いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病から教えられたこと いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.10.17 Sat
うつ病から教えられたこと
うつ病はひとから色々なものを奪う。健康、出世、金銭、家族、幸福感、充実感、睡眠、自信、仕事などなどひとによって違うが本当にそのひとにとっては人生や命を奪われた気持ちさえしてしまいます。

でも実際に奪うわけではなくそんな錯覚をしてしまうだけで、治ってからそのことに気づきますがそんな深刻に悩んだことさえ忘れてしまうのです。

わたしももっとも苦しい時期に担当医から「うつ病を経験して、そして克服したひとは人間に厚みができると言うか、ひとの気持ちを思いやることができるようになるんですよ。」などと言われてもとてもそんな気分にはなれませんでした。

わたしの場合、復職して6年が経ちます。今でも以前の状態を100とすると70くらいかなと思います。

以前の私は異常に元気で毎日遅くまで残業して、部下にもそれを強要していました。「仕事を極める」それこそが価値観だった気がします。一生懸命やれば道は開ける、お客様の要望に応えるためには無理をするのが当たり前で社内の人間すべてが協力すべきだと思っていました。

飲みに行くことも日常的で週に3、4日は行っていました。土曜日は会社の先輩たちとゴルフに行き、日曜日はゴルフ練習場へ行き、家庭のこともほとんど顧みない生活を何年も過ごしていました。

ひとを褒めることもせず、欠点を直すことばかり考えている人間だったと思います。仕事を一生懸命こなしているのだから休みの日ぐらい自分の好きなことをして何が悪いんだと思っていました。それがうつ病のおかげで立場は一挙に逆転しました。とてもひとに注意のできるような器ではなかったのです。

あんな生活をずっと続けることが良かったとは今は思っていません。うつ病にならなかったら定年まで家に帰るのは夜中、酒の飲みすぎで体を悪くして、家族でご飯を食べることもなく、趣味もなく、何かに熱中することもなく過ごしたことでしょう。うつ病がわたしの人生を心配してくれて守ってくれたのだと考えるようにしています。

他人に自慢できる充実した人生ではありませんが、以前よりも生きることの楽しさ、ひとに対するやさしさを持つことができるようになったのではないでしょうか。

今うつ病のかたの苦しさは共有できませんがいずれみなさんもそう思えるようになってくれたらと祈ります。

今日もつたないブログ記事読んでいただきありがとうございます。

宜しければコメント、応援クリック(ランキング、広告)お願いしますね。

また、聞いてみたいテーマありましたらコメントください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

未分類    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by MAYUMI
こんにちは。まだ薬を手放ない状態で復職したので、仕事をすることに不安感が抜けないのですが、中田様の担当医がおっしゃった「うつ病を経験して、そして克服したひとは人間に厚みができると言うか、ひとの気持ちを思いやることができるようになるんですよ。」
という言葉に、希望を見いだしました・・・。

中田様、ブログ本当に参考になります、わたしの行動指針ともなります。今日も読ませていただき、ありがとうございました。
どうか、これからもブログを続けていかれますようお願いしたいです。
2009.10.17 Sat 11:52 URL [ Edit ]
ありがとう Posted by けいいち
昨日は自分のコメントに答えて下さってありがとう!
自分もつっ走っていました。休日も会社に行き技術を磨く為これが結果家族を守る事になると思いこんでいました。やっぱ休みの日は休み家族の時間大切ですよね。けんさんありがとう
2009.10.17 Sat 16:46 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.10.17 Sat 19:25 [ Edit ]
MAYUMIさんコメントありがとう Posted by けん
> 「うつ病を経験して、そして克服したひとは人間に厚みができると言うか、ひとの気持ちを思いやることができるようになるんですよ。」

確かに人の気持ちが以前よりもわかるようになりました。

過去の強気だった自分の行動が理解できなくなりました。

そして病気も無駄ではなかったと思えます。
2009.10.18 Sun 13:49 URL [ Edit ]
けいいちさんコメントありがとう Posted by けん
>やっぱ休みの日は休み家族の時間大切ですよね。

そうなんです。

特に子供と過ごせるのなんかわずかです。

大事にしましょう。
2009.10.18 Sun 13:51 URL [ Edit ]
Mamiさんコメントありがとう Posted by けん
父上が良き理解者、良いですね。

ひとは自分のことさえ良く分からないんです。

まして他人のことは本当にわかりません。

理解してもらうなんて贅沢もんです。

気にせずのんびり生きましょう。
2009.10.18 Sun 13:57 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.10.19 Mon 08:26 [ Edit ]
健さんありがとうございます。 Posted by Mami
健さんから頂いたこの三行を胸に一日一日過ごそうと思います。

>まして他人のことは本当にわかりません。

>理解してもらうなんて贅沢もんです。

>気にせずのんびり生きましょう。

2009.10.19 Mon 23:36 URL [ Edit ]
よこさんコメントありがとう Posted by けん
よこさんのような若い方にも応援していただけることは非常に心強いです。

マイペースで進めます。

ありがとうございました。
2009.10.20 Tue 22:33 URL [ Edit ]
Mamiさんコメントありがとう Posted by けん
自分が思っているほど他人は見ていません。

それで良いじゃないですか。

のんびり過ごす自分を認められれば治りも早いですよ。
2009.10.20 Tue 22:41 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/331-21d5cff5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。