときに、先生に「これからはあまり回りの評価を気にせず、肩の力を抜いて仕事をしていきたいと思います」と、殆ど健さんのウケウリだったんですが(私自身、そう思えたのだから、いいですよね)、そう話し、「一本の実のなる木を描いて下さい」といわれ(今回で二回目)描いたのですが、先週より格段に良くなってると、言われました。


私の中では、健さんの言葉の力が大きかったと思っています。感謝しています。
本当に健さんのブログに出会えて良かった。


健さんには経験者としての、そして苦しかった時のことを忘れずに、今、苦しんでいる人に気持ちを添わせる力があります。

応援してますね。
2009.10.24 Sat 18:13 URL [ Edit ]
まえぴょんさんコメントありがとう Posted by けん
> 応援してますね。

ありがとうございます。

調子が悪いときも今の気持ちを忘れないでくださいね。

「一本の実のなる木を描いて下さい」?

ちょっと気になりますね。
2009.10.24 Sat 21:32 URL [ Edit ]
バウムテストって呼ばれているものです Posted by まえぴょん
一日に二回も書き込み失礼します。


基本的な心理テストのようですよ。
私は半年前に初めて受診した時に、描かされました。
それで先生に「うつ状態です」と言われたわけなんですけど・・・。


一般的には「バウムテスト」と呼ばれているもので、描いた者の心理がだいたいわかるそうです←サイトで調べてみました。


先生によっても受け取り方がまちまちだと思いますので、概ねしかわからないと思いますが、それでも一応、紙のこの位置に描くとこういう心理、こちらに枝が張っているとこういう心理、根がないとこういう心理、とかがわかるそうです←サイトで調べてみました。



他にもいろいろテストされてます。
人を描いてください、といわれて描くと、今度は今描いた人と反対の性別の人を描いて下さい、家を描いて描いて下さい、この家はどこに建ってますか、何人家族で住んでいますか、さっき描いた女性は何をしているところですか、男性は何を考えていますか・・・とか。



私も何をテストされてるのか、わからないのですが、先生にとっては大切な判断材料のようです。
2009.10.24 Sat 22:21 URL [ Edit ]
こんばんわ Posted by nara
はじめまして。
ランキングからきました。
後輩が1年半ほど前にうつ病で退職
仲が良かっただけにどうにかしてやれんもんかなとおもいつつ、
今は自分がうつ病に苦しんでます。
苦しむっていっても、毎日ごろごろ。DVD見たりネット見たり好きなことやってるだけです。
で、不意にえたいのしれない「もの」におそわれます。
家庭環境も一因しており、医師からは一時的な入院を勧められましたが迷ってます。相部屋の可能性が高いから・・・。
また来ますね。
2009.10.25 Sun 02:17 URL [ Edit ]
経験談のありがたさ Posted by ぺち公
先日は私のコメントへ返答、ありがとうございました。方々へ相談した結果、どうやら新しい薬の副作用だったようで…。。

さて、表題の件ですが。
やはり、何においても先人の言葉はありがたいものです。
特に病となると、孤独とも戦わねばいけないので。
そんな中、克服した方の言葉は、やはり心強いのではないでしょうか。
相手の方に、少し長い話を聞く力があるなら、
どういった経緯や症状をたどり、どう回復していったか、
を、具体的にお話されるといいのでは。。
私は、そういった話を聞くと、今の自分の状態は病気によるものなんだと安心しました。

2009.10.25 Sun 10:51 URL [ Edit ]
Posted by MAYUMI
後輩が苦しんでいるのを放っておけない中田様の気持ち、よく分かります。
このブログを紹介するのも、後輩さんへの助けになるとわたしは思います。
事実、わたしは中田様のブログを「巡り会えてよかった・・・」と思っています。
ただ、中田様が後輩のうつな気持ちにひきずられることだけは避けていただきたいと願っております。
ほんの少しずつ、けれども気長に手をさしのべてあげることがいいのかしらと思いました。
2009.10.25 Sun 19:20 URL [ Edit ]
かつての自分 Posted by デュオ
発病当時,自分も先輩から「心配しているよ」の旨お手紙を頂いた事を思い出しました。
休職して,孤独感で一杯の心にどれだけ優しく響いた事か・・・。
泣きながら夢中で手紙を読みました。
今でもその手紙は大事にとってあります。
きっと,後輩のかたにも健さんのお気持ちは通じますよ。
そう願ってます。
2009.10.25 Sun 20:55 URL [ Edit ]
naraさんコメントありがとう Posted by けん
> 家庭環境も一因しており、医師からは一時的な入院を勧められましたが迷ってます。相部屋の可能性が高いから・・・。

相部屋はいやというのはわからないでもないですが、コストを考えるとやむを得ないと思います。

このコメントではわかりませんがうつ病では無いかも知れません。

他の病院にも見てもらうのもひとつの手です。
2009.10.26 Mon 22:38 URL [ Edit ]
ぺち公さんコメントありがとう Posted by けん
>克服した方の言葉は、やはり心強いのではないでしょうか。
> 私は、そういった話を聞くと、今の自分の状態は病気によるものなんだと安心しました。

そうですね。

ひとつの例として話してみようと思います。

でも私の事例をそのまま聞くと悪影響があるかもしれないので(自分もそうなるような不安)

かいつまんで話してみます。
2009.10.26 Mon 22:41 URL [ Edit ]
MAYUMIさんコメントありがとう Posted by けん
> 後輩が苦しんでいるのを放っておけない中田様の気持ち、よく分かります。

そうなんです。

自分が苦しんだ工程をスキップさせてあげられればと思います。

復帰までの時間を少しでも短くできれば退職しなくて済むと思うのです。
2009.10.26 Mon 22:43 URL [ Edit ]
デュオさんコメントありがとう Posted by けん
> 発病当時,自分も先輩から「心配しているよ」の旨お手紙を頂いた事を思い出しました。
> 休職して,孤独感で一杯の心にどれだけ優しく響いた事か・・・。
> 泣きながら夢中で手紙を読みました。

良いお話ありがとうございます。

私も同期から入院中にメールをもらって奥さんとふたりで泣きました。

ありがたかったです。
2009.10.26 Mon 22:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/336-f8f68717

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。