いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病は治った。その上でやるべきこと。 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.09.02 Tue
うつ病は治った。その上でやるべきこと。
うつ病発症、復職、寛解までを自分の経験をもとにこのブログを通じてお伝えしてきました。
特に伝えたかったことは

1.うつ病は必ず治るということ

2.このことを知っていればもっと楽に過ごせたこと

3.復職の時期、気をつけること

の3つを4ヶ月に渡って伝えてきたつもりです。おかげ様でそのことについてはほぼ100%書くことができました。そしてこの3つについてこれ以上伝えることはないと思います。もし、今日初めてご覧いただいた方には過去の記事を見てもらえればと思います。

わたしはこのブログを通じてうつ病が治れば元通り幸せになれるということを伝えようとしました。そのため、強がりに満ちた表記もしてきました。しかし、現実にはそうではなかったのです。2年間も休職して、残業規制もあり従来と同じようには働けませんでした。

でも、それも人生だということです。そして、その中でいかに自分の生きる道を見つけるかということです。正直、わたしは今困惑した中で仕事をしています。でも、それはうつ病のせいではなくそのひとが置かれた環境の中で苦しんでいることという結論に至りました。

今後もこのブログは続けていくつもりですが、うつ病治療のための話は少なくなると思います。わたしなりに一区切りついたというのが今の気持ちです。今までコメントくださった皆さんありがとうございました。また、コメントは入れなかったが定期的に読んで下さった方ありがとうございました。今後は投稿も少なくなりますが皆さんや皆さんの周りでうつ病で苦しんでいる方の一助になれば少しは意味があったと思います。



ご存知ですか?医療費が3分の1になる自立支援医療制度(精神通院)。
広告じゃありません。ご安心を。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体
目指すもの    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
よかったですね。 Posted by 杉男
「うつ病」であろうがなかろうが みんな困難を乗り越えながら 抱えながら生きていることに気づかれすばらしい「気づき」ですね。
そう思いました。今後は前向きな今の楽しんでいることなんかコメントしていかれたらますます幸福になられるかもしれませんね。
あ~ それと「生きる知恵」も必要ですよ。(微笑)
2008.09.02 Tue 23:09 URL [ Edit ]
感謝しています Posted by ゆら
1、2について・・
私はけんさんのブログを知り、早い時期に実感できました。本当に助けられたと思っています。そんな訳がない!が・・なんとなくそう思える・・そして今は・・そうだっ!と・・。
3について・・・
これが今私の直面している課題です。
そして、自分に一杯で・・けんさんのようにブログに綴り続けることが出来ません。それが、けんさんの優しさなんだと思います。

