いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病のお父さんの薬になる本 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.25 Sat
うつ病のお父さんの薬になる本
うつ病で最悪の状況の中、生きている意味さえ見失ったとき、最初に私の心を癒してくれたのは映画でした。一方的に入ってくる映像とストーリーは観ている間だけ、現実を忘れさせてくれました。

また、ドラマでは一リットルの涙を見て可哀想で涙が溢れました。しばらくの間、自分の人生の闇ばかり見ていて人のために泣いたことがなかったからだと思います。

それから一リットルの涙の原作を読んだり、体や心に不自由がありながら前向きに生きている本やドラマを見ることで少しずつ自分の苦しみがそれほどでもないと思えるようになっていきました。

そこから一気に治ったわけではありませんがそうした体験が私にとってうつ病回復のきっかけになったと思っています。

最近はうつ病の症状を意識することはほとんどありませんが、家族を持つ中年のお父さんに読んで欲しい本を見つけましたので紹介します。

それは東野圭吾の「秘密」という作品です。東野圭吾というと最近では容疑者Xの献身(2008年・フジテレビジョンほか)、ドラマで言うとガリレオです。そして流星の絆、 白夜行などが有名です。もうすぐ公開される さまよう刃 (2009年・東映ほか)もそうです。

「秘密」は奥さんと娘の3人ぐらしの工場で働く技術者の男性が主人公の物語です。奥さんと娘さんが法事のために長野の実家にスキーバスに搭乗して帰省する途中、転落事故に会います。そして奥さんを亡くし、奇跡的に生き残った娘も植物人間になってしまうと医師から宣告されます。

それが東野圭吾のリアルな文書表現で凄い迫力で家族を失うことの恐ろしさを突きつけてきます。あまりの展開の速さ、恐ろしさに圧倒されるばかりです。

その後娘は信じられないことに意識を回復するのですが意識は奥さんに代わってしまうのです。この入れ替わりと言うのはドラマや映画で良くある話なのですが、若干コミカルでもありつつ細部に至る心理表現は非常に惹きつけられるものです。

例えば、奥さん(娘)が生きているのにセックスできない。娘(奥さん)の女子高校生の生活に嫉妬してしまう。再婚もできない。娘の結婚も望まない。

また加害者のバス運転手自身も事故で死んでしまうのですが、その事故原因を追ってバス運転手遺族との関わりなども心の変化を詳細に表現しています。

とにかく読み進めるたびに泣かされる作品でした。

うつ病は笑えない病気かと思います。ならば泣くことからはじめてみることをお勧めします。そして娘のいるお父さんに是非お勧めしたい作品です。私は見ていませんが本が苦手な方はDVDも出ています。

今、苦しんでいる方が少しでも楽になることを望みます。

追記

DVD観ました。すごく良かったですが本を読んでから観ると短くするためにストーリーも変更されていますし展開もあらすじを追っているような感じです。やっぱり本を読んだほうが良さが実感できます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体
家族    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by モンテもん吉
「秘密」はイッキに読んでしまいますね。
読ませてくれる本でした。
2009.04.27 Mon 09:41 URL [ Edit ]
モンテもん吉さんコメントありがとう Posted by けん
> 「秘密」はイッキに読んでしまいますね。
> 読ませてくれる本でした。

読みましたか。心情を考えると泣けて泣けてしょうがないですよね。
泣くということは相当精神に良いことだと思っています。
人間性を取り戻す良いきっかけにさえなるのではないでしょうか。
2009.04.27 Mon 21:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/233-a2e78054

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。