いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 病院を替える勇気 いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.24 Sun
病院を替える勇気
中々うつ病が治らないと思っていませんか。

わたしはそんなことを考える余裕もないまま、発作で死にそうになり別の病院へ入院してしまいました。もちろん、神経内科の病棟とはいっても精神病院なのでとうとうここまで来てしまったかという気持ちもありました。

でも今考えるとあれほど酷くなかったらどうだったかと考えます。最初の神経内科に通っていても日に日に体調は悪くなっていきましたし、睡眠障害も悪くなる一方で、動悸も激しくなり、体もだるいし、息苦しいと訴えても薬を増やして頓服をくれるだけで動悸のことを言っても「心臓が止まって死ぬひとはいても動いてて死ぬひとはいないから大丈夫」みたいに言われて帰宅していました。

もし、低空飛行であの病院に通い続けていたらと思うと恐ろしくなります。きっといまでも同じ薬と同じ病院で復職もできず離職していたかもしれません。

しかし、病院を替えるということはすごい面倒なことです。あー、またあの調査票を最初から記入してうつ病の深刻度を計られるのか。看護師に「どうされました?」と聞かれて「うつ病の治療できました」なんて恥ずかしいというか屈辱的というか言わなければいけない。そう思うと病院を替えると言うことは余程のことです。

まして替わった病院が今の病院よりも良いなんていう保障はまったくありません。わたし自身、今腰痛なんですが病院を替えた方が良いと周りのひとから言われています。でもわたしはレントゲンを撮ったりMRIを撮ったりするのが面倒で替える気が余りありません。

わたしの腰痛はさておき、うつ病はひとの生涯、家族、命に関るものです。わたしなんか会社のかえりに寄り易いからという理由で決めてました。2番目の病院は東京都内では結構進んだ治療をしてくれる病院です。

やはり中々治らないと感じていたら

病院を替える勇気も必要なのではないでしょうか。

わたし、クリック数にこだわっています。良かったら押してください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご存知ですか?医療費が3分の1になる自立支援医療制度(精神通院)。
広告じゃありません。ご安心を。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
薬と病院    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.24 Sun 19:33 [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.25 Mon 16:43 [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.25 Mon 18:06 [ Edit ]
私は病院をかえてよかったです。 Posted by 杉男
最初は内科の病院にいきました。いい先生との評判の方でしたが、「うつ」への専門性 社会的個別判断力は不満でした。
メンタル専門もクリニックにかわってとても相性よく この病気についてよくわかっておられる先生とであえました。その先生にかかって3年になりますが、途中の困難もおかがさまで乗り越えられました。ときには病院をかえることを検討することも必要と思います。先生も人間ですし、腕の差もありますし、相性もありますし。
ただ私は最後の判断は自分だと思いますし、自己治癒力と自分の努力でなおしておくことが大切と思います。そういう考え方で言動してきたので 復職も成功し、今ハッピーでおられるのだと思います。
2008.08.25 Mon 22:21 URL [ Edit ]
病院だけですか? Posted by LL
入院まで悪化させずに、休職とい方法は、考えられなかった
のでしょうか?まだ判断が自分でできる内に自分を処することも
大事なのでは、ないでしょうか?病院ばかりでなく、やはり
はまる前に、自分で判断という事もできれば必要では?
でも倒れるまでやる人が多いのでしょうか?
2008.08.27 Wed 00:01 URL [ Edit ]
杉男さんありがとう Posted by けん
杉男さんコメントありがとうございます。うつ病の性格上、変化に対応できないので医者も替えられないと思います。でも替えても良いという事だけでも知って欲しいですね。
2008.08.27 Wed 08:46 URL [ Edit ]
LLさんありがとう Posted by けん
LLさんの言うとおり早く気付かなければいけないことだと思います。わたしの場合は症状が突然出たわけではなく1年くらい気付かないで生活していました。
ゆで蛙といって熱いお風呂に入れると蛙はお風呂から飛び出します。だけど水風呂にいれて少しずつ温めると飛び出せなくて死んでしまうそうです。
それとうつ病だと思わなかった、思いたくなかったというのもあります。その時は休む=悪という考えだったと思います。
2008.08.27 Wed 08:52 URL [ Edit ]
けんさん そうですね! Posted by 杉男
おっしゃる通りですね。うつ病で、医者をかえる判断力もないほどたいへんな状況の方もおられるのでしょうね。私はその判断力が残っていたのはラッキーでした。いい先生にあたりました。ただその先生も「自分のいうことをきかずなおりの悪い患者もいる」といわれていらので、信頼関係 相性 先生に頼りすぎない自助努力も段階によってはいるのではないかと思いますが・・・
2008.08.28 Thu 03:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/138-f0b630f2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。