いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 もし、うつにならなかったら いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.09.11 Fri
もし、うつにならなかったら
もし、うつにならなかったら。

もう何度も何度も考えたことですが最近は少し違います。

みなさんと私の場合ではまったく違うのでそういう前提で読んでください。

休職中、うつ病になんてならなければ部長だったかもしれない。

収入ももっと良くなっていたかもしれないのに残念だった。

しかし、そうはならなかったに違いない。

私は上からの受けは良かったのですが、下から見た時には決して良い上司では

なかったからです。

自分では良かれと思っていましたが部下の欠点ばかり直そうとしていました。

仕事の上では常にみんなの模範とならなければいけないと思っていました。

決してみんなとふざけたりしない、できなくなっていました。

仕事のやり方も自分が動かなければみんなが動かない。

そんな考えでした。

このままではどこかで行き詰る。

プレーヤーではなくみんなを引っ張っていく能力の無さにどうすれば良いか

わからなくなっていました。

その上、忙しくて成績も上がらず、そんな状況に過度に責任を感じてしまいました。

そんな状況で上からも敬遠されていきました。

そして1年後休職してしまったのです。

うつになって大変な思いをたくさんしましたが休職前の状況からは解放され

まわりのみんなとものんびりした会話をできるようになりました。

家でも会社でも余裕が生まれました。

もしかしたら今の生活のほうが私の望みだったかも知れません。

そう考えると、もし、うつ病にならなかったら・・・・

今よりも大変なことになっていたかも知れません。

今はうつ病で苦しまれているあなたも、いつかはか無駄では無かったと

思える日が来るでしょう。

人間は本来強いものです。

うつを乗り越えることができれば、きっと前向きになれます。

今日もつたないブログ記事読んでいただきありがとうございます。

宜しければコメント、応援クリック(ランキング、広告)お願いしますね。

また、聞いてみたいテーマありましたらコメントください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
不安です Posted by フクちゃん
僕も休職しなければ出世とかどうなっていたかとか休職中の今感じています。人と接することの多い職場なので人間関係も復帰したあと変に気を使われそうで、病人扱いされそうで不安です。そんなこともあり、今の職場に復帰するのに疑問を感じています。
2009.09.12 Sat 21:24 URL [ Edit ]
私もそうでしたが Posted by よう
フクさま

私も休職真っ最中には 元の会社に戻る気持ちにならなくて、そして そんな気持ちに意識が向かないように あえてしてました。
でも なぜ 戻ることがいや なのか 考えましたが、

・出世街道から外れた
・戻ってもみじめになるのではないか

そんな気持ちが根底にありました。結局自分の「自分の評価(思い込みに近い)」「他社評価」に とらわれているんだと 気づきました。でも、自分でも 気づいたからといって 嫌悪感は なかなか消せませんでした。

そんなときに ある病院で復職プログラムを受けることにしました。そこには 年齢は違えど、同じ境遇で、前に進もうとしている仲間がいました。そこに通ううちに、自然と 戻るために頑張ろうという気持ちになりました。戻ってだめでも モトモト・・そして現在復帰してます。

そして戻って良かったと思っています。気は使われまずが、
それは致し方ないことで、一定期間元気にやれれば、また環境も変わると思います。

2009.09.13 Sun 21:41 URL [ Edit ]
フクちゃんコメントありがとう Posted by けん
不安なのは当たり前です。

悩むのも当然です。

でも病気を治すことを最優先にするべきです。

難しいですけれどね。
2009.09.13 Sun 22:00 URL [ Edit ]
ようさんコメントありがとう Posted by けん
ようさんの言うとおり、うつの回復時に通る道です。

その苦難を乗り越えて成長できるのではないでしょうか。
2009.09.13 Sun 22:03 URL [ Edit ]
ズバリ、聞いてもいいですか? Posted by 瀬戸際の痛勤者
私は一年近く、貴殿が記されるブログに接し、自らの治療の一助としていますが、常に反省や悔恨をベースにその時々の気持ちを反映している貴殿がとんでもないパワハラ上司であった、とは思えません。
感覚の違いといえばそれまでですが、私が少なくともこの半年直面しているしつような恫喝、人事を仄めかされたり人前で人格をことごとく否定されている数々のパワハラに比べたら、貴兄は必要以上に贖罪意識を持たれているような気がしてなりません。
2009.09.14 Mon 08:05 URL [ Edit ]
瀬戸際の痛勤者さんコメントありがとう Posted by けん
優しいお言葉ありがとうございます。

自分としてはパワハラではないけれど相手からしたらどうだったのでしょう。

悪気はなかったとは思いますが、自分の価値観を押し付けていたと思います。

言い訳としては、正しいことをしていると思っていました。
2009.09.14 Mon 20:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/306-8c8fb8f4

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。