いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記 うつ病、大事なものはなくしていない いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
うつ病から復職した自分の経験を生かし同じ病気で悩む人の力になりたいと思い、ブログを書くことにしました。
考え方を変える | 復職 | 気分転換 | 薬と病院 | うつ病とは | 未分類 | 遊ぶ | 休職 | 家族 | 腰痛 | 目指すもの | 許せないもの | 体験談 | 生きること | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
BS blog Ranking
ブログランキング
有名ブログランキング
ブログ王
いつかは晴れる IT業界に勤める営業マンのうつ体験記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

中田健

Author:中田健
                       現在50才でIT系企業の営業と販売促進を担当しています。41才の時にうつ病になり、入院もしましたが約2年間休職した後に無事復職、現在に至ります。
 本々は営業マンで20年順調に過ごしていましたが、職場が変わったり部下が増えたりとストレスの多い環境だったと思います。
 今はすっかり良くなったのでうつ病を早く治す考え方などをブログで伝えています。

リンク
病気SNS illness
広告エリア
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログランキング
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.05 Tue
うつ病、大事なものはなくしていない
わたしはうつ病になる前、20年近くにわたって仕事が好きでした。

特に遊びに熱心な20代を終え、結婚してからは更にそういう気持ちでした。

会社の行き帰りには業界雑誌や業界紙を隅から隅まで読んで知識については負けないと自負していましたし、営業成績も良く、常に効率的に仕事をやることを考えていました。次第に仕事への入れ込み方が強くなっていきましたが自らそれを望んでいました。

仕事が趣味でなぜ悪い

プライベートの中で仕事のアイデアがわいて何が悪い

仕事が出来ないやつは努力が足りないからだ

そんな風に考えていました。

そしてうつ病はわたしからすべてを奪い去りました。

何にも無くなったわたしは生きる目標をなくしました。生きる気力をなくしました。

仕事は大事だし、生きがいにもなります。

でも仕事以外でも楽しいことはたくさんあります。せっかく神様がわたしのために、仕事以外の楽しみを見つける時間をくれたのですからやり直せば良いと思います。

本当に大事なものはこれからでも持てますからね。

おかげさまで、コメントもだいぶ増えてきて記事を書く参考になっています。ランキングへの応援はまた減ってきました。記事を書く気持ちが危うくなってます。読んで参考になる点があれば是非クリックお願いします。こんなことにこだわるところがうつになり易い性格の現れかもしれません。

ご存知ですか?医療費が3分の1になる自立支援医療制度(精神通院)。
広告じゃありません。ご安心を。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ banner2.gif fc2ranking 

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体
考え方を変える    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.05 Tue 17:05 [ Edit ]
全てを失ったときに神を見る Posted by 大地の歌
こんにちは。お加減は如何ですか?
今日のブログを読んで、十数年前に出版された曽野綾子と尻枝司祭との対談集(題名は忘れました)を思い出しました。
当時、曽野さんは極度の近視で殆ど失明に近い状態だったそうです。(その後レーザー手術を受けて回復されたわけですが)
その時、尻枝神父が「曽野さんは、全てを失ったときに神を見るんだろうなあ」と仰ったそうです。(尤も神父様は後になって、なんて傲慢なことを言ったんだろう、と恥じ入られたそうですが、曽野さんには心に響いたそうです)
私たちもうつ病で多くのものを失いました。けれど得たものもあったはずで、それこそが神の恩寵なのではないだろうか、と思うのです。・・・今日もクリックいたしましたのでご安心を。
2008.08.05 Tue 17:27 URL [ Edit ]
大地の歌さんありがとう Posted by けん
大地の歌さんいつもコメントとクリックありがとうございます。
わたしのブログからそのような高尚なことを連想いただきありがとう
ございました。
塞翁が馬ってあるじゃないですか。悪いこともあれば良いこともあるっていうことですよね。
2008.08.05 Tue 17:40 URL [ Edit ]
初めまして Posted by kekeco
こんばんは。
私も仕事が生きがいで一昨年の暮れまで
9年近く働いてきましたが、
人間関係が原因で仕事を辞めざるを得ず、
今は去年の暮れから派遣で週3日程度働いています。
でも以前のような生きがいを感じられず今に至っています。
中々以前の私のようには戻れずにいます。
2008.08.05 Tue 18:01 URL [ Edit ]
こだっくさんありがとう。 Posted by けん
大丈夫です。治る前の5年前の話です。他の記事も見に来てくださいね。ありがとうございます。
2008.08.05 Tue 18:02 URL [ Edit ]
kekecoさんありがとう Posted by けん
kekecoさんコメントありがとう
以前のようには戻れないかもしれませんが新しい生きがいを
感じるようにしてはどうでしょうか。
どうすれば良いかはわかりませんが以前のようにではない
違う生きがいの感じ方があればと思います。
2008.08.05 Tue 18:05 URL [ Edit ]
本当に大事なもの Posted by tomato
はじめまして。腰の手術が結局なくなりよかったですね。まだ痛いと思いますが、早く全快されますように!v-7

私にとって仕事は最も大事なものでした。仕事が趣味、プライベートでも仕事のアイデアを考える、仕事が出来ない人は努力が足りない人たち、という気持ち、全く同じでした。
しかし最近、頑張っても認められない女性という立場や、自分の無能さに気付き、今後仕事に対してどう向き合っていけばよいか分からず、苦しくて、死ぬことばかり考えています。
けんさんのブログあっという間に読みました。大変勉強になります。私はウツなのかな?と思い始めました。

けんさんがどのように仕事中心の考えから仕事以外の本当に大事なものを見つけられていったか、うつ病を通して変わっていかれた心境を今後ももっとたくさん教えてください。

私の生きる励みになります。 クリックさせて頂きましたv-278

2008.08.05 Tue 23:20 URL [ Edit ]
tomatoさんありがとう Posted by けん
tomatoさんコメントありがとうございます。
もしかしたら軽いうつなのかもしれませんね。
わたしのブログ一気に読んでくれたのでお礼に仕事以外にいけた理由は仕事に捨てられた、もしくは仕事のできない体になったからですね。きっと。わたしくらい一気にうつ病深く行ってしまえば良いのかも知れません。選択肢がないですからね。

全部読んだのならばあまり来られないかもしれませんがぜひクリックしに来て下さい。
2008.08.06 Wed 19:07 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://jacknomamemaki.blog95.fc2.com/tb.php/107-ded25e9d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。