いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 復帰の時の気持ち いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.02 Tue
復帰の時の気持ち
復職の時の不安はどうしようもないものだと思う。

不安でないはずがないからだ。

理由が理由であるし、私の場合など2年近くも会社に行っていなかったからとにかく不安でしょうがなかった。

電車通勤さえも不安だったが、やはり職場のみんなの対応がとても不安だった。

日常業務ひとつとってもそうだった。

勤務、交通費、休暇の申請さえも合併時に病気になった私にはわからなかった。

簡単に聞けば済むことが聞けなかった。

結局わからず聞くことになるのだがとてもいやだった。

仕事なので困ることがあるととてもどきどきした。

それでも考えてみるとあのまま休んでいるよりもずっと良いはずだ。

あのつらい日々に比べれば。

忘れてはいけない。

あのつらい日々を乗り越えたからここにいるのだ。

どうしても先にそびえる山を見て萎縮してしまうが越えてきた山を見ると良くやったなと思う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体
復職    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
感謝!!おかげさまで復帰にむけて進んでます。 Posted by ようこ
ありがとうございます!
私も1年5ヶ月ぶりの職場ですので
わからない事だらけです。

今週は月曜日に5時間。元気にクリアかと思ったら・・・
脳は緊張しているのでしょうか。。。中途覚醒2時間。その後2時間ばかりうとうとしたかと思ったら、早朝覚醒か5時から目覚めてしまった火曜日でした。

眠れたり、眠れなかったりなので今日は午前のみの3時間勤務にしましたが・・・帰宅後の昼食後は居眠りをしてしまいました・・・

帰りがけに「午後はいないの~?」と声をかけられ
「月曜日は午後まで頑張るから~」と申し訳ない気持ち
(非常勤もいる職場なので風当たりが強い面もありますが感謝する気持ちと、遅々としたリハビリでも理解して貰えるよう努力していきたいと思っています)
とブランクのあるパソコンの練習をしなきゃ~~と焦る気持ち
でおちていたところでした。。。

「超えてきた山を見て」
はグットタイミングのコメントでした
浮上してきました~~~いつもありがとうございます!!!


2009.06.04 Thu 18:34 URL [ Edit ]
ようこさん、コメントありがとう Posted by けん
復職にチャレンジできるというのは考えてみれば幸運なことです。

実際に最も苦しい山を越えたことを意味するわけですからね。

自信を持って良いことではないでしょうか。

また、以前のような評価を得ようと焦るのではなく、復帰できた現実を噛み締め感謝することではないでしょうか。

そうすると肩の力が抜けて復職もうまくいくと思いますよ。
2009.06.04 Thu 21:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/245-a0d3ee7c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。