いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病は性格を変える いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.26 Fri
うつ病は性格を変える
今日、会社で行動傾向分類 『DiSC理論』というものを受講しました。

仕事における血液型診断みたいなもので接する相手の行動傾向(仕事における性格)を分類してうまく対応しようというもの。

それは人をDiSCの4文字のタイプに分類していくこと。

Dタイプ主導的

反対を押し切ってでも成果を上げる(体育会系強引な感じ、職場でうるさい上司)

iタイプ感化的

成果を上げるために他の人を仲間に取り込む(仕事も遊びも楽しくしなきゃ、誰にでも良い顔)

S安定的

任務の遂行のために他人と協力することに重点を置く(他人の顔色をうかがう日和見主義、命令されたいタイプ)

C慎重的

現状を維持しながら仕事の質の向上を図る(理屈をこねる頑固者、技術者タイプ)

漫画で表すとこんな感じ→

私はDタイプですがiタイプも強い。

Dタイプの人の気持ちを考えない、親分肌、結果を出すために無理をするなど講師が説明をするのを聞いていてあらためて自分はDタイプ(体育会系)だったな~と実感しました。

でも、うつ病になってからは人とぶつかるのが怖くて誰にでも好かれたい。楽しく生きたいという気持ちが強くなったのでiタイプの楽しければ良いタイプの色合いが強くなりました。

今思えばうつになる前は先輩や上司、奥さんにやり過ぎは良くない。仕事の成果だけ考えて相手のことを考えないのは私の悪いところだと注意されたことは幾度となくありました。

でも体育会系の私は自分のやり方に自信があったし、それが他人に対する評価基準でした。

うつ病には随分と痛めつけられたため、少しやらかくなったと自分でも思っていましたが研修を受けてやっぱりと思いました。

変わることは悪いことではありません。

極端な体育会系の自分がなぜだめなのかわかりませんでしたが、今はそこまで人のことを考えずにいられた自分が信じられません。

何も見えていなかったと感じています。

そう考えるとうつ病も無駄ではなかったなと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体
気分転換    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは♪ Posted by サファイア
はじめまして。いつも拝見しています。
うつ病によって穏やかになられたようで、「良かったですね~」というのが私の感想です。

私の場合は安定的タイプで、会社で体育会系タイプの上司たちに散々やられたのでうつ病になりました(笑) だから正直体育会系の上司は苦手です(笑)

その反面、会社を活性化させるには、やっぱり体育会系の人も必要なのかな、とも思います。
厳しくてもちゃんと愛情のある人が理想的な上司と言えるのかもしれませんね。

私の上司達はただ厳しいだけで、部下への愛情にかけていたように思います(それとも私が愛情に気付かなかっただけかな・・・)。
2009.06.26 Fri 16:53 URL [ Edit ]
復職における産業医 Posted by かずひろ
はじめまして。

いつも記事の更新を楽しみにしております。

中田様が復職される際、産業医の面談に関して問題は
有りませんでしたでしょうか。

私は現在休職7ヶ月目の47歳会社員です。

今年4月に主治医から復職許可が出ましたが、
産業医の判断により、「もうしばらくリワークでもして様子をみろ」
と判断され現在に至っています。

私自身、「主治医の許可が出ているのになぜ?」と
思いながら、会社側(人事)は、精神科専門外の産業医の
意見を採択し、現在、リワークに通っています。

中田様の復職の際には、産業医面談等々は問題
ありませんでしたでしょうか。

お差し支えなければ、ご経験をお教えください。
2009.06.26 Fri 21:20 URL [ Edit ]
サファイアさんコメントありがとう Posted by 中田健
> はじめまして。いつも拝見しています。

こういうコメントうれしいです。
体育会系の私としては申し訳ないです。
早く良くなるといいですね。
2009.06.26 Fri 23:38 URL [ Edit ]
Re: 復職における産業医 Posted by 中田健
私の場合、産業医は主治医の意見を尊重してくれました。

そのかわり、リワークも馴らし出社もありませんでした。

文句は言えないと思いますのでゆっくり治療できると思って過ごすべきでしょう。

逆に主治医と産業医に治っているといわれて困っている同僚もいました。

無理をして結局また休職してしまいました。

それを考えれば良いと思うことが大事だと思います。

あまり期待に添えなかったらごめんなさい。
2009.06.26 Fri 23:52 URL [ Edit ]
ご返信を頂き、ありがとう御座いました。 Posted by かずひろ
中田様、

中田様から頂いきました以下のコメント、

>文句は言えないと思いますのでゆっくり治療できると
思って過ごすべきでしょう。

>...それを考えれば良いと思うことが大事だと思います。

私には素直に了解できました。

ゆっくり、あせらず、治療に時間をかけてみます。

ありがとう御座いました!

過去の記事もすべて読ませて頂きました。

今後とも、記事の更新、楽しみにしています。

ありがとうございました。
2009.06.29 Mon 01:38 URL [ Edit ]
かずひろさんコメントありがとう。 Posted by 中田健
参考になったようで良かったです。

せっかく休職期間が延びたのですから気力、体力充実させて万全の状態で復職に臨んでください。
2009.06.30 Tue 22:36 URL [ Edit ]
Posted by ゆき
私の場合はCタイプです。

確実に動作させれば、手戻りもクレームも少なく、トータルでは手間が減るはず、と信じてるので、ペースが遅いとよく怒鳴られます(笑)

中田さんのブログはトラコミュで知り、先達はこう苦労されてたのか、とこれからの自分を考えるために大変参考になっております。ありがとうございます。
2009.07.28 Tue 03:48 URL [ Edit ]
ゆきさんありがとう Posted by けん
先達というほどではありませんが、参考になれば幸いです。

人は基本的に自分以外は敵ですから、拒絶されるのを標準に考えましょう。
2009.07.30 Thu 00:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/263-238ea3c6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。