いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 どんなにひどくてもきっと治ると信じること いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.01 Thu
どんなにひどくてもきっと治ると信じること
2001年3月、病状は日に日に悪くなり会社を休むことも多くなってきた。それでも気の休まることはなく、出口の見えない仕事が自分を待ち構えている感じがした。また、自分がいなくても進んでいく仕事があると自分の存在意義が無いように感じて更に苦しくなった。

不眠状態がひどくなり、寝付いても朝2時3時に目が覚めると朝まで一睡もできませんでした。会社に行っても皆の視線が冷たく感じられ本当に居場所が無い感じでした。会社には行っていましたが何もできない状況で営業なのにお客様に行くこともなくなり、社内の営業会議の資料を作っていました。それも次第に会社ではできなくなり、土曜日、日曜日に作成していました。1時間で作成していたものが段々時間が掛かるようになり2時間、3時間最後は半日掛かってもまともなものが作れなくなりました。胃痛がひどく、頭の中では仕事の失敗がぐるぐるまわり妻の言葉もまったく耳に入ってきません。

あともう少しでゴールデンウィークだ。そこまで行けば休める。そう思っていたがゴールデンウィークは永遠ではなかった。すぐに終わってしまうのだ。そんなこともわからないほど思考力が麻痺していた。そして休職する決心をして会社に連絡した。あとから考えればそんなことはなかったのですが、当時の上司の対応はとても冷たく感じられました。

心療内科にも3月ごろから行っていましたが、休職に入ってからはさらに状態は悪化しました。薬は量も種類も増えてもう自分では薬の管理ができなくなり、妻に小分けにしてもらいました。動悸もひどくなり医者に言いましたが動悸が早くて死ぬ人はいないと言われそんなものかなと思いました。

二駅ほど離れた心療内科に行くのに最初は電車で行っていたが電車に乗る自信が無くなり自転車で行くようになった。妻に送ってもらえる日は車で行っていた。もう、自分で車を運転することさえできなくなっていった。そしてついには歩いて心療内科に行った。

心療内科でもらった薬は通常飲む薬とは別に頓服と言われる苦しい時に飲む薬としてもらった。しかし、それも次第に効かなくなっていった。起きている間はずっと仕事のことや会社での人間関係について考えさせられてしまうのだった。決して心を休ませてくれないのだ。

今思えば、これだけ眠れない状態が続けば頭もからだもおかしくなってしまうのは当然だと思います。それからもどんどん悪くなっていきました。今まで感じたこともなかったのに裏の工場の薬の臭いがするようになり、むせ返るようで窓を開けることができません。お灸が良いと言われてお灸をしていたのですが煙の臭いが次第に強く感じられるようになり、することができなくなりました。

家族で見ていたポケモンのテレビでピカチュウが光ったのですが本当にフラッシュするように見えて気分が悪くなりました。とにかく、全てのことに対して過敏になり蛍光灯の小さい玉を付ける付けないが気分が悪くなるかに関わってくるのです。

まあ、このひどい状態は続き、もっと重症になるのですがそれでも2年も経たないうちに治るのです。わたしのうつ病はかなり重いケースだったと思います。今回言いたいのはどんなにひどくても必ず治るということです。

プチプチッと応援してください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.05.02 Fri 12:21 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/3-a12a8e7d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。