>それはうつ病のせいではなくそのひとが置かれた環境の中で苦しんでいることという結論に至りました。

この言葉にはっとしました・・・。
いつまでもウジウジしない・・。うつのせいにしない・・。けど・・今はじっくりその時を待ち、充電します~(^-^)/
2008.09.03 Wed 01:01 URL [ Edit ]
とても参考になりました。ありがとうございました。 Posted by 山田 
けんさんのブログ、全部何度も読み返してます。
休職4ヶ月め、一時より、落ち込みはマシになりました。
職場以外の友人と少し話せるようになりました。
職場関係の人とかかわると、最悪だった自分のことが思い出され涙が出て、自分を責めてしまいます。こんな状態では、まだ仕事できそうにないなと、復職までまだ時間がかかりそうです。
ブログの中で、気になったところがありました。
「治った者の上から目線」です。
私は、上から目線とは思いませんでした。
治ったからこそ、言えること、感じることがあり、冷静に振り返れるんだなと・・・私もいつかそうなりたいと思います。
感じ方は、そのときの状況と人それぞれですもんね。
また読み返すことで、落ち込んだ気持ちを助けていただき、元気に過ごせてた自分に戻れるようになりたいと思います。
困難な状況・・・人生山あり谷あり、わかっているんですけど
なかなか今は乗り超えるのに時間がかかりそうです。
これからもけんさんのブログ楽しみにしてます。
2008.09.03 Wed 15:05 URL [ Edit ]
ありがとう! Posted by 水銀軟膏
『うつ病』は脳の病気でありますが、その時々の状況によって罹患者は恥ずかしながら、そして哀しいことに自分にとって読み心地の良いブログを探しがちです。
パワハラ、セクハラ、燃え尽き症候群他、色々な原因に誘発され、『うつ』を発症するのですが、例え非常に酷い状況に置かれていようとも、貴兄が『うつ』を克服したノウハウ、それに付随したジレンマ、焦燥感、達観等をこれからも淡々と時には苦言をていして、『うつ病患者』に対して世の中は決して優しくないことがある、という現実の事例を教えて下さい。それというのも、私を含め『うっちゃん』は世間を斜め読みしてややもすると行政の不備を呪いながら正論発言のチャンス、何て妄想するからね!それとは逆に『うつ』を煩う哀しみ、苦しみ以上に自らを省みず、他者を攻撃することで『毒を撒き散らす輩』に対していつまでもへこんでられないなぁ、と妙な闘争心が沸き上がったからです。それに加えて、心身の不調を全て『うつ』に起因させるのもそれはそれで卑怯かなぁ、と思い、何でもかんでも人のせいにしたところで、現実的には何も変わらないだろうなぁ、と色々と考えはぶれています。
でも、全て自分に当てはまらないとしても何とか私自身の『うつ回復』の参考の一助と切に願っている次第です。

2008.09.03 Wed 23:51 URL [ Edit ]
やさしさだけでは復職できない Posted by ワイズマン博士
長編大作をいつも参考にさせていただいておりました。
色々なコメントの数々を真摯に受け止められてご回答されている姿を拝見するにつけ、貴殿の真面目さや優しさを感じておりました。
うつ病は脳の病と言いながら、心の病=やさしさだけがその薬、という誤った方程式が世の中にはびこっております。確かに優しさが必要な時期がありますが、それは回復期初期のころまでであり、ビジネスパーソンであればうつ病を治し復職するという二つの目標があると思います。
果たしてその時に耳触りのよいやさしい言葉だけで激しい競争が待ち受ける職場に戻れるのでしょうか。私は否と考えます。例え激しい競争に乗らなくともそのような現場に戻るわけですから、それなりの準備と厳しさを休職時に受けておく必要があると強く感じております。
その考えに基づきますと、貴殿が書き続けられた数々のご経験上のお話は、耳が痛いという方が多いのかも知れませんが、必ずや必要なことばかりだと拝察いたします。

私は貴殿のブログ良い意味で「上から目線」だと感じておりました。要すれば復職に成功した成功者からメッセージだと感じていたのです。大変ありがたい「上から目線」でありとても感謝しておりました。うつ病で休職した方にとっては、復職に成功し仕事を継続されている方は自分の目標でありなりたい参考になる憧れの存在です。健康なビジネスパーソンが松下幸之助の本を読み「上から目線で気に障る」なんてことは恐らく考えないでしょう。それと同じで、「本当に病を治しその結果復職したい。」と考えてる人にとっては、成功者の話を「気に障る」とは感じるわけがありませんから。
いずれにしましても、私のような読者はたくさんいることと思います。充電された暁には、是非うつ病を寛解され復職に成功された方の生の声として、またブログでご紹介いただきたいと思います。
2008.09.04 Thu 10:38 URL [ Edit ]
みなさんコメントありがとう Posted by けん
みなさんのコメント、どれもありがたく思っています。わたしよりもわたしが言いたい事を良くわかっていて、こちらのほうが説明してもらっている気分になるくらいです。
上から目線についても理解者がいることに改めて感謝したいと思います。本当はブログは完全にやめてしまうことも考えましたがまた書きたくなった時の帰る場所としておきたくて残すことにしました。
またすぐ戻ってきてしまうかもしれませんが、とりあえずしばらくは休憩します。本当にありがとうございました。
2008.09.04 Thu 23:14 URL [ Edit ]
Posted by サトシ
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008.09.12 Fri 02:40 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/144-927cf7ef

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。