いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病からの復職成功のポイント いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.29 Fri
うつ病からの復職成功のポイント
うつ病が良くなって復職した。

しかし再発してまた休職。

良く聞く話です。

そして、周りを見ていても実際そういうひとは多いでしょう。

ではなぜ再発してしまうのか?

1.回復度合いが充分でないのに復職してしまう。

2.遅れを取り戻そうとしてしまう。

3.考え方や価値観を変えられない。

その他にも理由はあると思いますが上記3点を意識していない復職は失敗の危険性が高いと思います。

特に3は大事なことだと思います。

私も以前は夜9時、10時まで仕事をするのが当たり前だと感じていました。

更にその時間から仕事を肴に飲みに行っていました。

今は、ほぼ定時間で帰宅する生活をしています。

そして定時間以降はビデオや音楽など趣味の時間にあてています。

以前は寝ているとき意外は仕事にあてている生活でしたから、今は仕事と趣味で一日が2度あるように感じます。

生活パターンや環境が合わないからうつ病になったのですからそこを変えなければ再発するのは当たり前です。

うつ病は怖い病気です。

見えない怖さがあります。

以前と同じように活躍できると錯覚します。


肩を壊したピッチャーが、再起してピッチャーでなく外野手を目指すように生き方も変えることが重要だと思います。

仕事で活躍することだけにこだわらないで済めばとても楽になると思います。

とにかく、復職イコールゴールではなく治療のスタートです。

自分を大事にしてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

復職    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
復職1年君 Posted by -
復職して、1年です。
もう元気だから、薬もやめよう、とか考えているいるうちに
また体調になみが。

じっくり、あさらずに、と
認識しました。
2009.06.07 Sun 16:38 URL [ Edit ]
Re: 復職1年君 Posted by 中田健
せっかくですから、焦らず行きましょう。

まずは病気を治すことです。
2009.06.08 Mon 21:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/243-4e23c58d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。