いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病から得るもの いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.30 Fri
うつ病から得るもの
一記事だけでもわかるように書いていますのでよろしくお願いします。

うつ病はひとから色々なものを奪う。健康、出世、金銭、家族、幸福感、充実感、睡眠、自信、仕事などなどひとによって違うが本当にそのひとにとっては人生や命を奪われた気持ちさえしてしまいます。

でも実際に奪うわけではなくそんな錯覚をしてしまうだけで、治ってからそのことに気づきますがそんな深刻に悩んだことさえ忘れてしまうのです。

わたしももっとも苦しい時期に担当医から「うつ病を経験して、そして克服したひとは人間に厚みができると言うか、ひとの気持ちを思いやることができるようになるんですよ。」などと言われてもとてもそんな気分にはなれませんでした。

わたしの場合、復職して5年が経ちます。今でも以前の状態を100とすると70くらいかなと思います。今でもたまに調子が悪くなることもあります。2月、3月には結構がんばってしまい、完全復活できるかなと思ったら急に無力感に襲われ1週間休んでしまいました。

でも、今はそうしたことも受け入れられるようになったというか、そんな気がしています。がんばりすぎるとうっちゃん(うつ病)が無理しちゃダメだよと教えてくれている気がします。

以前は異常に元気で毎日遅くまで残業して、部下にもそれを強要していました。「仕事を極める」それこそが価値観だった気がします。一生懸命やれば道は開ける、お客様の要望に応えるためには無理をするのが当たり前で社内の人間すべてが協力すべきだと思っていました。

飲みに行くことも日常的で週に3、4日は行っていました。土曜日は会社の先輩たちとゴルフに行き、日曜日はゴルフ練習場へ行き、家庭のこともほとんど顧みない生活を何年も過ごしていました。

ひとを褒めることもせず、欠点を直すことばかり考えている人間だったと思います。仕事を一生懸命こなしているのだから休みの日ぐらい自分の好きなことをして何が悪いんだと思っていました。それがうつ病のおかげで立場は一挙に逆転しました。とてもひとに注意のできるような器ではなかったのです。

あんな生活をずっと続けることが良かったとは今は思っていません。うつ病にならなかったら定年まで家に帰るのは夜中、酒の飲みすぎで体を悪くして、家族でご飯を食べることもなく、趣味もなく、何かに熱中することもなく過ごしたことでしょう。うつ病がわたしの人生を心配してくれて守ってくれたのだと考えるようにしています。

他人に自慢できる充実した人生ではありませんが、以前よりも生きることの楽しさ、ひとに対するやさしさを持つことができるようになったのではないでしょうか。

今うつ病のかたの苦しさは共有できませんがいずれみなさんもそう思えるようになってくれたらと祈ります。


プチプチッと応援してください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
うつ病とは    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お返事ありがとうございます。 Posted by ミラ
 お返事ありがとうございました。
 けんさんのブログを拝見していると、うつ患者でもハッピーな方では?と思うことがあります。そういうことしか書かない主義なのかもしれませんが。
 私の場合、骨折を隠してでも社会で過ごさねばいけない事情がいろいろありましたし、そうしている人もいっぱいいると思っています。そのためブログを書いています。
 詳しい内容はこれからですが、お暇がありましたら見てください。
 最後に、ケンカを売っている内容になってしまってすみません。それから、私もけんさんの事情を良く知らないので失礼をお許しください。
2008.06.01 Sun 17:52 URL [ Edit ]
ミラさんコメントありがとう Posted by けん
ミラさんの言う通りかも知れませんし、そうでもないかも知れません。どのくらい不幸だったかを自慢するつもりではなく、今たいへんでも将来はなんとかなりそうだと思って欲しいのです。
本当に苦しいときのことを書いても書いてるほうも見てるほうも辛くなるようでは趣旨に反します。
だから本当に辛かったことはあっさり書いているかも知れません。
書かないけどミラさんのように思うひとは多いのかも知れません。
2008.06.01 Sun 21:20 URL [ Edit ]
Posted by tak
私はけんさんのブログに励まされています。

私はけんさんの最悪の状況から現在に至るまでの状況を書いていただく事により「よし、自分も・・・」という気になれます。

なのでこれからも投稿宜しくお願いいたします。
2008.06.01 Sun 22:23 URL [ Edit ]
takさんコメントありがとう Posted by けん
takさんいつもコメントありがとうございます。
リアルの世界でも何とかしてあげたいうつの後輩がいます。
助けるためのヒントはあげられるかなと思いつきあっていきますが最後はそのひと次第です。
もっと踏み込んで助けたい気持ちと押し付けになってしまっては無駄な徒労に終わってしまう。
いつも矛盾を感じています。幸せなうつ?に見られるのはある意味本望ですし、本望でない部分もあります。
本当はどちらども良くて結果として読んだ方が良くなるきっかけになれば充分だと思います。
2008.06.01 Sun 23:02 URL [ Edit ]
Posted by ミラ
 私のブログを先ほど更新したのですが、そこで、自分に気合?をいれるために趣旨を改めて書きました。よろしければご覧ください。
 けんさんのような太陽の光のようなブログは必要です。でも、世界が昼と夜とで成り立っているように、太陽だけでなく月も必要です。私のブログは月の光を目指しています。
 いや、ミラって名前はくじら座の変光星からきているから光になるかどうかも怪しいもんですが、それでも夜の小さな光として書いていきたいです。

 すいません、またケンカ売ってる内容になって・・・おまけにブログのCMもしてるし・・・。
 理由は分かっています。

 うっちゃん(うつ病)を克服したけんさんがうらやましくて、妬ましいんです。きっと。
2008.06.02 Mon 23:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/25-8cb50681

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。