いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 神経科入院についてその7 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.06.07 Sat
神経科入院についてその7
次の日の診察で担当医から言われたのは抗うつ薬が効きすぎて躁状態になったことが原因だったそうです。わたしの不安をよそにこういったことは良くあることですから。薬の相性の問題なのであまり気にする必要はないと言いました。そう言われても前日のような体験は普通しないと思うので薬のせいだけとはなかなか思えませんでした。

ちなみに翌日家内に確認すると確かに「おれが死んでも良いのか?」と質問されたが「いやよ。そんなことだめに決まっているじゃない」と言ったそうです。うつ病の彼女に何を頼んだの?と言う方もいたんですが覚えていないんですよ。ただ、他愛の無いことでテレビ番組のビデオをダビングしてくださいとか何とか言ったと思います。

先生の話に戻りますが、先生は退院する前でよかったと言いました。確かに自宅でそんなことになったらと思うと恐ろしいことですが良かったと言う先生はすごいと思いました。結局また別の抗うつ薬を飲むことになりました。この薬を変更すると言うことは今までの治療をやり直すことになるのです。まずこの薬が体に染み込むまで1週間。血液検査も行い、効いている事を確認すると気持ちが明るくなるように量を増やしていきます。これもいっぺんに増やすことはできないので2、3日置きに1錠から2錠、2錠から3錠と増やしていきます。

しかし、今度は気持ちが持ち上がってきません。躁うつ状態になった時は本当に完治した感覚がありましたから余計に今度の薬の効き目が弱いように感じました。この薬の再調整のために入院期間はさらに半月間延びてしまいました。

そしてうつ病とはなんて惨めな病気なのでしょうか。わたしが声を掛け、一緒に話し、励ましてきた患者たちが次々と退院していくのです。最後まで病院に残っている自分が一番病状が悪い気がしました。後から入院してきたひとたちと話す元気もなくなり、孤独な気持ちで入院生活を送りました。

しかし、今考えると入院したからこそ自分にあった薬にめぐり合えたと思います。先生につきっきりで診てもらいながらだからこそできたことだと思います。

もうひとつ大きな収穫だったのはわたしだけでなく、家内も面会に来たときは必ず先生と話をしていましたのでうつ病に対する知識を身につけたことも大きかったと思います。特に家内から見たわたしはどうかというのを毎回先生から聞かれました。これにより症状だけでなくうつ病患者の思考もかなり理解できたと思います。その後の治療の上で大きなパワーをもらったと思います。

前の薬のように画期的な効き目があるものではありませんでしたが、それなりに合う薬とめぐりあって無事退院することができました。

前回のブログを見た方は驚かれたと思います。ごめんなさい。でも結果的には良かったと思っています。神経科入院シリーズはこれで終わりです。

プチプチッと応援してください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体
薬と病院    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
出版してください Posted by ワイズマン博士
初めてコメントさせていただきます。
「出社拒否」サブカテゴリーにいた時から拝読させていただいております。とても分りやすくかつ読む者をひきつける文章能力、感服です!
開放病棟に3ヶ月間入院した経験がありましたので「神経科入院について」シリーズは大変興味深くまた共感する部分もたくさんあり楽しかく読ませていただきました。是非「その20」位までをご用意していただき出版していただきたいなぁ。
2008.06.08 Sun 05:34 URL [ Edit ]
ワイズマン博士さんありがとう。 Posted by けん
ワイズマン博士さんコメントありがとう。うれしくなるコメントありがとうございます。
そうですか、ワイズマン博士さんも入院、しかも3ヶ月ですか。
大変だったけどわたしにとっては結構良い思い出ですよ。

今だからそう思うのかも知れませんが楽しかったという気持ちもあります。変ですよね。

結構入院してたってひとに言ってますからね。お互いうつ患者がどうどうと治療を受けられるようブログで訴えて行きましょう。
2008.06.08 Sun 14:19 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/33-d3615e22

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。